2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

視聴中『彼らが生きる世界』第5話~第8話

彼らが生きる世界 DVD BOX I

全16話 ヒョンビン ソン・ヘギョ 2008年

 

ヘギョssiずいぶん痩せたと言うか、大人っぽくなったのかな?フルハウスとかより大分ぽてっとした感が無くなった気がします。ヒョンビンはやっぱ雪の女王がベストだなあ。

  

よりを戻して付き合い始めたジオとジュニョン。お互いの仕事を尊重し合いながら、交際をしていく。そんなあるとき、ジュニョンは自分のドラマの撮影をしていたが、女優であるユニョンの母が急死したという知らせが入る。撮影を中止し、以前撮影したものを再利用しようとするジュニョンに対して、ユニョンは、撮影を続けて、という。そんな女優ユニョンの姿に、若き女性監督であるジュニョンは、その女優魂に圧倒されるのであった。しかし、そんなユニョンも人の子。自分に想いを寄せてくれる局長の元で、ひっそりと涙するのであった。

あるとき、ジュニョンは自分の友人たちにジオを紹介する。そこで友人たちにいずれ結婚すると言うジュニョンに、唖然とするジオ。さらに、子供は産む気が無いと言い、これまた唖然とする。仕事を続けたいからというジュニョンに対して、理解しつつも感覚の違いを感じるジオだった。そんなころ、二人の天敵でもあり先輩の監督ギュホの撮影している時代劇が、遅れていることが問題となる。この撮影のスピードを速めるため、撮影のBチームを作って撮影することになったが、監督が決まらない。

Bチームの監督を、ジオかジュニョンにと考える上層部。しかし、二人ともギュホを嫌っており、受ける気になれない。しかし、状況的にどちらかがやらなければいけないため、最初はジオがやろうとする。しかし、両親が離婚すると言い出しているジュニョン、自分がひきうけると言う。タイトなスケジュールをこなし、疲れきるジュニョン。仮眠室で眠るジュニョンのベッドに、こっそり入り込むジオ。

 

ドラマの撮影現場が舞台だから、あえてこのドラマ自体はリアルっぽい作りにしたいんでしょうね。まあ、ヒョンビンとソン・ヘギョが出ている時点で現実的じゃないんですけどね。下はベッドに入りこむジオの図。

  

Kareragaikiru8 

視聴終了『憎くても可愛くても』第155話~最終回172話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

ようやく最後です。根性戦でした。最後まで愛着もわかず。ラストだけでもきれいにまとめてほしいものです。

  

賄賂を使ったことで、仕事が順調に生き始めたソンジェ。しかし、賄賂を使ったことを、社長が知ってしまう。監査を行い、証拠もつかんだ社長は、ソンジェに怒鳴りかかる。しかし、ソンジェは会社のためと言い張るため、激しい口論となる。そして、社長は倒れてしまう。意識不明の状態で入院してしまった、スア父である社長。意識が戻らず、会社としても大事な時期であったため、代理の社長を擁立することになる。そして、理事会で祖母がソンジェを推したことで、ソンジェはとうとう社長になるのだった。

社長となったソンジェであったが、さらなる裏金を作ろうとする。しかし、こんな動きに警察が少しづつ反応するようになってくる。家族も賄賂のことを知ってしまい、ソンジェはさらに追い込まれていく。そして、社長がとうとう意識を取り戻す。ソンジェを激しく責め立てる社長。しかし、ソンジェは裏金を正当化しようとする。たまりかねた社長は、とうとう緊急理事会を招集。ソンジェを解任してしまう。首になったソンジェは、一人会社を去ることとなる。そんなソンジェを、必死で支えようとするスア。しかし、そんなスアに対して、ソンジェは離婚を突き付ける。

ソンジェとスアは、二人だけで離婚を成立させてしまう。そして、その直後、ソンジェは置手紙一通残して、自首してしまう。刑務所に入るソンジェ。家族は一転した転落に絶望感を覚えるが、自首したことにせめてもの救いを感じる。そんなソンジェの元にやってきたジヨン。ジヨンは、ウジンと結婚し、アメリカに行くことを告げる。スアも、ソンジェから離れようと、パリに行くことにする。そして、ベコは新プロジェクトの責任者となり、その人柄で地域住民にも理解を得て、会社は困難な局面を打開することになる。

2年後、ベコは出世し、ダンプンは妊娠。さらにベコ母も妊娠していた。また、ベコはDNA鑑定により、スア父の本当の息子だったことが判明する。ソンジェは、農場で生計を立てていた。帰国したウジン・ジヨンと偶然再会したソンジェ。ジヨンのお腹には子供がおり、笑顔で別れる二人だった。そして、帰国したスアがソンジェの元にやってきた。よりを戻した二人。そして、再び家族がそろうのであった。(完)

 

すごい勢いでまとまりました。いいのかこれで?まあいいか。なんだかなあのドラマでした。153位にランクインです。下はホームドラマ定番の家族写真の図。

  

Nikukutemo173                                  

視聴中『憎くても可愛くても』第143話~第154話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

さすがに終盤に向けて、少し盛り上がってきましたが、愛着はわきませんね。まあ、このドラマとしては最大の見せ場ってことで。

  

どうしても結婚を認めないダンプンの母は、ソンジェに行ってダンプンをアメリカに赴任させようとする。ダンプンとベコはなんとか許してもらおうと、必死の説得を続けるが、首を縦に振らない。そして、ダンプンは断食を始める。それでも認めないダンプンの母であったが、ダンプンが倒れて病院に運ばれると、これ以上は無理だと考え、しぶしぶ結婚を了承することに。ダンプン母が認めれば、周りも反対する理由なく、晴れて二人は結婚することになる。その後も、同居の問題などで言い争いは絶えないものの、無事結婚式を追えるダンプンとベコ。

一方、ソンジェは、新しい事業の進行で壁にぶち当たっていた。住民の反対により、区長が着工を許可してくれないのであった。なんとか説得をしようと試みるが、取り合ってももらえない。そこでソンジェは、区役所の重職でもある父に、口利きを頼む。しかし、一切の不正が嫌いな父は、全く取り合おうとしない。住民の反対が新聞記事になっていしまったり、社長からもダメ出しをくらってしまったり、追いつめられたソンジェは、とうとう担当者に賄賂を使って認めてもらうことに。

急な区長の方向転換に、ソンジェをほめつつも、驚く社長。ソンジェ父の口利きがあったのかと思い、ソンジェ父に確認するものの、そんな事実はない。ソンジェ父と社長は、少しづつ不信感を持つようになる。一方のジヨンは、ウジンからのプロポーズを受け入れる決意をする。しかし、一旦は受け入れる決意をしたものの、ウジンに対して愛情のようなものを感じることができずに悩む。

 

終盤でこの程度の盛り上がりだと、ちょっと苦しいですね。大どんでん返しでもあればビックリですが、まあないでしょう。下は、将来を誓ってキスをするダンプンとベコの図。

  

Nikukutemo154                                 

視聴中『彼らが生きる世界』第1話~第4話

彼らが生きる世界 DVD BOX I

全16話 ヒョンビン ソン・ヘギョ 2008年

 

視聴率最低、評判最低のこのドラマですが、まあヒョンビンとソン・ヘギョですよ。どんなに駄作でも、この配役だけで敬意を表してみなければいけません。まさに義務です。リアルカップルですしね。大好きなヘギョssiも、4年ぶりのドラマです。

  

