2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ

2010年5月

2010年5月 8日 (土)

視聴中『テロワール』第1話~第4話

テロワール BOXI ディレクターズカット版[DVD]

全20話 キム・ジュヒョク ハン・ヘジン 2008年

 

このパッケージのハン・ヘジン、やばいですね。クムスンと同一人物とは思えない。ドラマは、というと、正直あんま話題にならなかったドラマなので、そんなに面白くないかもしれませんが、まあ期待しない程度に見てみます。

  

ヤン代表の下、ワイン事業に携わるカン・テミン(キム・ジュヒョク)は、代表の悲願である幻のワインを求めて、パリにいた。しかし、本物が見つからず苦慮する。一方、伝統酒の製造をする家で育ったイ・ウジュ(ハン・ヘジン)は、フランスにいる彼が、浮気しているのではないかと想い、気が気でない。とうとう、一人でフランスに行く決意をする。フランスに着いたウジュは、彼の元へ。すると、その家には他の男がおり、ゲイだと嘘をつく彼。それだけでもショックのウジュであったが、彼の家のベッドの下に、自分が上げた伝統酒が無残に転がってるのを見て、さらにショックを受ける。ウジュは、失意のままその酒を抱えて飛び出す。一方、ようやく幻のワインを手に入れたテミンは、追ってから逃げていた。パリの街中でぶつかる二人。二人の持っていたワインと伝統酒が入れ替わる。

しばらくたってから、お互いの酒が入れ替わっていたことに気づく二人。しかしどうすることもできない。ウジュは失意のままに、そのワインに口をつける。そして、帰りの飛行機、偶然隣同士の席になる二人。しかし、お互いに入れ替わった相手であることには気づかない。不意の事故でキスしてしまう二人。誤解だと後でわかるものの、最悪な印象での出会いとなった。テミンは、せっかく手に入れたワインを失ってしまったことで、社長の信頼を大きく失墜させてしまう。そして、人事異動を命じられるテミン。同じころ、テミンは慕っていた伯父を失ってしまう。その叔父の遺品の中から、一つの土地権利書を発見する。その権利書は、テミンの名義となっており、他でもないウジュの実家の伝統酒蔵元のところだった。挨拶に行くテミン。そこでウジュと出会うと、ウジュに対して、1週間で明け渡せ、と言う。

追い出されそうになったウジュ一家であったが、テミンに雇ってもらう形で、その場所に残ることになる。そして、テミンは、ヤン会長の元を離れ、ワインレストランを開くことになる。店の名前はテロワール。ヤン社長の妨害に合ってしまい、多くのワインを入荷することができなくなってしまうが、なんとか少量のワインをかき集めて、テロワールは開店する。すると、そこにやってきたヤン社長。店にないワインを注文し、他のワインが出てくると文句を言う。しかし、そのワインの匂いをかいだウジュが近寄ってきて、痛んでいる、と言う。誰もそんなことはない、と言うが、テミンは賭けに出る。専門家を呼んで調査させるテミン。すると、通常気づき得ないレベルの痛みが確認される。ヤン会長はこれにより引き下がるが、同時にウジュの名前を鮮明に覚えるのだった。

  

まあ、しょっぱなはつまらなくはないです。ただ、ちょっと散漫な感じは否めませんね。下はテロワールの従業員として働き始めるウジュの図。

 

Terroir4 

 

2010年5月 7日 (金)

視聴中『飛天舞』第11話~第16話

飛天舞 BOX-I [DVD]

全24話 チュ・ジンモ パク・チユン 2005年

 

ありきたりな時代劇に見えてきました。歴史事実に基づいているわけではないので、ちょっと苦手なタイプかも。チェオクの剣とかと被るかもしれません。あれは最低クラスです。

  

