2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

『姉さん』

2010年1月16日 (土)

視聴終了『姉さん』第52話~最終回55話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

さあ、ラストです。まあまあここまで楽しませてくれました。特にホ・ヨンランには。途中完全にソン・ユナ食ってたよなあ。さて、どんなラストになるか。

  

叔母の通報により、間一髪パトカーがやってきて難を逃れたスンジュ父。しかし、民事告訴はスンジュ父によって取り下げられたものの、刑事事件として、叔母は結局逮捕されてしまう。激しく抵抗するスア母とスア父。そしてスアもその現場に居合わせ、益々正気を保てなくなっていく。そんな折、とうとうゴヌの母がスンジュを認めることになり、二人は結婚をすることに。結婚を知ったスアは、勝手に一人でドレスの試着に行き、婚約者とロシアに行くと妄想をする。

貸金業者も逮捕され、とうとうスア一家は何も無くなる。スアの状況はひどくなっていく。しかし、時折正気に戻り、ゴヌとスンジュの結婚式場に現れると、おめでとうだけ言って去っていく。しかし薬を飲まないスア。どんどん状態は悪くなり、ロシアにゴヌと一緒に行く妄想が膨らむ。ゴヌは否定しつつも、哀れに思うのであった。そして、スアは状態も悪く入院することに。入院費はせめてもとスンジュが出す。

父とともに会社を再建し、成し遂げられなかった事業に再び着手するスンジュ。ゴヌも教授となり、順風満帆な再スタートを切る。一年後、スンジュは応募したデザインが認められ、イタリアでの研修を受けることができるようになっていた。ゴヌに行くように勧められ、イタリア行きを決心するスンジュ。家族そしてスアとも別れをする。スアは相変わらず入院しているが、少しづつ精神状態も落ち着き始めていた。

旅立ちの日、イタリアに向かうスンジュと見送るゴヌと家族。悲壮感はなく、未来に向かう笑顔での旅立ちとなった。(完)

 

まあ、きれいにまとめました。にしてもスアは最後くらいもう少し幸せにしてあげたかった・・・。あんまり脇役に感情移入することはないのですが、このドラマに関してはスア一辺倒でした。というわけで第90位にランクイン。下は結婚式のゴヌとスンジュの図。

  

Neesan55                         

視聴中『姉さん』第46話~第51話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

いやー、ホ・ヨンラン、まじいいっす。パワープッシュ。なんでこんないい女優がいつまでも脇役なんでしょう。もったいない。そんなに若い女優じゃないから、このまま脇役路線なんでしょうね。

  

父の記憶が戻ったことをきっかけに、少しづつスア一家の悪事が暴かれていく。そして、そんな事態に気づき、叔母は逃げるようになり、叔父は戸惑うばかり。そして、スアは少しづつおかしくなっていく。今まで仲良くしていたゴヌの家に乗り込んで大暴れしたり。そして、とうとう倒れてしまうスア。入院するが、精神状態はおかしいまま。一方、ゴヌとスンジュが別れたことを知ったスンジュ父は、なんとか二人を元に戻そうとする。

証拠を積んで、叔父叔母はいつでも訴えられる状態。しかし、スンジュ父は、叔父叔母の良心を思い、すぐには動かない。そんな中で、その叔父叔母に協力していた貸金業者が、スンジュにより逮捕される。これにより叔父叔母にも捜査の手が及び、逃げまどうスア一家。そしてスアはさらに狂っていく。最初は暴れまくるだけだったが、今度はまったく記憶が無くなったかのように詩を読み続けて笑ったりする。スンジュ父はそんな姿を目の当たりにし、迷う。

そのころ、貸金業者はスンジュに逮捕の恨みを晴らそうと、スンジュ父を引き殺す計画を立てる。叔母を計画に巻き込みひき殺して叔母に罪をなすりつける算段。そんな中で、スンジュ父は、スアのことを思い、叔父叔母の訴えを退ける決意をする。それをしったスア母は、最後の良心を見せ、警察に行き、貸金業者の引き殺す計画を話しに行く。しかし、その車はスンジュ父の目の前まで迫っていた。

 

やべえな、ホ・ヨンラン。天国の階段のキム・テヒに匹敵する。美しい狂女。終盤これだけが見どころになってきました。下は狂うスアとそれを見るスンジュ父の図。

  

