2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

『強敵たち』

2010年1月11日 (月)

視聴終了『強敵たち』第13話~最終回16話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

なんだかどこに向かっているドラマなのだかよくわからない状態のままここまできています。ただ、全般的な作り自体はうまく作っているので、十分見てしまいます。まあ四の五の言わずにそれなりに面白いってことでしょう。

  

新聞記事のネタは誰がリークしたのか、それが問題となると、ナム先輩はヨンジンが言ってしまったという。しかし実際に言ったのはナム先輩。陥れられたヨンジンは謹慎となる。しかし、それを知ったグァンピルとスホは、ヨンジンを助けるべく、証拠を集める。そして、決定的な証拠を見つけると、反対にナム先輩が解雇されることになる。しかし、この事件を契機に、とうとう隠しきれないと思ったグァンピルは、コンニムに、自分は本当の父ではなく、スホが実の父であると明かす。困惑し、スホの家には行きたくないというコンニム。

大統領一家は、コンニムを引き取ると言うが、グァンピルは戸惑う。しかし、それがコンニムのためと思い、ひとまず週末だけ預けることに。コンニムはなかなかスホに心を開く気にもなれない。また、グァンピルも手放したくない想いから苦しむのだった。そんな折、スホは、自分自身を変えようと思い、ダンス大会への出場を決意する。大会までは1カ月。必死で練習するスホ。練習をしながら、コンニムとも少しづつ心を近づけていく。そして、ダンス大会が近付くが、スホの周辺で、ヨンジンは不審人物に襲われる。

大会で狙われる可能性が高いと考え、不審人物の割り出しを急ぐ警護室。そして、一人の人物が浮上する。ナム先輩だった。警護室に恨みもあり、同機は十分。そして、ダンス大会の当日、案の定ナム先輩が現れる。そして、ナム先輩を嵌めて、取り囲む警護室の面々。銃で向き合うが、ヨンジンともみ合い発砲、ヨンジンは怪我を追ってしまう。そして、ナム先輩はグァンピルに追われ、車にはねられる。

1年後、ヨンジンはけがから復帰し、功績から大統領警護を任されるようになっていた。グァンピルは警護室で後輩の指導。そしてスホは、コンニムとデート。それぞれが、新たな気持ちで新たな未来に向かうのであった。(完)

 

なんかちょっと最後微妙かな。わりとスホ視点で観ていたわけですが、なんかちょっと煮え切らない感じ。このドラマは結局全編そんな感じでした。でもなんとなく面白かった。雰囲気かな。それも脚本家の大事な仕事です。第62位にランクイン。下は、コンニムとデートするスホの図。

 

Kyoutekitati16               

2010年1月 9日 (土)

視聴中『強敵たち』第9話~第12話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

ストーリーの中に過去と現代が入り乱れててなんだかよくわからない部分が多々あるんですが、過去が判明していけば少し整理できるんでしょうか。それにしても、なかなか興味をそそられます。

  

ヨンジンと二人っきりになったスホは、ヨンジンにキスをしてしまう。そして、そこをたまたま見かけたグァンピルと、追いかけていた謎の記者。そしてこの記者はスホらの写真を撮るが、グァンピルが察知してカメラを奪う。しかしこの記者、グァンピルらの過去を知っている素振り。そして対峙するスホとグァンピル。過去、スホはグァンピルに愛する女性を奪われたことがあると言う。しかし、スホの記憶は、8年前の事故以前1ヶ月ほど欠落していた。

あるとき、ダンス教室に行ったスホは、一人の少女を見かける。グァンピルの娘コンニムだった。そんなことを知らないスホは、気軽に話しながら、ふと背中のバイオリンが目につく。8年前愛した女性、ウニョンが持っていたバイオリンを思い出すのだった。そして、少しづつスホの記憶は戻り始める。そんなころ、以前の記者の仕業により、コンニムがスホの隠し子だという記事が出回り始める。グァンピルの子供と知り、警護室は事態の収束に努めるが、グァンピルは気が気ではない。そして、スホは記憶を完全に戻す。

