2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

『母よ姉よ』

2009年12月29日 (火)

視聴終了『母よ姉よ』第35話~最終回40話

母よ姉よ ~Twins~ [DVD]

全40話 コ・ス キム・ソヨン 2000年

 

長いけど、気づくと結構入り込んでます。重いから観るたびに疲れるんですが、脇役陣の演技が秀逸で、それが見入ってしまう原因かも。さて、最後どうまとめるのでしょう。

  

スンリは、家族のことを思い、家を出る決意をする。行くあてのないスンリであったが、母親と一緒に暮らそうと考え、新聞広告を打って母親を探す。ギョンビンもまた、スンリを守ると心に決め、一緒に家を出る覚悟を決める。しかし、連絡をしてきた母は、スンリに怒り、家に戻るように言う。そして、スンリは家に戻ることに。一方駆け落ちしたヨギョンとスチョル。貧しいながらも満たされた日々を送る。

しかし、あるときスチョルを探していた組織の人間によって、ヘンジャは誘拐されてしまう。見つからないスチョルの身代わりで誘拐されたのだ。ヘンジャは、こんなことをしてもスチョルは来ないと言うが、誘拐した組織の人間は、チャンミに兄と連絡を取るように言う。チャンミはスチョルと連絡を取る。話を聞き、迷うスチョルであったが、ヨギョンの後押しもあり、ヘンジャを助けにいくことにする。そこで半殺しにされるスチョルであったが、最後の一撃でヘンジャがスチョルを助けて殴られてしまう。

一命を取り留めたヘンジャであったが、スチョルは責任を感じて、ヘンジャと結婚することを決め、ヨギョンに別れを告げる。家に戻ったヨギョンであったが、スチョルを忘れられない。そして、ヨギョンの妊娠が発覚する。家族は猛反対するが、ヨギョンは産もうとする。そのころ、スンリの母親は肝臓病を患い、危篤となっていた。肝臓移植を申し出るスンリであったが、スンリの肝臓ではうまくいかないことがわかる。そして、ギョンビンが申し出るが、ギョンビンも同じであった。そこで、二人が半分づつ移植することに。

家族をなんとか説得し、移植に望む二人。そして、スンリの母親はなんとか手術を成功させる。手術後、母さんと呼ぶギョンビン。はじめてお互いが認めあうことができた。一方、ヘンジャはヨギョンの妊娠を知り、身を引く決意をする。そして、スチョルにヨギョンの元へ行くように言い、去っていくヘンジャ。再開するスチョルとヨギョン。二人は深い愛で結ばれるのだった。(完)

 

最終的にアン・ジェウク主役って感じですね。まあ最後も無理やり感のない程度の終わりであり、ぼちぼちうまくまとめたかな、という感じです。色々はてなマークがつくのは、韓国ドラマならではの御愛嬌と言うところでしょうか。第100位にランクイン。結ばれる二人の図。

 

Hahayoaneyo40       

2009年12月28日 (月)

視聴中『母よ姉よ』第27話~第34話

母よ姉よ ~Twins~ [DVD]

全40話 コ・ス キム・ソヨン 2000年

 

しかしまあ、一気に観ると疲れるドラマです。こういう疲れるドラマは、ガラスの靴とかそこら辺以来かな。たぶん、最後まで救いがない状態で進んでいくんだろうなと。そんなこんなで終盤にさしかかってきました。

  

ヨギョンに別れを告げたものの、想いの強まっていくスチョル。そして、ヨギョンはショックから寝込んでしまう。スチョルは、自分の気持ちに気づき、気持ちを抑えられず、とうとうヨギョンに想いを打ち明け、二人はまた付き合うことに。一方そのころ、スンリの母は、スンリに会いたいと思い、チャンミを通してスンリと連絡することに。怒るスンリであったが、そんな時たまたまギョンビンがスンリの母が生きていることを知ってしまう。それは同時に自分の海の母親が生きている、ということでもあった。

ギョンビンは、こみあげてくる想いはあるものの、スンリの母に会う気になれない。一方のスンリの母も、偶然すれ違った人間がギョンビンであると後から知り、追いかけるが会うことはできない。複雑なのは、スンリの母が生きていることを知ったチャン家の母。スンリと連絡を取ることも、ギョンビンと会おうとしていることも面白くない。一方、ヘンジャは、スチョルとヨギョンの関係を知る。スチョルは騙して儲けようとしている、と説明し、ヘンジャを仲間にするという。