ソルリは、息子ソンに剣術を教える日々。そんな中、巷でとある噂が流れる。剣鬼と呼ばれ、鬼のような剣術の使い手がいるというものだった。チャハランと呼ばれるこの人物、他でもないジナだった。ジナは、チャハランとして、剣鬼として、ナムグン家の対立組織の用心棒となっていた。あるとき、ソンは、ジュングァンの息子として、何者かに誘拐されてしまう。たまたま見かけたジナがソンを救う。しかし、この人物が後でチャハランだとわかる。そんな中、ジナは、ナムグン家と対立する戦力と合流することになる。相手がナムグン家であり、戦争が始まることを知ったジナは、復讐の機会と考えて、総官の地位を申し出る。

そして、始まる戦争。最初に狙ったのは、ソルリの兄であり、かつて助けてもらったこともあるヤフライの城だった。圧倒的不利な人数で攻め込むジナら。そんな不利な状況にもかかわらず、少数精鋭の戦力により、あっという間に城を落とす。そして一騎打ちとなるヤフライとジナ。ジナがあっという間に倒すが、結局最後のとどめは刺さないままだった。しかし、ヤフライは死んだとしてナムグン家に情報が伝わる。そして、勢いそのままに、ソルリの父に攻め込むジナ。ソルリの父もあっという間に罠にはまり、ジナらの手に落ちる。自らとどめを刺し、復讐を遂げるジナ。そして、ジュングァンは行き場所を失い、ソンとソルリもそろって逃げる。しかし捉えたジナ。ソルリは、変わり果てた、そして死んだと思っていたジナを見て驚く。

ソルリは、ソンだけはと想い逃がすが、ジナはソンを追わせる。そんなジナに、ソルリはソンはあなたの子供だ、と言う。戸惑うジナだったが、すぐに思い返して、そんな嘘は信じないと言う。しかし、その言葉が引っかかったジナは、危ういところだったソンを、変装をして助け出す。その腕前に感動したソンは、なんとかジナに剣術を教えてほしいと言う。一方、ジナは、ソルリに対して、やり直そう、と言うが、ジナが死んだと思った時に、ソルリも死んだ、と言い、相いれない運命と語る。ジナもそれを聞いて、想いを断ち切る覚悟をする。そして、ソンに飛天神記を渡し、剣術を教え始めるジナ。ジナがチャハランであることを知らないソンは、チャハランに復讐したいと言う。それを聞いたジナは、複雑に思う。

  

うーん、どっかで見たストーリー。ちょっと不満ですなあ。下は、ソンに飛天神記を渡すジナの図。

 

Hitenmai16 

 

2010年5月 6日 (木)

視聴中『飛天舞』第5話~第10話

飛天舞 BOX-I [DVD]

全24話 チュ・ジンモ パク・チユン 2005年

 

チュ・ジンモって、全体的なシルエットはすごいかっこいいんだけど、顔でかなり損してる気がします。だから、時代劇の髪型とかはホントに合わない。これからちょっとまともな地位に就いていくとに合うようになるんですかね。

  

ジナは、将軍の娘であるヨジンとたまたま知り合い、腕前を認められて、用心棒としてソルリのいる国へ行くことになる。そんな中で、うまくヨジンを助けるジナに、ヨジンは想いを寄せるようになっていく。一方、ソルリはジュングァンと再会する。ソルリの親は、家柄からジュングァンとの婚姻を進めようとし、ジュングァン側の家族も、それに同調する。しかし、ソルリは好きな男がいると言って拒み、ジュングァンも親友を裏切れないと渋る。しかし、ジュングァンの本音は、ソルリをモノにしたかった。そして、ソルリとの結婚を決める。しかし抵抗するソルリは、兄の助けもあり、屋敷を逃げ出す。そして、再会したジナとソルリ。一時の幸せをかみしめ、一夜を共に過ごす。しかし、すぐにジュングァンの追手がやってきて、二人はとらえられてしまう。