コンニムは実はスホとウニョンの子供であり、ウニョン亡きあとにグァンピルが引き取っていたのだった。そして、この事実は、スホの姉によって闇に葬られていたことが分かる。自責の念に囚われるスホ。そして、グァンピルは、すべての事態を収束させるために、警護室に辞表を提出する。事実を思い出したスホは、グァンピルに謝罪する。しかし、グァンピルは、コンニムは自分の娘、ただそれだけ、と言う。スホはコンニムに会う。そして一緒にダンスを踊り、抑えきれない想いがあふれ出るのだった。

そのころ、スホの隠し子騒動がとうとう新聞記事になってしまい、大騒ぎとなっていた。実はあの記者は、ウニョンのかつての親友であり、ウニョンの恨みを晴らすべく、真実を暴こうとしていたのだった。

 

やっと話が見えてきました。なるほど、こういうドラマだったのか、という感じ。ちょっと回りくどい感はありますが、まあこれはこれでなかなか楽しめています。下はコンニムと会うスホの図。

 

Kyoutekitati12               

2010年1月 6日 (水)

視聴中『強敵たち』第5話~第8話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

それにしても、このイ・ジョンヒョクという俳優、確かグリーンローズなんかにも出てたと思うんですが、かなり変な顔。目つきも口元も気持ち悪い。観てれば愛着わくのかな。ジソプも最初はそうだった。

  

上司がやってきて、なんとか事なきを得たヨンジンとグァンピルであったが、よく見るとスホが消えている。必死で探すヨンジン。しかしスホは意外にもヨンジンの家から動いていなかった。自分を追いかけてくれないときに逃げるのは面白くないというスホ。しかし、本音ではヨンジンに少し興味を持ち始めていた。そして、グァンピルに対し、かつてお前がしたように、自分もヨンジンをお前から奪う、と宣戦布告する。

そんなころ、グァンピルに娘コンニムがいたことが分かる。これが警護室で噂となってしまい、グァンピルは人事審議にかけられることに。しかし、この審議の場で、ヨンジンがグァンピルをフォロー。グァンピルはおとがめなしとなる。感謝し、ヨンジンを見なおしたグァンピル。一方のスホも、なかなか心を許してこないヨンジンに近づこうと、ヨンジンの実家のダンス教室に通うと言い出す。

ダンス教室に通い始めたスホ。ヨンジンは尊敬できない自分の父親を恥ずかしく思い、なんとかスホに止めてもらおうとする。そして、父に受け入れるなと激しく責め立てるヨンジン。しかし、このことをグァンピルに話すと、自分がひどいことをしたことに気づき、結局父に謝ることに。そしてスホにも、ダンスを習うなら学校にもしっかり行けと言う。

そんなあるとき、大統領主催のパーティーにスホの警護をするために、ドレスで潜入するヨンジン。そんなヨンジンを見て、スホとグァンピルは見とれる。すると、見覚えのある女がスホに近づいているのに気づくヨンジン。女を追っていくうちに、気づくとヨンジンとスホは二人っきりになり・・・。

 

まあ、変わった設定の三角関係話ですね。それにしても、イ・ジヌクって昔はそんなでもなかったけど、最近人気出てきてからかなりカッコ良くなりましたね。ヨンジンに見とれるスホの図。

 

Kyoutekitati8             

視聴中『強敵たち』第1話~第4話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

たぶんあんまり話題にはなってないドラマだと思うのですが、ちょいちょい人気の出始めているイ・ジヌクと、すでに大御所のチェリムの共演作です。さすがチェリムも歳食ってきました。さて、どんなドラマでしょう。

  