そんなあるとき、ヨギョンはスチョルとヘンジャの仲に気づくことになる。するとスチョルは、すべてをヨギョンに話す。ショックを受けるヨギョンであったが、すぐにスチョルに対して、自分は駆け落ちする覚悟があると言う。このまま結婚してしまおうというスチョル。しかし、ヘンジャによって家族にヘンジャのことが知られてしまう。悩んだ挙句、駆け落ちを決意する二人。スンリはなんとか止めようとするが、二人は去ってしまうのであった。

 

あと6話なんだけど、まとまりつくのか。後気になるのは、スンリには良き相手は登場しないのか、等々。ま、黙ってみるとしましょう。ここまできたら。下は、駆け落ちしたスチョルとヨギョンの図。駆け落ちの決まり絵図は海辺。

 

Hahayoaneyo34      

2009年12月26日 (土)

視聴中『母よ姉よ』第21話~第26話

母よ姉よ ~Twins~ [DVD]

全40話 コ・ス キム・ソヨン 2000年

 

気合と勢いでの一気の視聴です。このドラマ、双子を中心に話がまわっていくわけではありますが、やっぱりアン・ジェウクの役柄がかなりいいです。どっちかっていうとおまけなたち位置なんですが、この役があることで全体がしまっている感じです。

  

ヨギョンは、妹からミュージカルのチケットをもらい、スチョルと一緒に行くことに。ところが、その劇場には偶然ギョンビンと彼女が一緒に来ていた。二人を目撃したギョンビンは、驚きヨギョンを問い詰める。しかし、スチョルが、ヨギョンが社長令嬢であることを知らないということを聞き、認める気持ちになっていく。しかし、このことを聞いたチャンミは、ヘンジャが婚約していることを知っているため、驚きスチョルに問い詰める。しらばっくれるスチョルであったが、ヨギョンに対する罪悪感を感じるようになっていた。

一方、スンリは、姉がCM撮影の現場を見学させてくれたことをきっかけに、家族に対して少しづつ心を開くようになる。まだ自分のやりたいことを見つけ出せないスンリであったが、ギョンビンとも打ち解けることで、次第に笑顔を取り戻していく。そんなあるとき、スンリの実母が、自殺未遂を図る。病院からの連絡でスチョルが駆けつけ、一命を取り留めるが、チャン社長からは、居場所がわかったことはスンリにいわないでほしいと頼まれる。そして、退院した実母は始めてチャン社長と会い、スンリを引き取ってくれたことに対して感謝を示すのであった。

そのころ、スチョルとヨギョンの仲は、家族にも公認のものとなっていき、結婚の話がどんどん進んでいく。軽い気持ちでだまそうとしてここまできたスチョルは、さらに罪悪感が強くなっていくのと同時に、本気でヨギョンに引かれ始めていることに気づく。このままではいけないと感じたスチョルは、とうとうヨギョンに、身分がつりあわないからもう合わないと宣言し、ヘンジャに対しては、すぐに結婚してしまおうという。

 

スチョル視点でいくと、やっぱり面白いかもしれません。双子のことは客観的に見れるし。にして、スンリはずいぶんあっさりと家族に溶け込み始めたなあ、と。ただ、実母の存在がいろいろと波紋を広げるんでしょうね。下は罪悪感を感じ始めるスチョルの図。

 

Hahayoaneyo26      

視聴中『母よ姉よ』第15話~第20話

母よ姉よ ~Twins~ [DVD]

全40話 コ・ス キム・ソヨン 2000年

 

豪華出演者の中、けっこう複数人の心理描写が深いので、どこに視点を置いたらいいのか迷ってしまいます。アン・ジェウクの役もなかなか深い。コ・スのほうがちょっと脇役かなって感じです。まあ視点を変えながら観ていきましょうか。

  