捕らえられたジナは、ジュングァンの裏切りを知ることになる。ジュングァンは、ソルリに対して、心を開くように言うが、そんなジュングァンに、ソルリは取引を持ちかける。私をほしければ、ジナを逃がして、飛天神記も返してあげてほしい、という。悩むジュングァンであったが、それでソルリの心が手に入るなら、とその要求どおりにする。こうして解放されたジナ。そして、ソルリ自身も、再び兄の協力により、屋敷を抜け出す。そんなソルリをジュングァンが追う。そして、そこにジナもやってくる。対決するジナとジュングァン。しかし、ジュングァンの兵隊により、谷底に突き落とされるジナ。谷底に落ちたジナは、一か月意識を失う。そして目覚めると、そこにはかつてジナの父に仕えた男がいた。彼の助けにより回復していくジナ。

ソルリとジュングァンは、ジナは死んだものと思っていた。そんな中、ソルリは妊娠を自覚することになる。ジナの子を守りたいと思ったソルリは、ジュングァンとの結婚を決意する。そして、ジュングァンには、妻としての役目は果たすが、自分が結婚するのは、ジナのこと、自他に対しての罪を忘れさせないためだと言い切る。そんなソルリの想いを知りながらも、手に入れたい一心で受け入れるジュングァン。一方、ジナは、奴隷のように扱われていた採掘場から、仲間と一緒に脱出を図る。そこに助けに来ていたのは、ヨジンの一行だった。そして、ソルリとジュングァンは結婚し、12年の歳月が流れる。ソルリは、自分の息子に剣術を教えていた。

  

突然ありきたりなストーリーになって、急に興ざめしてしまいました。まだまだ先は長いから、盛り返してほしいんですけどねえ。下は、さまざまな想いを胸に母となったソルリの図。

 

Hitenmai10 

 

2010年5月 5日 (水)

視聴終了『総合病院』第14話~最終回17話

総合病院 DVDBOX I

全17話 チャ・テヒョン キム・ジョンウン 2008年

 

このドラマ、恋愛はいらないなあ。別にリュ・ジンとキム・ジョンウンの成り行きには全く興味持てませんしね。単純な医療ドラマとしての見どころの方が多いと思います。

  

島での仕事を終えて、病院に戻る一行。紆余曲折はあったが、ヒョヌとハユンもキスを交わして、気持ちを確かめ合う。そんな中、ジンサンとヒョヌは、大先輩であるギテの論文で使われているモニター結果が、いいように操作されているものなのではないか、という疑惑を持ち始める。同僚たちも同様であり、疑惑は深まっていく。そして、その疑惑をギテに確認するヒョヌ。すると、ギテは、弁明しようとはせず、ただ信じてくれないことに対して憤る。そして、病院内で疑惑となったギテの論文。しかし、疑惑は疑惑でアリ、ギテの論文に問題はなかったことが判明する。すると、ギテは、病院関係者の前で、こんなに病院に尽くしてきたのに、信用してくれないなら、自分は病院を去る、と宣言する。

ドフンは、ギテをなんとか慰留しようとしたが、結局病院を去ってしまったギテ。これにより、外科はまともに手術もできなくなってしまい、てんてこ舞いになる。結果的に、科長まで手術に駆り出されることになるが、体調不良を訴える科長。検査をすると、心筋梗塞手前の危険な状態となっていた。これにより、科長は辞職し、新たにジンサンらの先輩医師が科長となることになる。元科長は、忙しさによりほとんどまともに健康診断を受けることのできていない医師たちを案じて、健康診断を必ず受けるよう、指示を出す。そんな中で、ドフンは、長く先に進むことのできなかった恋人である医師ヘスにプロポーズをする。そんな直後、ドフンは健康診断で、胃がんが見つかってしまう。