チュ・ジュニョン(ソン・ヘギョ)は、テレビ局でドラマを担当する新人監督。賞を取っており、監督としての腕を買われてはいるが、その自分中心的な性格により、孤立することもある。そんなジュニョンには、職場の同僚であり、先輩であり、元恋人であるチョン・ジオ(ヒョンビン)という存在があった。彼は人間味があり、周りからも慕われる、まさにジュニョンとは制反対ともいえる存在だった。あるとき、ジュニョンはその向こう見ずな撮影手法から、スタントマンに怪我をさせてしまう。この騒ぎにより、恋人との約束に大きく遅れてしまったジュニョン、別れを告げられてしまう。

一方のジオも、不倫関係にある女性がいた。しかし、この女性、夫との子供ができたということで、ジオから離れていってしまう。一人身になったジオとジュニョン。二人は反発しながらも、認めあい、励まし合いながら仕事をしていくのであった。そんな中、新しい作品として、ジュニョンは同性愛をテーマとした脚本を手にすることになる。この脚本をドラマ化することにしたジュニョンであるが、なじみのないテーマに、困惑する。そして、ジオと相談するジュニョン。いつしか二人で盛り上がり、気づくと二人は一夜を共にするのであった。

翌朝目覚めた二人。なんとなく二人ともごまかしながらも、気まずさは抜けきれない。そして、そんな気持ちのまま、ジュニョンは撮影へと取りかかることになる。相変わらず、自分を通そうと、強気の撮影を繰り返していくジュニョン。そして、その要望に、最初は楽しんで対応していたが、とうとう怒りを爆発させる女優ユニョン。しかし、二人は話すことで和解し、お互いにいい作品を作ることを誓い合う。そして、撮影に疲れたジュニョンは、ジオと話をしながら、そのままジオの肩に眠るのであった。

 

たぶん、目指すところは雰囲気もののドラマ。そんな感じがします。こういうタイプは、マニア受けするけど一般受けしないんで、視聴率はとれないはずです。なるほどと言う感じ。ちょっと苦しいかな、やっぱり。下は、ジオにもたれかかるジュニョンの図。ヘギョssiはやっぱ美しい。

  

Kareragaikiru4_2

2010年1月30日 (土)

視聴終了『ケ・セラ・セラ』第13話~最終回17話

ケ・セラ・セラ DVD BOX I

全17話 ムン・ジョンヒョク チョン・ユミ 2007年

 

エリックはやっぱり外見抜けてますね。たぶん女子たちから見たら、結構好き嫌いは別れると思いますが、男子から見ると、この上なくかっこいいです。あ、ペ様とかは別格ね。

  

ウンスが結婚をすると聞き、罪悪感を強く感じるテジュ。テジュがウンスに結婚を止めさせようとすればするほど、ウンスは頑なになり、まるで壊れていくかのようそうだった。そんなウンスに何もできないテジュは、ただただ責任を感じ続けるのであった。そして、二人の気持ちはすれ違った状態のまま、ウンスとジュンヒョクは結婚式を迎える。

結婚もし、順調に仕事を続けるウンス。一方のテジュも、会長の信頼を得て、大きな権限を任されるようにもなる。そんな時、ウンスが体調不良で倒れる。病院に行き、妊娠が判明。ジュンヒョクは喜び、ヘリンとテジュのいる前で、ウンスの妊娠を発表する。すると、激しく動揺するテジュ。その姿を見て、ヘリンはまだ捨てきれないテジュのウンスへの想いを感じ取り、ジュンヒョクは、ウンスとテジュの間に何かがあったのか、というような疑いを持つようになる。

ジュンヒョクは、自分の父が会長により追いやられてことを知ってしまう。そして、会長を裏切る行為に出る。これにより、会長はショックで倒れてしまう。ジュンヒョクも、自分が本当にどうするべきかわからなくなり、情緒不安定に陥る。挙句、ウンスに、本当に自分の子か、と聞いてしまう。大きなショックを受けたウンスは家を出ていく。しかし、ショックで子供は流れてしまうことに。大きな罪悪感を感じるジュンヒョクは、会社を辞めてアメリカに行く決意をする。ウンスは、そんなジュンヒョクを哀れに思い、ついていくことに。しかし、自分への気持ちが本物でないことを知るジュンヒョクは、空港でウンスの手を手放す。そのころ、会長から経営権を任すと言われたテジュであったが、ウンスを失いすべてがむなしくなり、理事会の場に行かず会社を辞める。

2年後、ヘリンは会社の後を継ぎ、ジュンヒョクは一時的に帰国、テジュはイベント会社の平社員として働いていた。顔を合わせ、田舎に移りんでいるウンスを思い出す3人。その帰り道、テジュは偶然にもウンスと再会する。そして、笑顔で別れる。しかし、過去を思い出しながらその別れを後悔するテジュ。家に帰ると、家の前にはウンスがいた。初めてであったときのように。(完)

 

ラストは悪くないです。むしろ好きな終わり方。ただなあ、ヒロインが微妙すぎるのと、ストーリーにひねりが無さすぎる。微妙なドラマでした。第120位です。下は、偶然再会するテジュとウンスの図。

  

Keserasera17                               

2010年1月29日 (金)

視聴中『ケ・セラ・セラ』第9話~第12話

ケ・セラ・セラ DVD BOX I

全17話 ムン・ジョンヒョク チョン・ユミ 2007年

 

やばす。つまらないかも。女優がかわいくない。ストーリーにひねりがない。

  

付き合い始めたウンスとジュンヒョク。そして、契約的な交際を始めるヘリンとテジュ。そのなかで、ますテジュが、ウンスを見て苦しみ始める。自分の本当の気持ちに気付き始めるテジュ。そして、ヘリンは、そんなテジュの姿に気付きながらも、テジュを本当に愛し始めてしまう。気持ちを抑えきれなくなったテジュは、ウンスをベッドに押し倒す。そこにやってきたヘリン。修羅場と化し、ウンスはその場を逃げ出す。追うテジュ。そして、テジュがウンスを捕まえたとき、ウンスはそのままテジュにキスをする。ウンスも気持ちを抑えることができなくなっていた。

そして、たがいの気持ちを確かめ合ったウンスとテジュは、心の底から愛し合い、付き合い始める。ヘリンもなんとか戻そうと、テジュに後継者の座などをチラつかせるが、テジュは相手にしない。そして、会社も辞めると言い出す。そんな中、ウンスの妹が倒れてしまう。心臓の持病があったウンスの妹だが、とうとう移植をするしかなくなってしまった。幸いドナーが見つかったが、手術費用がない。ウンスはなんとか金策に走るが見つからない。そして、テジュもその状況をウンスの母に聞かされる。さらに、ヘリンの父から、後継者にするから結婚しろと言われる。そして、テジュは再びヘリンを選ぶ。

テジュに別れを告げられて、大きなショックを受けるウンス。そして、ヘリンは父の会社の理事になり、テジュも次長になった。そんななかで、ジュンヒョクは、会社を乗っ取る画策を開始する。ウンスは、ヘリンの部下になることになった。気まずいながらも、やりたい仕事だからと我慢するウンス。そんな時、妹の手術代を支払ったのが、テジュだと知ってしまう。テジュを呼び出しこんなことは許せないと言うウンス。そして、テジュを忘れるために、ジュンヒョクと結婚をすることにする。

 

ひねりがない。行ったり来たりしてるだけです。なんでしょね、このドラマ。何をどうしたいのか。最後で納得させてくれるのでしょうか。下は、勝手に手術代を払ったテジュに怒るウンスの図。

  

Keserasera12                              

2010年1月28日 (木)

視聴中『憎くても可愛くても』第131話~第142話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

終盤に差し掛かってちょっと面白くなってきたかも。ちょっと文句言わず、黙ってみて観ましょう。

  