チャ・ヨンジン(チェリム)は、男勝りの負けず嫌い。SPを目指して訓練を受けていた。そして同じくSPになる訓練を受けるのがユ・グァンピョル(イ・ジョンヒョク)。こちらは真逆で、冷静で協調性がないものの、超優秀超エリート。そんな二人に目を付けた上官は、この正反対な二人を敢えて組ませることに。そして、二人がSPとなり、与えられた任務は、大統領の息子の警護。しかし、この息子カン・スホ(イ・ジヌク)が曲者。常に自分勝手な行動で、自己中心的。SP泣かせで有名だった。

自分勝手なスホに翻弄されながらも敬語を続けるヨンジンとグァンピョル。しかし実はグァンピョルとスホは、8年前まで一緒に生活をしていた仲だった。そして、8年前にある事故をきっかけとして、スホは自己中になり、グァンピョルは家を出てSPを目指すことになったという過去があった。そのため何かとぶつかる二人。その一方で必死で守るヨンジンにはわずかに心を開き始めた。そんなあるとき、スホが遊んでいたクラブで騒ぎが起こる。スホは発作を起こし入院、そしてヨンジンとグァンピョルは責任を取って謹慎処分に。

退院後、スホは騒ぎの責任で社会奉仕活動を行うことに。二人をSPとして復活させたスホは、この二人に社会奉仕活動をしてもらうことに。命令であり、しぶしぶ従う二人。その横でスホは怠けるばかり。そんなあるとき、ヨンジンは実家で、祖父たちに暴行を働いている借金取りと遭遇する。家族をかばい怪我をするヨンジン。そんな騒動をたまたま耳にしたグァンピョルとスホは、その場に駆けつける。すると、騒ぎを起こしてはいけない社会奉仕活動中にもかかわらず、グァンピョルは借金取りたちを殴りつけてしまう。

 

序盤なので、色々伏線を張っている段階ですかね。まあなんとなくそれぞれの個性が見えてきた段階です。このままだと話が広がりそうもないので、これからどう広げていくのか、注目しましょう。下は警護中んおSP二人とスホの図。

 

Kyoutekitati4            

その他のカテゴリー

INDEX | 『19歳の純情』 | 『9回裏2アウト』 | 『あなたは星』 | 『いかさま師』 | 『その夏の台風』 | 『その陽射が私に・・・』 | 『どなたですか?』 | 『めっちゃ大好き!』 | 『アイ・アム・セム』 | 『インスンはきれいだ』 | 『イヴの反乱』 | 『ケ・セラ・セラ』 | 『シングルパパは熱愛中』 | 『スポットライト』 | 『ソニジニ』 | 『テルン選手村』 | 『ハロー!お嬢さん』 | 『フレンズ』 | 『ベストカップル』 | 『ベートーベン・ウィルス』 | 『ホジュン』 | 『マイラブ・パッチ』 | 『ラスト・スキャンダル』 | 『ラブホリック』 | 『ラブレター』 | 『二度目のプロポーズ』 | 『人魚物語』 | 『初恋』 | 『君に出会ってから』 | 『噂のチル姫』 | 『四姉妹物語』 | 『天国への扉』 | 『姉さん』 | 『弁護士たち』 | 『強敵たち』 | 『彼らが生きる世界』 | 『彼女がラブハンター』 | 『彼女は最高』 | 『快刀ホン・ギルドン』 | 『恋するスパイ』 | 『愛するなら彼らのように』 | 『愛情の条件』 | 『憎くても可愛くても』 | 『振り向けば愛』 | 『止まらない愛』 | 『母さんに角が生えた』 | 『母よ姉よ』 | 『波乱万丈』 | 『特殊捜査日誌』 | 『王と私』 | 『男が愛するとき』 | 『知ることになるさ』 | 『秘密』 | 『総合病院』 | 『花いちもんめ』 | 『花より男子』 | 『華麗なる時代』 | 『透明人間チェ・ジャンス』 | 『酒の国』 | 『銭の戦争 オリジナル』 | 『風の国』 | 『風の絵師』 | 『食客』 | 『香港エクスプレス』 | 『I Love ヒョンジョン』 | ランキング | ランキング上位