ドフンは、事実を知る医師たちに口止めをし、医師としての勤務を続ける。そんな中、へまをして怒られているジンサンを見たドフンは、ジンサンに厳しい課題を与える。ジンサンは、めんどくさがり適当にやるが、ドフンはやり直しを命じる。さらにそれをめんどくさそうにやるドフンを見て、事実を知るウンジは、ジンサンにドフンの癌を告げる。ドフンの真意を察するジンサン。そんな中、ドフンは、ヘスに対して、理由も告げず別れを告げる。しかし、事実を知ったヘスは、一緒に戦っていこうとドフンにすがる。それを受け入れるドフン。こうして、ドフンの闘病が始まる。

ドフンの依頼により、病院に戻ってドフンの手術を行うギテ。結果的に手術は成功し、ドフンは順調に回復していく。一方、ジンサンには後輩ができる。後輩の指導を任されたジンサンは、意気揚々と接するが、どうにもやる気を出さない新人が一人いた。そんな新人を通しながら、改めて医師にとって必要なことは何か、と考えるジンサン。ハユンは、弁護士になるべき開始になるべきか、決めあぐねていた。そんな中、とある医療事故の証言台に立つハユン。これが病院で問題となり、解雇を言い渡されるハユンであったが、そんなハユンを仲間たちがかばい、結局病院に残れることになる。ハユンは、この一件で、医師として生きていく決意をする。

初めての手術をドフンによって任されたジンサン。新人の教育なども通して、本当の外科医としての道を歩み始めた。(完)

  

なかなか良作だったんじゃないでしょうか。ストーリーは難しい医療ものの中でも良くできていたと思うし、観やすかった。賛否両論あっても、結局は観やすく面白いドラマが一番です。第72位のランクイン。下は、初手術を終えて、外科医の顔になるジンサンの図。

 

Sougoubyoin17 

 

2010年5月 4日 (火)

視聴中『総合病院』第10話~第13話

総合病院 DVDBOX I

全17話 チャ・テヒョン キム・ジョンウン 2008年

 

なんか、ちょっと一貫性の無さが気になってきました。単発単発のストーリーが繰り返されて、ちょっと核が弱い気がします。

  

結局、ドフンの手術は見事に成功をおさめる。これにより評価を上げたのはギテ。手術をしたドフンは、そのアピールべたから、損をした格好に。それでも患者が助かり喜ぶドフンとジンサンであった。このころ、ヒョヌとハユンはお互いなんとなく意識するようになる。これが、恋愛感情なのかどうかはまだ分からない。そんなハユンの元に、急性じん不全の患者が運ばれてくる。通常ありえない突発性の腎不全に、不審に思う病院関係者。ハユンは、自殺を疑って患者に聞くが、患者は口を開かず、治療も拒否。結局亡くなってしまう。その後、生命保険会社がハユンに調査に来る。自殺ではないか、という調査員に対して、そんな証拠はないと言うハユン。何が患者のためになるのか、改めて考えるのだった。

そのころ、ハユンの宿直中に運ばれた急患、刺し傷があるやくざだった。応急手当てを施すハユンとジンサン。しかし、撮影したCTから、癌を発見する二人。すぐに精密検査をしなければいけない状況だったが、そのやくざは姿を消してしまい、連絡もつかない。なんとか携帯で連絡を取るものの、どうにもならない状況。しかし、あるときジンサンとハユンは、やくざのグループに半ば拉致されて連れて行かれる。連れていかれた先には例のやくざがいた。癌の疑いを説明するハユン。しかし、濡れ衣で追われている身のそのやくざは、検査を受けることに同意できない。数日後、こっそりやってきて検査を受けるやくざ。しかし、そこに警察がやってきてしまう。

なんとか警察を説得し、やくざに検査を受けてもらうジンサンら。そして、癌であることが分かると、警察監視の元入院することになる。しかし、このやくざ、手術を頑として受けようとしない。どうせ死ぬ運命、と思っているのだった。なんとか、あの手この手で説得しようとするジンサンらであったが、なかなか受け入れない。しかし、他の癌患者が手術を受けたくても受けられない状況などを見て、揺れる患者。そして、ハユンは、この患者の恋人を連れてくることに。とうとう、手術を決心する患者。手術は成功するが、その直後、警察に連れて行かれるのだった。