スアにジヨン一家へお金を出そうとしたことがばれてしまったソンジェ。完全に離婚モードになったスアは、離婚届を持って会社へ。しかしソンジェはそれを破ってしまう。それでも強く離婚を強調するスア。最初はスア一家も賛同するが、現実味を帯びてくると、離婚させてはまずいと考え始める。ソンジェもなんとか元に戻ってもらおうと、必死で謝り続けるが、スアはおれないばかりか、ソンジェに罵声を浴びせ続ける。ソンジェもとうとう、わかった離婚する、となってしまう。

ソンジェは、とうとう会社にも辞表を提出してしまう。それを知ったスアは、ソンジェとの離婚が本当になりそうで驚く。しかし、ソンジェがいないことで会社が混乱してしまい、スア父は、ソンジェを会社に戻すことに。これで、スアと離婚するからと言って会社を辞めることはなくなったソンジェ。そして、スアも、ソンジェと仲直りはする気ないものの、一旦家には戻ることにする。

ダンプンとベコは、順調に交際を続ける。そんな中で、とうとうソンジェに見られてしまう。殴られるベコ。そして、両親にも交際を伝え、結婚の許可を求めるダンプンとベコ。しかし、家族全員が猛反対の状況。そんな中で、ベコの継父でもある社長は、認めてあげようと言い始める。しかし、特に両母親は譲らない。そして、母親同士は険悪な雰囲気になっていく。

 

終盤に向かってる感じはしますね。着地点が見えてきました。もう少しの辛抱です。下は、ダンプン母に結婚の許可を求めて土下座するベコの図。

  

Nikukutemo142                                 

2010年1月27日 (水)

視聴終了『シングルパパは熱愛中』第13話~最終回16話

シングルパパは熱愛中 [DVD]

全16話 オ・ジホ ホ・イジェ 2008年

 

これでもかってくらいお涙ちょうだいの展開になってきました。まあ、わりと最初からそんな展開だったので、そこ自体に文句はないです。それなりに楽しめていますので、最後まで観て観ましょう。  

 

ハリ、ソイ、そしてブンホが去る決意をした中で、ブンホは健康診断で引っ掛かり再検査を行うと、脳腫瘍が発覚する。サンを支えなければいけない時期に、自分まで脳腫瘍になってしまうとは、ショックを受けるブンホ。そんな直後に、サンは高熱を出して再び入院することになってしまう。死ぬわけにはいかないと、ハリの父に自分の病気を打ち明け、治療を懇願するブンホ。すぐにでも手術が必要であるが、手術をしても助かる保証はないという状況だった。

そんなあるとき、サンは偶然自分の実母がソイであることを知ってしまう。そのショックから、目が見えなくなってしまったサン。そんなサンを見ながら、何とか強い父親の姿をサンの目に焼き付けようと考え、試合をする決意をするブンホ。そして、試合当日、偶然ブンホの病気を知ってしまったハリは、試合を止めさせようと思い駆け付けるが、試合は始まってしまっていた。試合に勝ったブンホ。そして、そんなブンホを見て元気を取り戻したサン。ブンホは、そんなサンを見て、自分が死んだらソイにサンを引き取ってもらおうと思い始める。

ブンホは、サンにソイと打ち解けてもらおうと、二人で会わせるなどして、自分がいなくなってからのことを準備し始める。それと同時に、自分の手術がうまくいかなかったときのことを考え、できる限りサンとの思い出を作ろうと考える。そして、ハリもそれをバックアップする。サンには、強化合宿に行く、と言って、涙の別れをするブンホ。そして、ブンホとハリは最後の海辺の旅行をする。そこで、サンとハリに出会えて、自分は一生分の幸せを味わったと言うブンホ。

退院するサンは、ブンホからのビデオメッセージを見ていた。強化合宿がんばっているから、お前も頑張れと語りかけるブンホ。それに笑顔でこたえるサンであった。(完)

 

最後は?ですね。なんでしょ、これ。解釈してくださいってこと?こういうラストかなり嫌い。視聴者に解釈は任せます的な奴って、制作者の傲慢でしかないと思います。ランクは101位。下は、海辺で幸せを語るブンホとハリの図。

  

Singlepapa16                              

視聴中『憎くても可愛くても』第119話~第130話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

面白いポイントはあるものの、相変わらずうだうだやってますね。やっぱりなんとも物足りないドラマです。

  

大きな反感を買ってしまったリストラ計画。結局混乱を最小限にとどめるべく、ソンジェの案は大幅カットされることとなる。自分の計画がうまくいかなかったことにショックを隠せないソンジェ。一方ウジンは復職できて、ベコとともに大喜び。しかし、ジヨン一家は大変なことになってた。保証人になっていた人が逃げてしまい、急きょ大きな借金を抱えることになってしまったのだ。金策がどうにもならず、途方に暮れるジヨン一家。ウジンはなんとか力になろうと奔走する。

ダンプンは、とうとう想いを抑えきれなくなり、ベコに好きだと告白してしまう。すると、ベコも答える形で抱きしめ、もう後戻りはできない、と言う。こうして、二人は正式に付き合い始める。しかし、部下と上司の社内恋愛という問題、親戚関係という問題があり、オープンにはできず、密かに付き合うスタートとなる。そのころ、ジヨン一家の借金をたまたま知ってしまったソンジェは、部下の名前を使って秘密裏に金を工面してジヨン一家を助ける。

スアは、家でソンジェがジヨンにもらった手編みのセーターを見つけてしまう。大きなショックを受けたスアは、離婚すると言って家を出てしまう。なんとか、ソンジェが詫びて、ソンジェ父もスアを説得することで、ようやくスアは家に戻ることになる。そんな折、自分たちを助けたのがソンジェだと言うことに、ジヨンの父が気づいてしまう。怒ってソンジェの元に乗り込むジヨン父。するとそこにスアがやってくる。

 

韓国ドラマに向かってこんなこと今更言うのもなんですが、偶然が多すぎ。なんぼなんでもうまくなさ過ぎて、稚拙に見えてしまいます。下はベコとの朝帰りが見つかり驚くダンプンの図。

  

Nikukutemo130_2                               

視聴中『ケ・セラ・セラ』第5話~第8話

ケ・セラ・セラ DVD BOX I

全17話 ムン・ジョンヒョク チョン・ユミ 2007年

 

フツーの恋愛ドラマかな、と言う感じ。ここまでのところ、厄介な記憶喪失や不治の病はなし。盛り上がりに期待。

  

ウンスに告白されたテジュ。私たち付き合わないか、というウンスに対して、あまりピンとこないテジュであったが、こんなのもありかな、と思って付き合うことに。大喜びのウンスは、勢いで正社員の応募を見て面接を受けることにする。そのころ、ヘリンは、相変わらず見合いをさせられていた。そんなヘリンをみて、何か感じる者のあったテジュは、以前提案のあった見せかけで付き合うことを合意する。そして、テジュは、ウンスを呼び出して、やっぱり僕たちは合わないからやめようという。ショックを受けるウンス。そして、後日財閥の娘であるヘリンとテジュのデート現場が新聞記事になっているのを見て、さらにショックを受ける。

そのころ、ジュンヒョクは、面接であったウンスに興味を持ち始める。倒れてきた機材からジュンヒョクはウンスに助けられることとなり、二人は近づくことに。試験採用となったウンスは、ジュンヒョクが面倒を見て、色々と融通を聴かせてもらう。そんな姿を見て、ジュンヒョクへの気持ちを持ち続けるヘリンは、居ても立っても居られない状態。妨害をし始める。一方のテジュも、ウンスのことが何かと気になり始める。しかし、気になりながらも素直な感情表h減のできないテジュは、またウンスを傷つけてしまう。