チャン家に入ったスンリは、なかなか家族に溶け込むことができない。自分の名前も、チャン家に合わせてユギョンとされてしまい、ますます心を閉ざす。ギョンビンとヨギョンは、何かと気を使ってスンリに接するが、スンリは決して心を開こうとしない。そんな中で、スチョルとヨギョンは偶然の再会から少しづつ中が深まっていく。ヨギョンはスチョルに引かれていくが、スチョルはヘンジャと一緒に住んでいることもあり、かわいいから仲良くするものの、そこまでどまり。しかし、あるとき、偶然スチョルは、ヨギョンが社長の娘であることを知ってしまう。最初はヨギョンの嘘に怒るスチョルであったが、利用してやろうと思い直し、中を深めていく。

ヨギョンの妹と父親も、ヨギョンの思い人がスチョルであることを知る。スチョルの素性を知らない父は、ぜひヨギョンと結婚させようと考え、スチョルに自分の会社で働くことを進める。また、妹も、スンリにスチョルの性格などをリサーチし始める。一方そのころ、チャン社長はスンリの戸籍を移そうと手続きを始めるが、スンリの母の死亡届が出ていないことに気づく。最初はとぼけていたスンリであったが、隠し切れないと考えて、チャン社長に本当のことを話す。チャン社長は理解はするものの、ほかの家族には黙っておこうという。

スンリは、ギョンビンが二股のような状態にあることを気に入らない。だからこそ、なんとか家族に目を向けさせようとするギョンビンの言葉にも耳を傾けることができず、逆にギョンビンに対して、自分を産んだ母親のことに興味はないのか、とつっかかってしまう。しかし、そんなギョンビンに対して、スンリの親友のチャンミは、少しづつ引かれていくのであった。

 

半分終わりましたが、いまだ焦点定まらず。まあ、なんやかんや文句言いながらも、けっこう見入っちゃっているところはあるのですが。これが韓国ドラマの七不思議。下は反発しあうスンリとギョンビンの図。

 

Hahayoaneyo20    

視聴中『母よ姉よ』第7話~第14話

母よ姉よ ~Twins~ [DVD]

全40話 コ・ス キム・ソヨン 2000年

 

最初のテーマソングからそうですが、前編かなり重い雰囲気。出てる役者がかなりなものなので、けっこう引き込まれはしますが、いや重いっす。この雰囲気のまま40話続いていくのはちょっとしんどいなあ。

  

スンリはチャン社長らに気を遣わせまいと、自分はソウルの友達のところに泊まる、と言って、簡易ホテルでの寝泊りを始める。そんなあるとき、スチョルは借金取りの仕事をしているときに、スンリの母に会う。するとそこで、スチョルはスンリの実の父親がチャン社長だと聞かされ、スンリを頼むといわれてしまう。そして、スチョルはその事実をスンリに伝える。スンリはスチョルの話が信用できないが、チャン社長に合って事実を確かめると、代理母であるという驚愕の事実を知らされる。チャン社長に双子の兄の居場所を聞いてあいに行くが、声をかけることができず、悩むスンリは倒れて入院してしまう。

一方、ギョンビンもまたこの衝撃の事実をチャン社長から聞かされることになる。信じられないギョンビンであったが、病院でスンリを見ると少しずつ実感がわき、それと同時に自分の出生の秘密や、母親と思っていた人物が自分を産んだ実の母でないことを理解し、ショックで家を出てしまう。そんな時、姉のヨギョンは、自分との思い出のある場所にギョンビンがいるのではないかと思い、そこをたずね、ギョンビンを発見する。ギョンビンはそこでヨギョンの口がきけなくなってしまったのは、自分のせいであったことを知り、姉にわびるとともに家に帰る決意をする。

ギョンビンが家に戻ると、チャン社長はスンリを家に引き取ることを提案。受け入れがたい家族であったが、ギョンビンの希望もあり、受け入れることになる。自分を捨てて、幸せな生活を送っていたチャン家に対して、復讐に近い感覚を持つスンリは、チャン家に迎え入れられても、素直に家族と打ち解けることはできない。ギョンビンも双子ということでなんとか理解し、打ち解けさせようとするが、スンリは受け入れない。こうして少しづつスンリと家族の溝が深まっていく。

 

まったく救いのポイントなく、ここまできています。ひたすら重いです。中途半端でなく徹底的に重いので、逆に見入って抜け出せなくなります。いまのところスンリが主役ですが、この辺からギョンビン視線で見ていったほうがいいのかな。下はスンリと説得するギョンビンの図。

 

Hahayoaneyo14   

2009年12月25日 (金)