Neesan51                        

2010年1月15日 (金)

視聴中『姉さん』第38話~第45話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

ホ・ヨンラン演じるスアがなかなかの怪演です。ただの意地悪な感じでここまできていたのですが、少しづつ悪事がばれそうになると、隠そうとさらなる悪事を働こうとする、この壊れ方がすごいです。顔もかなり好きです。

  

偶然再会したスンジュとゴヌ。歩み寄ろうとするスンジュに対して、終わったものとゴヌは背を向ける。お互い思い合い、苦しみ合うままの二人、しかしそれでもお互いを想い離れていくのだった。そんなころ、ジナの祖母は、スンジュらの父の行方を探し始める。遺体でもいいからと、金をかけて探す祖母。すると、父の身に着けていた腕時計が闇市場で見つかる。そして、調べを進めると、どうやら外国で拾われたものの、そのまま捨てられた可能性が高いということ。

お互い避け続けるスンジュとゴヌ。そして、ゴヌは想いを振り切るためにロシアに行くと言い出す。すると、スアもロシアに留学すると言う。ゴヌはスアに受け入れられないと言うが、私は私で勝手に行く、と聞き入れない。そんな中、死んだと思われていたスンジュの父が見つかったという一報が届く。重症であるということで、まずは帰国させ、韓国の病院に移すことに。無事帰国したスンジュ父。しかし記憶を失っていた。

病院に様子を見に来たスア。スンジュ父の生還に焦りを隠せないが、記憶がないことを知って一安心する。そして、病院でスンジュに喧嘩を売るスア。そして、その姿を見たゴヌは、スアに対して疑いを持つようになる。そして、少しづつ記憶が戻るスンジュ父。スア一家はいてもたってもいられない。そして、そんなことを知ったスアは、どんどん正気を失っていく。とうとう、スンジュにも疑われ、見捨てられるような結果となる。そして、まだまだ混乱はあるものの、スンジュ父の記憶はほとんど戻るのだった。

 

終盤が近いからか、話が大きく動きました。この辺、かなりドロドロです。そのドロドロ感を生みだすのはホ・ヨンラン。いいですね、この女優。なんであんま人気でないんだろ。ソドンヨとかもすごくいい役だったのに。下は記憶を戻したスンジュ父と一家の図。

  

Neesan45                        

視聴中『姉さん』第32話~第37話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

ちょっと中盤入ってたるんできたかなー。同じような行ったり来たりを繰り返している感じ。面白いんだけど、全般的に何かおしい。なんだろう。

  

謝罪を受けたものの、許す気にはなれず、会社に辞表を提出するスンジュ。しかし、時あの祖母のたっての希望もあり、社長は強く慰留する。しかし、スンジュはやめる覚悟を決める。そんな中で、スンジュの弟ヒョクジュは、暴力沙汰を起こしてしまう。多額の慰謝料を求められるが、姉には心配かけられないと思ったヒョクジュは、ゴヌに相談。ゴヌは、予備校の仕事で稼いできたお金を示談金として支払うことに。ところがこのことが、スアによってゴヌの両親に知られてしまう。

ゴヌの母から、どこまでゴヌを追いこむのかと聞かれるスンジュ。そこで初めてヒョクジュの一件を知ることになる。スンジュは、ゴヌに対して、自分のために犠牲になってほしくないと思い、私たちは合わないと言って、別れを切り出すことにする。ゴヌも結局受け入れ、二人は別れることに。そしてスンジュは、ジナの家に引っ越すことにする。

一方、ヒョクジュは、スアの家で暮らしていた。事件での後ろめたさから、スンジュに合わせる顔がなく、戻る気になれないのだった。そして、再び、ジナの父の会社で、祖母の秘書として働くことにするスンジュ。あろうことか、社長との関係をうわさされてしまったりする。これはすぐに誤解と分かるが、ゴヌは完全にスンジュを割り切る気持ちになる。その後離れる二人であったが、数日後、なんとなく思い出の場所にやってきたスンジュ、そこでゴヌと再会する。

 

うーん、ちょっと理解できない心理描写部分が出始めました。やっぱり、何かおしい。入り込みきれないのは、少しづつ理解できない心理描写があるからでしょうか。もうちょっと盛り上がるといいのですが。偶然再会したゴヌとスンジュの図。