ウンスは、テジュへの反発から、見せつけるかのようにジュンヒョクと仲良くするようにし、ついには、テジュとヘリンが一緒にいる前で、自分からジュンヒョクにキスをする。その姿にショックを受けるテジュとヘリン。そんな二人をしり目に、結局ジュンヒョクをウンスは付き合うことになる。

 

よくわかりません。駄作感満載です。多少盛り上がってくれないと、ちょっと辛すぎますね。下は謝ろうとするがうまくいかないテジュとウンスの図。

  

Keserasera8                              

視聴中『シングルパパは熱愛中』第9話~第12話

シングルパパは熱愛中 [DVD]

全16話 オ・ジホ ホ・イジェ 2008年

 

ホ・イジェって、別にブサイクとかじゃないんですが、なんか特徴ないんです。宮Sで見たはずだけど、なんかつながらないし、顔もこんな顔だったかなって感じ。特徴って大事だけどなあ。  

 

無事手術を終えたサンは、ブンホ、ハリとともに海に遊びに行くことに。そこで、自分に背を向けようとするブンホに対して問い詰めるハリ。ブンホは黙ってハリにキスをする。明るくなったハリを見て、ハリの父はブンホを認めるような気持ちになってくるが、ソイは落ち着いていられない。ブンホは、高額な治療費のために、無理して仕事をし始める。そのころ、ソイがサンを見る目を見たハリは、言い知れぬ違和感を感じ、サンの母親のことを何か知っているのではないかと思い始める。

そんな中、ソイの息子は行方不明になっていると思いこんでいるハリ父は、とうとうソイの息子を見つけ出す。その資料には、ブンホの名前が書いてあったことに驚く。そして、ハリ父はブンホに会い、二度とハリに会わないよう忠告する。ハリ父が事実を知ってしまったことを知ったソイ。二人の距離は大きく広がっていってしまう。そして、ハリもとうとう、ソイの口から事実を聞かされることになってしまう。

ショックを受けたハリは、ブンホを問い詰めるが、ブンホは距離を置くために、サンを連れて療養を兼ねて島に行くと言う。それを聴いたハリは、サンはソウルで治療を受けるべきと言い、自分が遠くに行くと言う。そして、ハリはアフリカへボランティアに行くことを決める。そのころ、ハリ父は、大学でソイの過去が噂になり、立場が厳しくなってきていた。ハリとブンホのことも考えたソイは、今回は自分が身を引かなくてはいけないと考えて、ハリ父の元を去る決意をする。

 

相変わらず同じ感じ。つまらなくはないけど、今一つ足りない感じです。役者かなあ。オ・ジホとカン・ソンヨンはいいんですけどね。下は、別れを告げるハリを見送るブンホの図。

  

Singlepapa12                              

2010年1月26日 (火)

視聴中『憎くても可愛くても』第107話~第118話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

やっぱ、このドラマ嫌な奴が多すぎる。普通の16話モノドラマなら、このくらい嫌な奴がいてもいいんですけど、こんだけ長いドラマでこんだけ嫌な奴がたくさんいると、正直しんどいです。

  

ベコは、ダンプンが少しづつ自分に好意を寄せるようになってきていることに、うれしくなる。と同時に、まだダンプンがヒョヌと別れたことを知らないため、自分の想いを抑えようと、あえてダンプンを撥ねつけるような言動をするようになる。さすがにダンプンもこれには怒るが、ベコは寄せ付けない。しかし、その後ヒョヌからのメールで、ダンプンがヒョヌと別れたことを知ると、複雑な想いになる。ダンプンも意識し始めており、社内恋愛はご法度とばかりに妙な空気になってしまう。

スアは、相変わらずの横暴ぶり。正月だと言うのに、実家に帰ると言い出す始末。さすがにソンジェ一家の猛反対に会うが、結局はソンジェ一家が折れる形で、時間を早めることにし、スアはソンジェ一家の正月が終わってからスア一家に行くことに。ウジンとジヨンは順調に交際を重ねる。そして、親の強い勧めもあり、結婚するような雰囲気になっていく。ジヨンはまだ気持ちが固まっておらず、戸惑う。

そんな中、ソンジェは会社でリストラを行うことにする。ソンジェの考えに、賛成したスア父は、ソンジェにすべて任せることに。リストラ計画を進める中で、ジヨンとウジンの結婚話を知ったソンジェは、リストラリストの中に、ウジンを入れてしまう。そして、リストラ対象の発表が始まると、想像以上の反発が起こる。抗議デモが起こり、社長に卵をぶつける人が出てくる始末。そんな中、社長であるスア父が、ウジンのリストラを知る。ウジンは有望で引き抜いた人物だけに、納得できない社長は、ソンジェを呼び出す。

 

リストラの件はちょっと盛り上がってますね。とはいえ、やっぱり好きになれる登場人物が少なすぎですね。下は卵ぶつけられた社長と、助けるベコ、ソンジェの図。

  

Nikukutemo118                              

視聴中『シングルパパは熱愛中』第5話~第8話

シングルパパは熱愛中 [DVD]

全16話 オ・ジホ ホ・イジェ 2008年

 

やっぱり、ここまでのところなんかちょっと中途半端。コメディーでもなく、恋愛ものでもなく、病気ものでもなく・・・。方向性がわかりません。どうなることか。

  

ソイに、ハリとは合わないからやめろと言われるブンホ。しかし、ソイのいいなりにはならないと拒絶する。そんなブンホに対して、ハリは積極的に近づいてくる。そんなハリを、息子サンも慕うようになっていく。そんなあるとき、偶然にもハリとブンホは、ハリ父とソイと4人で食事をすることに。両親がおらず、孤児院で育ったブンホに対して、ハリ父は、ハリには合わないのではないかと考える。そして、その後にブンホに息子がいることを知り、ハリ父はさらに怒って、ブンホを拒絶する。そして、そんなハリ父に、ブンホも距離を置くことを約束する。

距離を置こうと考えて、ハリを拒絶し始めるブンホ。そんなブンホに対しても、ハリは諦めず、なんとか近づこうとする。サンがハリを慕っているだけに、突き放しきれないブンホ。そんなあるとき、サンが交通事故に会う。幸い怪我は大したことがなかったが、その時の精密検査で、サンに脳腫瘍があることが発覚する。位置が難しく、手術が簡単ではないことを聴いたブンホは、ショックを受ける。そして、ハリの父が脳腫瘍の権威だということを知ると、恥を忍んで手術を頼むことに。ハリ父は、娘と会わないことを条件に執刀を受ける。ブンホは、ハリにもう合わないと告げる。

手術前、ようやくサンの病気を知ることになったハリが駆け付ける。そこで、執刀が自分の父であることを知り、ブンホがもう合わないといった意味を理解する。そして、手術は成功し、サンは無事退院することになる。父に、ブンホと距離を置くハリと、手術が成功して感謝の言葉を述べるブンホを見た鉢の父は、今回の手術と娘のことは別問題だ、と言う。

 

なんでしょうね。別につまらなくはないです。ただ、焦点が定まらない感じ。後半に期待です。下は退院するサンとブンホの図。

  

Singlepapa8                            

視聴中『憎くても可愛くても』第95話~第106話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

ようやくちょっと面白くなってきたかな。けどもう真ん中過ぎています。帯で見続けた人は大したものです。

  

スアの実母の命日がやってくる。そんな時、ソンジェはジヨンが交通事故に会ってしまう現場に居合わせてしまう。慌てて病院に運ぶソンジェ。結局命日には間に合わなかった。急きょ体調が悪く病院に行っていたと嘘をつくソンジェ。しかし、それが嘘であることがバレテしまうと、スアは怒って家を出て行ってしまう。一方、元気のないダンプンに気を使うベコ。一緒にスケートに行くことに。また、ベコは仕事でもなんとか自分の発案した商品を成功させようと奮闘するなど、精神的な成長の兆しを見せる。