ハユンとヒョヌは、少しづつ心を近づけていく。そんなあるとき、ヒョヌはハユンに告白をしようと約束をする。しかし、ハユンは赤ん坊の患者の面倒を、ジンサンと一緒に見ており、約束を忘れてしまう。そんな二人を目撃したヒョヌは、今後何かとジンサンに嫉妬していくようになる。そのころ、ギテの企画により、とある島に医療奉仕に行くことになる病院の人々。しかし、ジンサンはギテに置いていかれてしまう。行きたがっているジンサンを見て、ドフンが一緒に行こうと連れていく。そして、島に付いたジンサンを喜んで迎えるハユン。そんなハユンを見て、ジンサンにまた嫉妬するヒョヌは、つまらないいちゃもんをつけて、ジンサンとけんかする。

  

こういうストーリーの積み重ねのドラマなんですね。面白いは面白いんだけど、なんだかちょっと欲が深くなって、物足りなさを感じてしまいます。下は、言い争うヒョヌとジンサンの図。

 

Sougoubyoin13

 

2010年5月 3日 (月)

視聴中『飛天舞』第1話~第4話

飛天舞 BOX-I [DVD]

全24話 チュ・ジンモ パク・チユン 2005年

 

いかにも私が好きそーなドラマ。コテコテワイヤーアクションの時代劇ですね。ワイヤーアクション大好きです。たのしみ。

  

高麗に古くから伝わる秘伝の武術「飛天神技」、そして、その極意を記した「飛天神記」と言うものが存在していた。そして、この書を受け継ぐもの、ユン・ジャンオクという王族の将軍がいた。飛天神記は、会得すれば天下を取ると言われており、その存在は公ではないものの、常に狙われていた。そんなユン・ジャンオクの家に、他国の資格がやってくる。その日は、ユン・ジャンオクの息子、ジナ(後のチュ・ジンモ)が誕生した日だった。部下クァクチョンにより、ジナと飛天神記は助かったものの、ジナの両親は殺されてしまう。クァクチョンは、ジナと飛天神記を必ず守りとおすと、亡き主人たちに誓う。

20年後、大人になったジナは、自分の身分も知らず山奥に住み、クァクチョンの指導により、飛天神技を会得し始めていた。身分がばれることを恐れていたクァクチョンは、技を外で絶対に使ってはいけないと言う。そんな中、ある盗賊に襲われるジナ。逃げて入り込んだ山奥にいたのは、ソルリ(パク・チユン)だった。最初は印象の良くなかった二人であったが、互いを知るにつれて、少しづつ想いを寄せ合うようになる。そんなあるとき、郡主から借金のあったソルリは、借金のかたとして郡主の元に連れて行かれてしまう。それを知ったジナは、止められているにもかかわらず、武術を使い救いに行く。客としてやってきていたジュングァンは、ジナの腕前を見て、手合わせを願う。結果ジナの勝利。この一件により、二人は親友の契りを結ぶ。

ジュングァンはソルリに一目ぼれしていた。しかし、ソルリとジナの関係を知り、一歩引きながらも、3人の時間を楽しむようになる。そんなあるとき、ソルリの元に兵士の一行が現れる。実はソルリは、ジナの両親を殺した将軍の娘だったのだ。そんな運命は知らず。ソルリは半ば無理やり国に帰らされることとなる。ソルリはジナに最後の言葉として、自分の国で会うことを約束する。そんなジナの家には、飛天神記を狙った族がやってくる。クァクチョンは、族により殺されてしまう。死に間際、ジナに対して、ジナの出生の秘密を明かし、飛天神記を守るように言う。真実を知ったジナは、さまざまな想いを抱きながら、ソルリのいる国へと向かっていく。

  

出足はなかなか面白いです。ただ、チュ・ジンモ時代劇合わないなあ。顔が完全に現代人なんですよね。ミスマッチ。下は、ソルリの国へ向かうジナの図。合わないでしょ?