  

Neesan37                      

2010年1月13日 (水)

視聴中『姉さん』第27話~第31話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

キム・ソンスについて、ここまで何も触れていないんですが、色んなドラマ観ていく中で、ちょっとづついい印象になってきました。フルハウスのときはなんだこいつって感じだったんですけどね。眉毛太いけど愛着わきます。

  

順調に仕事をしていくスンジュ。ゴヌも、論文が最優秀論文賞をとるなど順調。しかし、仕事が忙しくなってくると、ゴヌと擦れ違いが増えてくる。そんな中で、いつも社長の車に乗っていたりするスンジュを見て、自分は会えないのに、複雑な心境になって、ついつい嫉妬してしまう。ゴヌは教授との飲み会でスンジュとの約束を果たせなかったり、スンジュは酔っ払ってそこに乗り込んでしまったり。擦れ違いが続いていく。

擦れ違いが続いてしまった二人は、距離をおくことにする。これは、いつまでもゴヌに頼ってばかりはいられない、自立したいというスンジュの願いからでもあった。ゴヌは理解し、二人は距離を取りながら愛を深めていくことにする。スンジュは初給料でプレゼントを贈るなど、二人はしっかり絆で結ばれていた。

そんなあるとき、スンジュは、父の事業に対する投資を突然直前で凍結してしまい、父を極限まで追い込んだのが、ジナの祖母であったことを偶然にも知ってしまう。ジナの祖母を問い詰めるスンジュ。祖母は夢を追ってばかりいる父への投資はできなかったという。スンジュは怒りその場を去る。社長もあとからやってくるが、父を侮辱するような発言をされたため、会社を辞めると言い出す。そんなことを知ったジナの祖母は、罪悪感とスンジュを手放したくない想いから、スンジュに謝罪をする。

 

なるほど、こういう感じですか。意外と見ごたえありますよ。軽くこじれてまた戻り、の繰り返しだから、そんなにストレスはたまらない。ただ、ちょっと悪人が多すぎるかなっていうのは気になります。下はジナの祖母の謝罪を受けるスンジュの図。

  

Neesan31                     

2010年1月12日 (火)

視聴中『姉さん』第21話~第26話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

中盤に差し掛かってきて、結構面白くなってきました。雰囲気が序盤よりずいぶん明るくなった。こんな感じで終盤まで言ってくれれば、いい感じです。余計な波乱とかいらねーよー。

  

結局スンジュは、ゴヌに対して今の状態では結婚できないと断ってしまう。ショックを受けるゴヌだが、スンジュの気持ちを尊重することに。そんな折、酔っ払ったゴヌは、あろうことかスアの家に一泊してしまう。もちろん何もなかったが、スアはゴヌの記憶がないのをいいことに、何かあったような素振りを見せることで、またしてもゴヌを揺さぶるのだった。そんなころ、スンジュはジナの家庭教師を続けるが、ジナに服を作ってあげたりすることでジナとは打ち解け、ジナはすっかりスンジュを信頼するようになる。

一方、スアがゴヌを揺さぶったことにより、周囲が誤解をし始め、ゴヌはスアと結婚するかのようになってしまう。しかし、ゴヌはきっぱりと否定。スアを拒絶する。スンジュは、ジナの祖母に古いジーンズを完売するという課題を課せられる。スンジュが見事それを成し遂げると、祖母はスンジュの手腕を見込み、自分の会社に就職させることにする。コネ入社させようとする社長に対し、スンジュは面接で合格したいと言う。そして見事合格し、服飾会社に就職することに。

スアの父は、とうとうお金が宝くじで当たったものではないことに気づく。妻と娘がお金を盗んでいたことに、ショックを受ける父。そして、金をスンジュに返しに行くと言うが、スンジュは今はお金に困っていないから、後にしよう、責任は私がとる、というスアに対して何も言えなくなってしまう。一方のスンジュは研修も終わり、見習いながらも仕事を始める。社長にもよくしてもらい、ゴヌも様子を見に来るなど、順調なスタートとなった。

 

明るい感じで進んでいます。まだまだ暗くなりそうな要素はたくさんあるので、これから気を抜けません。下はスンジュの様子を見に来たゴヌの図。

  