そして、ダンプンは、ヒョヌとの決別を決断する。ヒョヌに、婚約の延期ではなく、別れを告げる。納得できないヒョヌは、家族を巻き込んで、礼服を買ってしまったり、無理あり話を進めていこうとする。そんなヒョヌをみて、ますます心が離れていくダンプン。そして、そんなダンプンの気持ちを知ったヒョヌの母は、本当に愛しているなら、相手にとってよい思い出で終わるべき、と忠告する。これに目を覚ましたヒョヌは、ダンプンとの別れを受け入れることに。

前回の企画が失敗に終わってしまったダンプンのチームは、新しい規格の成功を祈願し、みんなでスキーに行くことにする。スキーが下手だったダンプンは、持ち前の負けず嫌いから、夜一人で練習する。すると、遭難してしまうダンプン。ダンプンを探し出し、助けるベコ。距離が縮まり始める二人だった。

 

のろいっす、相変わらず。モチベーションが上がりきりませんね。よくはなってきたけど。下は、ダンプンを助けるベコの図。

  

Nikukutemo106                              

視聴中『ケ・セラ・セラ』第1話~第4話

ケ・セラ・セラ DVD BOX I

全17話 ムン・ジョンヒョク チョン・ユミ 2007年

 

神話のエリックことムン・ジョンヒョク登場です。この人相当カッコイイですよね。相手女優がなんか微妙な感じですが、評判も悪くはないので観てみましょう。

  

デパートでサラリーマンとして勤務するカン・テジュ(ムン・ジョンヒョク)は、そのルックスから女関係はプレイボーイ。金持ちの女と広く浅い交際を繰り返す日々。そんなあるとき、家のアパートに帰ると、ドアの前に一人の女が座り込んでいる。仕事もないまま都会に出てきたハン・ウンス(チョン・ユミ)だった。ウンスは、家出した妹を探してきていたが、部屋番号を間違えてテジュの家の前にいたのだ。そんなことは知らずに、強引に家に入りトイレを借りて去って行ったウンス。そのとき鞄を忘れるのであった。

そんなあるとき、テジュは資産家の娘、ヘリンと出会う。完全に相いれない二人であったが、ひょんなことから、酔っ払ったヘリンをホテルまで運ぶことになったテジュ。そのホテルで、偶然ウンスと再会。ウンスは鞄を取りに行く約束をする。一方のヘリンには、想いを寄せるジュンヒョクがいた。彼は、ヘリンの家に居候していた。親に認められない関係であったため、ヘリンは親からお見合いをさせられる。しかし、そんなヘリンを見て、ジュンヒョクは気持ちがもう離れていると突き放す。そして、テジュに婚約者のふりをしてほしいと頼むが、テジュは拒絶する。

そんなころ、エレベーターで一緒になったテジュとウンス。キスしたことがあると言い張るウンスに対して、テジュは疑いウンスにキスをする。そして、初めてだと、と言い放つ。このキスが忘れられないウンス。ウンスはなぜキスをしたのかしつこくテジュに聞くが、テジュはかわいそうだからというだけ。しかし、テジュもこのキスが少し気になっているのだった。そんなテジュに、ウンスは好きだと告白する。

 

なんだか、微妙な感じかも。盛り上がるのかしら、このドラマ。ヒロインはいいキャラなんだけど、役者がいまいちです。下は、ヘリンを拒むテジュの図。

  

Keserasera4                            

続きを読む "視聴中『ケ・セラ・セラ』第1話~第4話" »

2010年1月25日 (月)

視聴終了『ソニジニ』第13話~最終回16話

ソニジニ DVD-BOX1

全16話 パク・ヨンウ ソン・イェジン 2001年

 

思ったより楽しめてはいるのですが、最初のドロドロ具合から、段々また普通な感じになってきてしまってます。もったいない。どうせなら出生の秘密と不治の病と記憶喪失がほしい。

  

結婚を決めたジュンソプとソニであったが、環境問題のことで、相いれない状況となっていく。ソニは、ジュンソプの会社の環境破壊を訴えていくが、ジュンソプは、証拠も抹消されていたため、完全に会社を信用しており、ソニを説得しようとする状況。そんな状況の中で、ジュンソプにも信用してもらえないソニは、とうとう結婚をやめ、訴訟を起こすことになる。しかし、ソニを妨害すべく、会長が動く。そして、あらぬ罪を着せられ、ソニは警察に逮捕されてしまう。ジュンソプはなんとかソニを助けようと会長に相談し、会長はソニとの結婚を止めてジニと結婚する条件で、ソニを釈放させる。

釈放されたソニは、完全にジュンソプとも決別し、対立の構図が出来上がる。そして、裁判の準備を進めていく。それに対して、完全に父や会長を信用しきっているジニは、ソニをおとしめてやろうと、画策していく。そんな中で、ジュンソプに連絡を取ってきた一人の男がいた。かつて、ジニの父の命令により、廃棄物を孤児院の下に埋めた人物だった。埋めた証拠すら持っていた。これにより、ジュンソプはすべてを悟る。そして、会長を問い詰めた後、ジニの父がソニを狙っていることを知り、ソニの元に急ぐ。

ジュンソプは、ソニの元に行くと、ソニの身代わりとなり、ダンプカーにはねられてしまう。重体のジュンソプ。ジニはこれにより、さらにソニを逆恨みするようになり、ソニも大きな責任を感じる。そして、ジュンソプ意識不明のまま、裁判が始まる。結局、証拠が不十分の状態のため、ジニ側が裁判に勝利。しかし、表彰式の日、すべての真実をつきとめていたサンウォンが、ジニにすべてを明かす。自分の信じていたものすべてが間違っていたことを知り、大きなショックを受けるジニ。父には自首を勧め、ソニに心からの謝罪をする。

結局、ジニの父、そしてジュンソプの父も、その罪を償うことになった。意識を戻したジュンソプは会社の経営権を握ることはなく、ジニとともに会社再建を目指すことに。ジニも、新たな気持ちで会社を再建し、ソニにジュンソプをしっかりと送りだすことにする。そして、ジュンソプとソニは、ジニに見守られながら、未来を誓うのであった。(完)

 

完全なハッピーエンド。最初はそんなドラマじゃないと思ったんですが、最後の方はちょっともったいなかったですね。まあでも全編通して面白く観れました。第62位にランクインです。下は、プロポーズするジュンソプと、答えるソニ、見守るジニの図。

  

Sonijini16                           

2010年1月24日 (日)

視聴中『憎くても可愛くても』第83話~第94話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

登場人物の相関関係がつかめてきて、ようやく少し面白みが出てきました。けど、まだまだ物足りなさ満点です。

  

ダンプンに抱きついたベコであったが、酔ったうえでのことと流されてしまう。そんな中でも、ダンプンも少しづつベコが気になり始める。ヒョヌとの婚約が、周りの強引な進めによって、後に引けなくなっていくが、ダンプンはそんな状況に違和感を感じる。一方のソンジェは、スアが相変わらず何もしないのに手を焼く。家族もしびれを切らし始め、徐々にスアに対して厳しく当たるようになる。すると、スアは事あるごとに実家に帰るように。そんな中で、ウジンと仲良くするジヨンが気になり始める。

ベコは、新製品のアイデアを考え出す。ダンプンのチームでこれを完成させ、モニター調査でも高評価。自身を持って、企画会議に出すことにする。しかし、企画本部長であるソンジェに却下されてしまう。ソンジェは、少なからず、社長に気にかけてもらっているベコを面白く思っていない様子だった。そんな中で、ダンプンが社長に直談判し、この新製品を認めてもらったものだから、益々ソンジェは面白くない。ダンプン・ソンジェ兄妹の関係もあやしい雲行きとなる。