視聴中『母よ姉よ』第1話~第6話

母よ姉よ ~Twins~ [DVD]

全40話 コ・ス キム・ソヨン 2000年

 

古いし長いドラマです。ただ、出てる役者がめちゃくちゃ豪華。上記のほかに、アン・ジェウク、ペ・ドゥナ、パク・ソニョン、ファン・スジョン、コ・ドゥシム。この7人主役級でございます。かなり暗いドラマとのことですが、役者だけでも見る価値ありかな。

  

息子に恵まれなかったナ・ジョンオク(コ・ドゥシム)は、ハン・ヨンスクという女性に代理母を頼み、息子チャン・ギョンビン(コ・ス)を授かった。しかし、この時もう一人、双子の妹が生まれていた。ヨンスクは、子供たちに情が移っており、娘だけでも引き取りたいと頼みこむ。そして引き取った娘は、ノ・スンリ(キム・ソヨン)と名付けられ、貧しいながらも幸せに育てられた。スンリには、チャンミ(ペ・ドゥナ)という親友がいた。そしてその兄でチンピラのスチョル(アン・ジェウク)とともに、楽しく生活を送っていた。

また、ギョンビンは、チャン家で何不自由なく、バスケを楽しみながら学生生活を送っていた。一方姉のヨギョン(ファン・スジョン)は、言語障害により話すことができないが、あるときちょっとした事故で、スチョルと出会うことになる。

ある時、スンリの母ヨンスクは、仕事の客である男に騙され、会社の金を横領してしまうことになる。ここからスンリの生活は一変する。母と同じ会社に勤めていたため、会社に行くこともできず、住む場所も差し押さえられてしまった。そんな時、行方不明だった母から連絡が入る。ソウルのチャン家を訪ねろというのだ。当てもないため、仕方なくチャン家を訪ねるスンリ。すぐにスンリが誰であるかわかったジョンオクであったが、義母の反対もあり受け入れることができない。ソウルで途方に暮れるスンリであったが、父がこのことを知り、仕事をあっせんすることにする。

 

のっけからいきなりめちゃくちゃ重いですね。ここまで重いドラマはけっこう久しぶりかも。逆に新鮮でこれから楽しみです。下はジョンオクに会うスンリの図。

 

Hahayoaneyo6   

その他のカテゴリー

INDEX | 『19歳の純情』 | 『9回裏2アウト』 | 『あなたは星』 | 『いかさま師』 | 『その夏の台風』 | 『その陽射が私に・・・』 | 『どなたですか?』 | 『めっちゃ大好き!』 | 『アイ・アム・セム』 | 『インスンはきれいだ』 | 『イヴの反乱』 | 『ケ・セラ・セラ』 | 『シングルパパは熱愛中』 | 『スポットライト』 | 『ソニジニ』 | 『テルン選手村』 | 『ハロー!お嬢さん』 | 『フレンズ』 | 『ベストカップル』 | 『ベートーベン・ウィルス』 | 『ホジュン』 | 『マイラブ・パッチ』 | 『ラスト・スキャンダル』 | 『ラブホリック』 | 『ラブレター』 | 『二度目のプロポーズ』 | 『人魚物語』 | 『初恋』 | 『君に出会ってから』 | 『噂のチル姫』 | 『四姉妹物語』 | 『天国への扉』 | 『姉さん』 | 『弁護士たち』 | 『強敵たち』 | 『彼らが生きる世界』 | 『彼女がラブハンター』 | 『彼女は最高』 | 『快刀ホン・ギルドン』 | 『恋するスパイ』 | 『愛するなら彼らのように』 | 『愛情の条件』 | 『憎くても可愛くても』 | 『振り向けば愛』 | 『止まらない愛』 | 『母さんに角が生えた』 | 『母よ姉よ』 | 『波乱万丈』 | 『特殊捜査日誌』 | 『王と私』 | 『男が愛するとき』 | 『知ることになるさ』 | 『秘密』 | 『総合病院』 | 『花いちもんめ』 | 『花より男子』 | 『華麗なる時代』 | 『透明人間チェ・ジャンス』 | 『酒の国』 | 『銭の戦争 オリジナル』 | 『風の国』 | 『風の絵師』 | 『食客』 | 『香港エクスプレス』 | 『I Love ヒョンジョン』 | ランキング | ランキング上位