Neesan26                     

視聴中『姉さん』第15話~第20話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

ソン・ユナの役がぴったり当てはまるようになってから、面白くなってきました。ただ、これだけ長いドラマなんですが、これからどう話を持っていくのでしょうか。そこだけ気がかり。

  

少しづつ貧乏な生活に慣れ始めるスンジュ。しかし、なかなか弟たちはなじめずにいた。そんなスンジュ一家を、優しく見守るゴヌ。そんなゴヌに想いを寄せるスアは、なんとかゴヌとスンジュを引き離そうと考え、ゴヌがスンジュのためにお金を稼ごうと思いやっていた参考書執筆を、学校にばらしてしまう。これにより、ゴヌは教授出世の道を閉ざされてしまう。そして、家族からは、スンジュとの交際を猛反対されることに。しかし、ゴヌは一番大切なのはスンジュだと言って聞かない。

そんな時、スンジュはある金持ちから呼び出しを受ける。自分の孫娘であるジナの家庭教師をやってほしいというのだ。多額の報酬に、引き受けることにしたスンジュ。しかしこのジナ、何人もの家庭教師を辞めさせてきた、傍若無人な娘。ただ、以前のスンジュとなんとなく似ていた。そんなジナに対して、きつくあたるスンジュ。ぶつかる二人であったが、ジナは他の家庭教師とは何かが違うと感じていた。

一方で、元スンジュ一家の叔母は、発見したお金を使って豪遊を始める。そんな母を不審に思ったスアは、問い詰めると、スンジュ一家の父のお金を盗んだことを話す。しかし、スアは聞かなかったことにする、と言って恩恵だけをあずかることに。これに父も母を問い詰めることになるが、父には、宝くじが当たったと言ってゴマかす。そんなころ、ゴヌは周りからの後押しもあり、かつ大学での評価も元に戻ったことから、スンジュにプロポーズをする。しかしスンジュは戸惑ってしまう。

 

なんだかこのままだとまとまってしまいそう。でもなんか韓国ドラマらしい部分を残したままに、ホームドラマが作られているので、他の長編ものとは違って忙しい感じ。まあまあここまで面白いです。プロポーズするゴヌの図。

  

Neesan20                   

視聴中『姉さん』第7話~第14話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

オンエアーんときもそうだったんですが、ソン・ユナの金持ちはちょっと違和感あり。このドラマも貧乏になってからようやく違和感が無くなって見れるようになりました。さて、今のところ暗い印象だけのこのドラマ、どう面白くなるのでしょうか。

  

スンジュら兄弟は、父の生存を信じて、元の暮らしを目指し生きていくことを誓う。しかし、スンジュ父の家は、一緒に住んでいた伯父の名義になっていたため、伯父の妻でスアの母にこき使われることになってしまう。そんな中、とうとう父の会社は倒産してしまう。そして、財産も、借金などによりすべてなくなってしまう。唯一残されたのは伯父名義の家のみ。スンジュ一家は苦しい生活を強いられることになる。

そんなころ、ゴヌはとうとう、スンジュが留学していないことを知る。そして、スンジュと再会するゴヌ。スンジュにお金を貸して助けようとするが、スンジュは突っぱねてしまう。そして、父は生きているから問題ないと嘘をつく。しかし、結局スンジュ一家は家を出て、モーテルで生活することに。お金も尽きてきたため、仕事を探し、ウェイトレスの仕事を始めるスンジュ。そして、弟も露店でお金を稼ぎ始める。そして、ゴヌはそんな生活であることを知ってしまう。

ゴヌは、スンジュを助けたいと申し出る。そして、そんなやり取りを繰り返すうちに、二人は想いを抑えることができなくなり、抱きしめ合う。そして、二人はまた付き合いだすのだった。そして、スンジュ一家も、ゴヌの説得により、ゴヌの親戚の家に引っ越しをすることに。そんなころ、スアの母は、売ろうとしていたスンジュ父の家で、多額の現金と金の延べ棒を発見してしまう。

 

ちょっとづつ面白くなってきました。スンジュのキャラを許せるようになってきたからかな。よったスンジュと背負うゴヌの図。

  

Neesan14                  

2010年1月10日 (日)

視聴中『姉さん』第1話~第6話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

2006年は長編ものが結構当たってますね。これもその一つ。キム・ソンスもソン・ユナもそんなに好きじゃないんですが、多分悪女役のホ・ヨンランという女優が結構好きです。ソドンヨのウヨン姫です。さてどんなドラマでしょう。