ダンプンは、ヒョヌが強引に婚約を推し進めていくのに耐えられず、婚約式の延期を申し出る。しかし、聞く耳を持たずに、周りも巻き込んで婚約を進めていくヒョヌ。とうとう、ダンプンは我慢の限界とばかりに、ヒョヌに婚約の取りやめを申し出る。

 

後半は言ったけど、なんか話が全然進まない。このヒョヌとかって、まじで気持ち悪いし。うーん。下は、婚約の取り消しを言いだすダンプンと拒絶するヒョヌの図。

  

Nikukutemo94                            

2010年1月23日 (土)

視聴中『シングルパパは熱愛中』第1話~第4話

シングルパパは熱愛中 [DVD]

全16話 オ・ジホ ホ・イジェ 2008年

 

タイトル、パッケージ、出演者、すべてがコメディーを思われるのですが、どうもレビューサイトなんかを見ると、コメディー要素は最初だけらしいです。ということは、期待せずにコメディーではないものと思ってみたいと思います。

  

カン・ブンホ(オ・ジホ)は、昼は害虫駆除、夜は闇格闘技の世界で活動するシングルファザー。息子のサンと二人暮らしをしている。一方、チョン・ハリ(ホ・イジェ)は、研修医。まだまだ半人前だけど、趣味のピアノを弾きながら、勉強の日々。あるとき、ハリは、運んでいた人体模型をブンホの車にひかれてしまう。ここから二人の出会いは始まっていく。最初は、お互いにいがみあっただけだったが、少しづつお互いを理解していく。そんなあるとき、ブンホの元妻で有名なピアニストのソイ(カン・ソンヨン)が帰国する。一緒に帰国したのは、ソイのスポンサーで、ハリの父だった。

ハリの弾くピアノを聴いて、自分もピアノがしたいと言い出すサン。しかし、ブンホは猛反対。ハリがこっそり観にピアノを持ってきて教えようとするが、気づいたブンホは激しく怒る。そんなピアノ嫌いの意味がわからないハリ。それは、自分と子供を6年前に捨てていった、ソイに対する感情からだった。それでも、ブンホに興味を持ったハリは、ブンホに近づいていく。そんなハリをたまたま見かけたソイ。ソイは、ハリにブンホとの関係を聞くと、彼氏ではないが、自分の好きな人、と答えるハリに、ソイは複雑な表情を見せる。そんなソイに対して、自分の父との関係を考え、好感を持たないハリ。

大会のPRビデオを撮ると、ブンホの試合にやってきたハリ。大騒ぎでブンホの試合を応援するが、その後ブンホは倒れてしまう。病院に運ばれる途中で意識が戻ったものの、ハリは心配でならない。そして、ビデオの編集をしようと、撮影したビデオを見たハリは、また心配になり、けがをしたら私がかけつける、主治医になると、救急箱をブンホにプレゼントする。ブンホもそれを受け取る。近づく二人を知ったソイは、二人を引き離そうと、ブンホを呼び出す。

 

当初、オ・ジホってごっついだけの照英みたいなもんかと思っていたけど、結構色々ドラマ観てると、味がありますね。あと、このドラマちょいちょい観たことある顔が・・・。雪の女王のゴヌ先生もいますよ。ゴヌ先生は相変わらず演技下手だなあ。下は、近づくブンホとハリの図。

  

Singlepapa4                           

2010年1月22日 (金)

視聴中『憎くても可愛くても』第75話~第82話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

たぶん、中身に感情移入できていないからだと思うのですが、外見的にあまり好きになれない登場人物が多いです。ちょっと感情移入できれば、外見的にも許せてくると思うのですが・・・。

  

形上、兄妹になってしまったダンプンとベコ。ベコは、ダンプンとは結ばれない運命なんだと、激しく落ち込んでしまう。ソンジェは、結婚を機会に、ダンプンの会社の企画本部長として働くことになり、ベコとダンプンの上司となる。そんなソンジェを見て、自分との実力の差を感じ、さらに落ち込んでしまうベコ。そして、ソンジェは、まってましたとばかりに、会社の仕事に打ち込んでいき、スアの相手はしなくなっていく。スアは会社と結婚したのかといらつく。

一方、ダンプンは、ヒョヌとの婚約が、親同士で勝手に進められていってしまう。まだ気持ちの準備ができていないというダンプンであったが、両親はかまわず進めていく。ヒョヌにもその想いを伝えるが、ヒョヌも大丈夫と、そのまま進めようとする。そんな時、ヒョヌはベコとダンプンのことで言い争い、ベコを殴ってしまう。そして、それを見たダンプンは、ヒョヌから少しづつ気持ちが離れていく。そして、ベコが自分を思っていることを知ると、少しづつ意識をしていく。

そんな時、ダンプンは仕事であの冷凍倉庫に行く。そこで、管理者から冷凍倉庫に閉じ込められた時の話を聞き、ベコが自分を助けたときの必死さが伝わってきて、また心が揺れていく。そんな中で、想いを募らせたベコ、ついにダンプンを抱きしめてしまう。

 

相変わらずです。もう真ん中です。どうしてくれるんでしょう。下は、ダンプンを抱きしめるベコの図。

  

Nikukutemo82                           

視聴中『憎くても可愛くても』第67話~第74話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

相変わらずダラダラきています。誰か感情移入できるような登場人物がいりゃあいんですけど。

  

ヒョヌに殴られたベコは、ヒョヌに対して、ダンプンへの気持ちを封印することを告げる。そして、意識的にダンプンとの距離を置こうとするベコ。そんなあるとき、臨時で冷凍倉庫の管理をすることになったベコの元に、様子を見にダンプンがやってくる。すると、二人は、間違って鍵をかけられてしまった冷凍倉庫に閉じ込められることに。凍えそうな中、意識を失っていくダンプンに必死で服を着せて声をかけ続けるベコ。すると、そこに電話に出ないのを不審に思ったヒョヌがやってきて、間一髪二人は助けられる。

なんとか事なきを得た二人であったが、ベコは相変わらずダンプンと距離を置こうと意識的にダンプンを避ける。一方のダンプンは、冷凍倉庫の一件により、ベコを見直しており、ただの部下から、対男としての感情に変わり始めるのであった。一方ジヨンは、ソンジェへの想いを断ち切ろうと、努力を続ける日々。そんなジヨンの前に、二人の男性が現れる。一人は、迷い犬を届けてあげた男性、もう一人は留学から戻った先輩のウジンだった。

また、ソンジェとスアは、どちらの家に同居するかでもめ続けるが、最終的にはスアが折れる形で、ソンジェの家に同居することになる。そんなスアに対して、ソンジェも少しづつ、女性としての感情を持ち始めるのであった。そして、結婚式を迎える二人。結婚式会場にやってきたダンプンは、ベコと遭遇してしまう。

 

やっぱ、よくわかりません。特にこのソンジェという男。ある種リアルと言うかなんというか。ドラマとしては最低レベルの登場人物。唯一許せるのはジヨンくらいかな。下は結婚式会場で遭遇したベコとダンプンの図。

  

Nikukutemo74                           

視聴中『ソニジニ』第9話~第12話

ソニジニ DVD-BOX1

全16話 パク・ヨンウ ソン・イェジン 2001年

 

『ガラスの靴』級の油っこさが欲しかったのですが、そこまでではないみたい。悪役が今一悪に徹しきれていないので、そこの違いかと思います。設定的にそこまではできないですかね。

  