 

Hitenmai4 

 

2010年5月 2日 (日)

視聴終了『止まらない愛』第15話~最終回19話

止まらない愛 BOX-I [DVD]

全19話 チョ・ミンギ オ・ヨンス 2002年

 

全然ダメですね。まったく面白くなる気配なし。

  

ジョンヒョンは、ギョンジュに一緒にいてほしいとプロポーズをする。ギョンジュはうれしい半面、まだ離婚していないジョンヒョンの足り場を考えて戸惑う。そして、ジョンヒョンは、意を決して妻に離婚を切り出す。しかし、妻は離婚と聞いても、その言葉を受け入れる気になれない。そして、聞こえなかったふりをしてその場を去る。そして、ジョンヒョンの妻はあろうことかギョンジュを呼び出して、自分の夫はウォニと不倫しているのではないかと言う。否定するギョンジュだったが、複雑な気持ち。そんな中、ひょんな流れから、ジョンヒョンの息子と一緒に遊ぶことになったギョンジュ。そして、いざ子供の気持ちを考えると、これ以上ジョンファンに踏み込んでいいのか、疑問を持つようになる。

結局一旦距離を置くことになったジョンファンとギョンジュ。お互いに仕事に専念していくことになる。しかし、そんな中、ジョンファンとギョンジュが一緒にいるところをたまたま見かけたジョンファンの妻。ギョンジュを疑うようになる。そして、ジョンファンが熱にうなされてギョンジュの名前を呼ぶと、その疑いは確信に変わる。そして、離婚はやむを得ないにしても、ギョンジュに復讐をしようと、弁護士に相談し始める妻。そんな中、ジョンファンとギョンジュは、田舎のバンガローに遊びに行く。そこで楽しい時間を過ごす二人であったが、高熱でジョンファンが倒れてしまう。病院に行くジョンファン。ジョンファンの妻がそこにやってくるが、ギョンジュは傍にいることすらできなかった。

とうとう、妻は離婚を決意し、ジョンファンに離婚届を渡す。退院したジョンファンは、ギョンジュと会ってこのことを告げるが、ギョンジュは息子のことを想い、別れないでほしいと言う。しかし、離婚は成立。妻は海外に行ってしまう。この不倫の話は、会社中にも知れわたり、大騒動になる。そして、ジョンファンの妻が、不倫騒動収拾のために海外に行ったことを知ったジョンファンは、ギョンジュと別れを告げ、海外に行くことにする。そして2年後、ジョンファンは元妻とともに戻ってくる。しかし、再婚はしていない。そして、偶然別れた場所で再会する二人。また、新たな二人が始まる。(完)

  

書いててもよくわからない、支離滅裂な展開。脇役のコン・ユとかソン・イルグク以外は見どころありません。最低レベルの210位にランクイン。下は、ギョンジュをおぶるジョンファンの図。

  

Tomaranaiai19 

 

視聴中『総合病院』第6話~第9話

総合病院 DVDBOX I

全17話 チャ・テヒョン キム・ジョンウン 2008年

 

どんどんストーリーが出ては解決して、の展開。全体に一貫した設定はあるものの、コアとなる事件とかはなさそうです。その分気楽ですね。

  

ジンサンは、ヒョヌが外出許可を出してしまったことを知ると、ヒョヌに任せていた自分も責任を問われるため、どうしていいかわからなくなる。そして、何とか自分の立場のために、黙っていようとヒョヌに言うジンサン。しかし、そんなジンサンの行動を知ったハユンは、ジンサンに対して怒る。そして、ヒョヌがとうとう上司に告白すると、病院中は大騒ぎになる。姿を消していたジンサンをハユンが見つけると、ジンサンは患者の父に土下座して真実を話していた。患者の父は、ジンサンの誠実な対応と、蘇生してくれたことに感謝を示し、世間の役に立ちたいと言っていた娘のために臓器提供したいと言う。こうして、ジンサンは脳死宣告をし、臓器提供を行う。複雑な想いで見るハユン。そして、ジンサンは1カ月の職務停止、ヒョヌは当直の処分を受けることになる。