  

ユン・スンジュ(ソン・ユナ)は、大きな建設会社の社長令嬢。父の方針により、奔放に且つ男のように育てられたスンジュは、負けん気が強く、母親すらたじたじするほど。そのユンジュの恋人が、キム・ゴヌ(キム・ソンス)。スンジュとは対照的に、貧しい家に育ち、物静かな男性。ゴヌは、教授を目指して大学で講師をしていた。あるとき、スンジュに恋人がいることを知った父は、ゴヌを呼び出す。そして、家柄の違いから、すぐに結婚をするようなことはしないでほしいという。すると、スンジュと結婚することはないというゴヌ。

ゴヌは、家柄の違いから、自分はスンジュにふさわしくないと感じるようになっていたのだった。そして、その気持ちのままにスンジュに別れを告げる。納得できないスンジュであったが、しぶしぶゴヌの元を離れることに。すると、ゴヌを忘れるために、留学に行くことにする。スンジュが留学する当日、父の会社の人が空港にやってきて、父が行方不明と告げる。釣りに出たまま消息不明とのこと。

留学を止めたスンジュは、父の生還を待つが、吉報はない。そして、そんなころ、父が新しい事業で資金繰りに困っていたことを知る。資金繰りのために、多額の借金を抱えていたのだった。父は、お金を持って逃げたというような噂までされるようになる。そして、会社は倒産し、借金取りに追われることになってしまうスンジュ一家。そんなころ、スンジュは街でゴヌに遭遇してしまう。今の姿を見せたくないスンジュは思わず隠れる。ゴヌは自分に想いを寄せているスア(ホ・ヨンラン)に対して、スンジュは留学に行っていないのか、と聞くが、スアは留学中であるとごまかす。そんな中スンジュは、父の汚名を晴らそうと誓うのであった。

 

序盤から割と動きましたね。暗い雰囲気だけど、55話も耐えられるのでしょうか。ソン・ユナはやっぱ金持ちの役とかないですね。幸薄い顔だし。だからすぐに貧乏になるだろうと思いましたが、早すぎる・・・。下は街中でゴヌに遭遇したスンジュの図。

  

Neesan6                  

その他のカテゴリー

INDEX | 『19歳の純情』 | 『9回裏2アウト』 | 『あなたは星』 | 『いかさま師』 | 『その夏の台風』 | 『その陽射が私に・・・』 | 『どなたですか?』 | 『めっちゃ大好き!』 | 『アイ・アム・セム』 | 『インスンはきれいだ』 | 『イヴの反乱』 | 『ケ・セラ・セラ』 | 『シングルパパは熱愛中』 | 『スポットライト』 | 『ソニジニ』 | 『テルン選手村』 | 『ハロー!お嬢さん』 | 『フレンズ』 | 『ベストカップル』 | 『ベートーベン・ウィルス』 | 『ホジュン』 | 『マイラブ・パッチ』 | 『ラスト・スキャンダル』 | 『ラブホリック』 | 『ラブレター』 | 『二度目のプロポーズ』 | 『人魚物語』 | 『初恋』 | 『君に出会ってから』 | 『噂のチル姫』 | 『四姉妹物語』 | 『天国への扉』 | 『姉さん』 | 『弁護士たち』 | 『強敵たち』 | 『彼らが生きる世界』 | 『彼女がラブハンター』 | 『彼女は最高』 | 『快刀ホン・ギルドン』 | 『恋するスパイ』 | 『愛するなら彼らのように』 | 『愛情の条件』 | 『憎くても可愛くても』 | 『振り向けば愛』 | 『止まらない愛』 | 『母さんに角が生えた』 | 『母よ姉よ』 | 『波乱万丈』 | 『特殊捜査日誌』 | 『王と私』 | 『男が愛するとき』 | 『知ることになるさ』 | 『秘密』 | 『総合病院』 | 『花いちもんめ』 | 『花より男子』 | 『華麗なる時代』 | 『透明人間チェ・ジャンス』 | 『酒の国』 | 『銭の戦争 オリジナル』 | 『風の国』 | 『風の絵師』 | 『食客』 | 『香港エクスプレス』 | 『I Love ヒョンジョン』 | ランキング | ランキング上位