ジュンソプの気持ちを聞いたジニは、大きなショックを受ける。と同時に、ソニに対しては、なんとも言えない気持ちを抱くようになり始める。そんな中で、ジュンソプの父である会長は、ジュンソプにジニを結婚相手として勧める。しかし、ジュンソプは好きな人がいると言う。会長は、その相手を調べさせるが、素性が気に入らなかったのか、ソニを猛反対することになる。そして、ジニを呼び出しては婚約者のような扱いをする。会長の傍で働くサンウォンは、複雑な想い。

ジニの父は、ソニらが汚染問題を調べていることを知り、ソニのいる団体を陥れようと、嘘の告発をする。すると、ソニの伯父は逮捕されてしまうことになる。それでも、ソニは戦い続ける。そんな中で、孤児院の子供たちが次々と癌に冒されているのが、水質汚染が原因だとわかる。ソニは、何とかその汚染源を調べようと調査を進める。そんなソニに危機感を感じたジニの父は、警察に言って抗議活動するソニを、あらぬ疑いで逮捕させてしまう。

結局、ソニは毅然とした対応をとり、世論を恐れた会社が告訴を取り下げることになる。そんな中、ジュンソプは会社の第2工場を孤児院を移転して造ろうとするが、ソニは真っ向反対。仕事面ではソニとジュンソプが対立する構図ができてしまう。そして、相手方にはジニもいた。そして、ジュンソプが会長の息子であると知ってしまったソニは、複雑になるが、ジュンソプがプロポーズし、答える決意をする。そして、世論を考えた会長は、環境問題に取り組んでいるソニと結婚させることで、イメージアップできるものと考え、一転してジュンソプとの結婚を認めることに。

あるとき、ソニの父の工場で一緒に働いていた部下が、ソニとジュンソプに会い、ソニの父の死が、ジニの父と関係しているかもしれない、という話を聞かされる。そして、ソニに、真実を自分が暴くという決意を伝えるのだった。

 

展開は早い。無駄がないですね。色々詰め込んでいるところは、さすが古い韓国ドラマといったところでしょうか。なかなか楽しめます。決意を伝えるジュンソプとそれを聞くソニの図。

  

Sonijini12                         

視聴中『憎くても可愛くても』第55話~第66話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

まだ序盤なんですよー、このドラマ・・・。

  

ソンジェに突き放されたジヨンは、姿を消してしまう。ジヨン父も必死で探すが、見つからない。そんな時、ジヨンを振った相手がソンジェだと知ったベコは、ソンジェに対する怒りをあらわにする。そんなベコにジヨンが姿を消したと聞かされ、ソンジェは動揺する。酒を飲み、ジヨンの名前を連呼するソンジェの姿を見て、ソンジェの父は、ソンジェは金のためにスアと結婚しようろしているのではないかと思うようになる。ジヨンは一時睡眠薬を飲むなど落ち込んでいたが、少しづつ気分転換をして忘れる努力を始めるようになる。

ソンジェは、スアの祖母に、同居を勧められる。スアももちろんそのつもり。ソンジェも金持ちになるために結婚するわけだから、断る理由がない。しかし、婿養子になることを強く反対したのはソンジェの父だった。直接スアの父に会い、同居はさせないと宣言する。スアの父も了承し、話は白紙に。ソンジェはなんで自分の話を勝手に進めるのかと怒るが、これに対して妹であるダンプンも、お金につられてせいぜい幸せになれば、と突き放す。

一方、ベコは、CAの彼女が二股をかけていたことを知り、振られてしまう。ショックを受けるベコに対して、ダンプンは明るさだけが取り柄のベコを心配する。これをきっかけに少しづつ近づく二人の距離だったが、それを察したヒョヌは黙っていられない。とうとう、ベコにダンプンのことが好きなのか、と問い、ベコも好きだと答えてしまう。そして、ヒョヌはベコを殴りつける。

 

正直、誰の感情も理解しがたい感じ。脚本に難あり。下は、兄に切れるダンプンの図。

  

Nikukutemo66                         

視聴中『ソニジニ』第5話~第8話

ソニジニ DVD-BOX1

全16話 パク・ヨンウ ソン・イェジン 2001年

 

想像以上に密度のこいードラマです。かなり油っこい。どうせ油っこいなら、徹底的にやってほしいです。この時代のドラマなので、徹底的な油っこさが期待できそう。

  

ソニの父は、汚水処理をしようとしないジニの父と会社の会長に詰め寄るが、聞く耳を持たない。そして、証拠書類を持つソニの父と雨の中もみ合うジニの父。そして、はずみでソニ父は屋上から落ちて、死んでしまう。ジニの父は会長と相談し、この事件は隠すことに。その上、ソニの父が会社の金を横領したように見せかけて、ソニ一家を落とし込む。転落してしまったソニ一家。ソニは大事な受験の時期だったが、アルバイトをしはじめ、ソニ母も働き始める。

一方、そんなソニを憐れみながらも、ジュンソプの想いを受けるソニに対して、邪魔をしてしまうジニ。ソニはジュンソプと連絡が取れないまま、ジュンソプは留学に行ってしまう。そして、苦しい立場に追い込まれたソニ一家は、なんとか仕事をして生き延びる。しかしそんな中で、ソニの母は疲れのためか、がけから落ちて死んでしまう。両親を二人とも失ったソニ。幼い妹とともに途方に暮れる。そして、叔父に引き取られたソニ。ジニは大学に通うが、ソニはその大学の食堂で働くのだった。

五年後、ソニとジニはお互いの生活を送っており、連絡はとれなくなっていた。ソニは、叔父の運営する環境問題に取り組む団体に、ジニは父と同じ会社で働いていた。そこに、ジニの会社の会長の息子でもあるジュンソプが戻ってくる。ジュンソプと再会を果たしたジニ。しかし、ジュンソプの気持ちは5年も連絡の取れないソニに向かったままだった。ジュンソプは、友人のサンウォンに頼み、ソニを必死で探す。そして、サンウォンはソニを発見し、ソニとジュンソプが再会を果たす。

再会したジュンソプは、ソニへの想いをさらに募らせ、ソニもまた同じ思いだった。しかし、ジュンソプの父は、ソニの団体を敵視しており、ジニの父とともになんとか潰そうと考えていた。そんなことは知らないジュンソプ、ソニへのプロポーズを決意する。そんな中、ジニはジュンソプに告白をする。しかし、ジュンソプはソニが好きだと言って受け入れない。

 

こいーですね、内容が。まだ半分なのにドロドロ具合半端じゃないです。いいですね、この感じ。韓国ドラマを見ているって感じです。チョアエヨ。下は久々の再会を果たしたジュンソプとソニの図。

  

Sonijini8                        

2010年1月21日 (木)

視聴中『憎くても可愛くても』第47話~第54話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

今一のままだなあ。どうしましょ。根性で見続けましょうか。

  

ジヨンにお金を置いて去ってしまったソンジェの母。ジヨンはすぐにお金を返すが、叔母がついついそのお金を受け取ってしまう。ソンジェ母は、これでソンジェがスアとの交際に専念できると安心する。そして、叔母が金を受け取ってしまったことを知ったジヨンは、ショックで寝込んでしまう。一方のベコは、さらにダンプンのことが気になる。何をするにしても、気づくとダンプンのことばっかり見てしまっているベコ。そんなベコにヒョヌも気づき、気が気じゃない。

ジヨンは相変わらずソンジェに振られて立ち直れない状態。そんなソンジェを見かねた、親戚であるベコは、ジヨンを励ますために遊びに連れ出す。そんな折、ベコはとうとう、ジヨンが降られた相手が、スアの相手であるソンジェであることを知ってしまう。