ハユンの患者に、モデルの男性がいた。彼は人工肛門を付ける手術をしなければいけなかったが、仕事ができなくなると拒否していた。そんな患者に対して、ジンサンが希望を与えたことで、患者は手術を決意する。この功績で、ジンサンは処分を解除される。ハユンは、医師の持つ影響力に関して改めて考えるようになる。そんなあるとき、ひょんなことから、ハユンが医療弁護士を目指していることが、仲間に知られてしまう。監視されているのではないかと、ビクビクし始める同僚たち。そんな中、ハユンはとある病院での死亡患者について、医療事故ではないかと疑い、勝手に越権行為の資料閲覧をしてしまう。これらが問題となり、懲罰委員会にかけられることに。

ハユンの疑いは、結局間違っていた。危うく、一人の医師の未来をつぶしてしまうところだったとギテに言われたハユンは、なんとも言えなくなる。そして懲罰委員会が始まる。ハユンは、すべての事実を認めた後で、自分の過去を語る。それは、自分の父がなすすべなく死んでしまったことへの疑念と、医療弁護士になるきっかけの話だった。その話は生々しく、皆の心をとらえるものだった。結果的に、ドフンの援護もあり、ハユンは懲罰を免れることになる。そして、医療弁護士になるのであれば、医師としての経験をもっと積むべきだと言われて、ハユンもそれを理解し、今は医師としてできることをしていくことを決意する。

ヒョヌは、臓器移植が必要な患者を抱えていた。しかし、適合ドナーが見つからない。この患者は、お金を払っても早く受けたいと言うが、ヒョヌは違法行為を止める。一方、ジンサンにも、臓器移植をしなければいけない子供の患者がいた。母親が提供することができず、お金がなく困っていた。そんな二人が、臓器売買の話をしている様子を、ヒョヌが目撃してしまう。これをヒョヌは上司に相談すると、たちまち問題になってしまう。これにより、移植ができなくなる二人。ヒョヌは、自分の選択が本当に正しいのか、迷ってしまう。そんな中、ギテは二人に対して、一つの臓器を分けて移植したらどうか、という提案をする。前代未聞ながら、この提案を受けるドフン。

  

医療のことは分かりませんが、このドラマは余計な恋愛要素があんまり入ってこないので、今のところいい感じですね。下は、臓器売買について語るヒョヌとジンサンの図。

 

Sougoubyoin9

 

視聴中『止まらない愛』第11話~第14話

止まらない愛 BOX-I [DVD]

全19話 チョ・ミンギ オ・ヨンス 2002年

 

このままダラダラいくんでしょうかね、このドラマ。

  

ギョンジュは、ジョンファンの妻に、一緒に仕事をする提案を受ける。どうしても一緒に仕事をする気になれなかったギョンジュンは、イタリアから誘いがある、ととっさに嘘をついて断る。さすがに、嘘をついたことでばつの悪くなったギョンジュは、ヨンジェに頼んでイタリアに履歴書を送っておいてくれと言う。本気ではないギョンジュだが、ヨンジェは履歴書を送ることに。すると、この履歴書がイタリアの会社の目にとまり、ギョンジュは採用の連絡を受けることになる。本気でなかったギョンジュは逆に戸惑うが、自分の価値を確かめるかのように周りに言うギョンジュ。すると、ジョンファンがやってきて、なぜイタリアなのか、逃げるのか、と必死で止める。

そんな中、ギョンジュとジョンファンは、実は同郷の幼馴染だったことに気づく。突然オッパーと呼べと言うジョンファンに戸惑うギョンジュ。しかし、故郷の町並みで思い出に浸っていくうちに、二人のわだかまりはどんどん解けていくのだった。こうして親しくなっていく二人であったが、双方の想いを知っているヨンジェは、その関係に不快感しか持つことができない。そんなあるとき、幼馴染で仕事関係者と言うこともあり、ギョンジュ一家でジョンファンの家に行くことになる。しかし、その過程を見てしまったギョンジュは、たまらず家を出ていく。そんなギョンジュを追い、抱きしめるジョンファン。

デートを重ね、プレゼントを買うジョンファン。ギョンジュも喜ぶ。そんなギョンジュに対して、プロポーズをするジョンファン。ジョンファンは、離婚を決意し始めていた。一方、ウォニとミヌは、ミヌが海外に行くことになり、離婚をすることになっていく。しかし、ウォニはなかなかミヌを諦めることができない。そんな中、ジョンファンの妻は、このところのジョンファンの行動を見て、女の存在を感じるようになっていく。

  

あー、イライラする。なんだこのドラマ。下は、ギョンジュにプレゼントを買うジョンファンの図。

  

Tomaranaiai14

 

2010年5月 1日 (土)

視聴中『止まらない愛』第5話~第10話

止まらない愛 BOX-I [DVD]

全19話 チョ・ミンギ オ・ヨンス 2002年

 

ちょっと、苦手な展開かも。結局不倫を肯定していくんだろうな、と。韓国って、姦通罪が残ってるわりには、ドラマでちょいちょい不倫肯定しますよね。

  

ギョンジュのことを気にし始めるジョンファン。見かければ追いかけるようになり、夢にまで観るようになっていく。そんな中、ジョンファンの会社と、ギョンジュの会社とでのプレゼンが行われる。最初にプレゼンしたギョンジュの会社は、かなりいい手ごたえ。しかし、そのあとのジョンファンの会社には、デザイナーとしてヨンジェがおり、こちらも好評。結局、ギョンジュらはプレゼンに負けてしまうことになる。そんなころ、流れからギョンジュはヨンジェと二人で食事に行く。そこで、ヨンジェは、ギョンジュに惹かれていることを打ち明ける。戸惑うギョンジュ。そして、後日、ヨンジェに対して男として見ていないと伝える。ショックを受けるヨンジェ。

そんなころ、ギョンジュはジョンファンの妻の会社でバイトをしていた。それを知ったジョンファンは、ギョンジュがこき使われているのと知り激怒する。そして、お詫びとばかりに、ギョンジュに大口の取引先を紹介する。そんな中で、ギョンジュもどんどんジョンファンにひかれるようになっていく。しかし、お互いのその環境から、気持ちを押し殺すように接していく二人。ヨンジェも、ギョンジュに振られた原因が妻子あるジョンファンだと知り、面白くない。一方で、ウォニが、実はミヌとの結婚直後に妊娠し、中絶していたことが分かる。その意図はわからないものの、この事実にミヌはショックを受けて、一人で姿を消してしまう。

結局、一緒に仕事をすることになった、ジョンファンとギョンジュの会社。これにより、ジョンファンをギョンジュそれにヨンジェまで入っての、壮行会が開かれる。ここで、愛で生きていけるのか、と酔っ払って叫び続けるギョンジュ。これにより、ギョンジュはヨンジェに振られたものと噂されるようになってしまう。ギョンジュは、ジョンファンに想いをぶつけるようになる。しかし、ジョンファンは受け入れる立場になく、突き放すことしかできない。寂しさ紛らわせにヨンジェと遊ぶギョンジュ。そんなギョンジュをみて、ジョンファンはまた複雑な想いを持つようになっていく。街中で、偶然出会う二人。二人とも、飛びついて抱きつきたい衝動に駆られる。しかし、そうはできなかった。

  

なんだか、うっとおしいドラマですね。いい年こいた大人たちが、煮え切らずうだうだと、しかも不倫。あほかって感じ。下は、ジョンファンに切ないメッセージを残すギョンジュの図。

  

Tomaranaiai10

 

« 2010年4月 | トップページ