あるとき、ダンプンらの会社では、開発した商品をなんとか他者との差別化をはかろうとし、広告写真の撮影をすることに。当初はベコとほかの社員とで撮影する予定だったが、その女性社員が顔にできものができてしまい、急きょ相手役をダンプンが務めることに。撮影所に入ると、そこは競合する社内のカップルたちが集合していた。そこまでの準備をしていなかったダンプンとベコらだったが、急きょベコはダンプンをお姫様だっこし、意地でも勝とうとする。

 

オットッケー。全く盛り上がらない。チル姫が懐かしい。下は、お姫様だっこするベコとダンプンの図。

  

Nikukutemo54                        

2010年1月20日 (水)

視聴中『憎くても可愛くても』第39話~第46話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

帯ものホームドラマって、基本的にはさわやかにまとめてるものが圧倒的なわけなんですが、なんかさわやかっぽい雰囲気は作ろうとしているのはよくわかるんですが、今一油っこい。微妙ですな。

  

スア父からの投資を受けたことで、スアとの関係を徐々に止めることのできなくなるソンジェ。ジヨンはソンジェの変化に気付きながらも、いづれは戻るものと思い、ただ耐えるのみ。しかし、結局ソンジェはスア祖母にスアと交際をする宣言をしてしまう。何も知らないジヨンはただ待つばかり。ソンジェもなかなか切り出すことができない。そんなとき、ジヨンはとうとうソンジェの会社に来ると、スアと腕を組んでいるソンジェを目撃。そして、ソンジェに別れを告げられる。

ダンプンとベコは、仕事のパートナーとして少しづつ充実し始める。そんな中で、ダンプンはヒョヌと、ベコも紹介で知り合ったCAと交際を進めている。しかし、ベコはキス以来どうしてもダンプンが気になり始める。交際している相手がいるのに、デートしていてもあまり本気モードにはならず。ダンプンもまた、意外なベコの優しさなどを見ることで、少しづつベコのことを見直すようになっていく。

ソンジェに別れを告げられたジヨンは、大きなショックを受ける。何度かソンジェに連絡を取ろうとするが、ソンジェは受け付けない。一方、ジヨンにソンジェの話を聞いたジヨンの家族は怒り心頭。ソンジェの家に殴りこみに行く。そんな態度に、ソンジェの母は反発するが、ジヨンの叔母の訴えるという発言を聞き、金で解決しようと考える。そして、ジヨンを呼び出し、ソンジェの母はジヨンに金を差し出す。

 

ありきたりで普通すぎる展開。やっぱり設定が足りなすぎるし、主役が主役になってなさすぎる。せっかくのハン・ジヘがこの役じゃもったいない。ジヨンのポジションの方がよかったんじゃないでしょうか。下は、パートナーベコと仕事するダンプンの図。

  

Nikukutemo46                        

2010年1月19日 (火)

視聴終了『彼女がラブハンター』第13話~最終回16話

彼女がラブハンター DVD-BOX I

 

全16話 オ・ジホ オム・ジョンファ 2007年

 

ここまで予想以上に面白かったこのドラマ、いよいよラストです。やっぱり役者に恵まれている感がありますね。主役二人はもちろん、カン・ソンジンもけっこういい味出してる。ワインを開ける悪魔さんでは気持ち悪いおじさんにしか見えなかったけど。

  

マンスの真実にショックを受けたスジョン。生まれて初めて泣いている姿を人に見せることになる。そんな姿を見たマンスもまた大きなショックを受ける。そして、マンスの元を離れる決意をしたスジョン。しかし、マンスはなんとかつなぎとめようとする。そんなとき、マンスの父がアメリカからやってくる。8年前の事情を知る父は、スジョンから引き離し、引っ張ってでもアメリカに連れて帰ろうとする。出発前、最後にスジョンに想いを伝えるマンス。しかし、これはデスンの妨害により、スジョンに届かず、マンスも誤解したままアメリカに行くことに。

一年後、デスンとスジョンの立場は逆転していた。デスンはスジョンのデザインを盗んで、大企業に就職していた。また、マンスも、アメリカに行ってもゴルフはスランプに陥り、結果が出ない状態。そんなマンス、自分がなくした携帯を今でもスジョンが持っていることを知り、韓国に戻ることを決める。韓国では、スジョンは、デスンにより大量の不良在庫を抱えてしまうことになる。詐欺師から足を洗うことに決めていたウタクは、なんとか助けようと、デザインを盗んだ証拠を見つけ出し、デスンを追いこむことに。また、そんな場面をたまたま見たマンスは、デスンの悪事のすべてを把握する。

そして、マンスは久しぶりの大会に出ることに。スジョンには、優勝したらプロポーズすると告げる。序盤不調のマンス。途中、ギャラリーの中にスジョンがいることを見たマンスは、3位くらいは狙える位置だったものの、敢えて優勝にチャレンジし、破れてしまう。記者会見の場面、終わる寸前会場にスジョンがやってくる。そして、質問があります、35歳の負け犬女にプロポーズされたらどうしますか、と。

そして、二人は今度こそ結婚式を追える。スジョンの両親とともに、あんな夫婦になろうと誓う二人であった。(完)

 

さすがにきれいにまとめてくれました。最後まで当初の期待以上のできで、満足でございます。第38位にランクイン。下は、3度目の正直結婚式のスジョンとマンスの図。

  

Lovehunter16                      

視聴中『憎くても可愛くても』第31話~第38話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

相変わらず盛り上がりなしなうえに、イラっとする登場人物多すぎ。多分最後になっていけばいい人になっていくんだろうけど、今のところ全然盛り上がりません。

  

ベコの作ったサンプルが、なんとか認められ、事なきを得たダンプンとベコら。しかし、そんな二人を見て、ヒョヌは自分が忘れられていたこともあり、面白くない。友人にダンプンをお披露目するときにも、たまたまベコと一緒に来てしまい、嫉妬しきり。一方、ソンジェは、自分の持っていた投資先が株価が落ちてしまい、取引先から信用を失い始めてしまう。なんとか信頼を回復しようと奔走するソンジェだが、見通しは良くない。

大変な状況のソンジェを知ったスアは、新しい大口の投資先さえ見つかればソンジェは助かるという話を聞き、家族になんとかしてもらおうと、祖母に相談。しかし、祖母はなかなか首を縦に振らない。ジヨンは、仕事が忙しいソンジェに相手してもらえない状況が続くが、なんとか耐える日々。そんなあるとき、スアにソンジェの大変な状況を知らされる。自分には何も相談してくれないソンジェに、力になれないとはいえ残念な思いでいっぱい。

一方、ダンプンの部署では、ベコの作った企画を始めようとするが、なかなかそれをかなえるのは難しそう。色々な工場を訪ねて、実現可能かどうか尋ねるが、なかなか見つからない。しかし、ようやく見つかり喜ぶ二人。その喜んだはずみでキスをしてしまい、お互い意識するように。一方スアは、ソンジェの状況を父に相談。スア父は、投資先を調べて、問題ないと判断し、投資をすることに。

 

入り組んでてややこしい。そういえば、見覚えあると思っていたスア役の人、誰かと思ったら雪の女王のユ・イニョンですね。あんま特徴ないんだけど、まあこういう役は合ってるのかも。下は、はずみでキスしたダンプンとベコの図。

  

Nikukutemo38                      

視聴中『彼女がラブハンター』第9話~第12話

彼女がラブハンター DVD-BOX I

 

全16話 オ・ジホ オム・ジョンファ 2007年

 

ようやく視聴再開。今のところ、私の好きなタイプのコメディーになっています。脇役はうざすぎず、笑いも無理やり感がないレベルで、落ち着いて見れます。ここから中盤後半に向けての展開が重要ですね。

  

突然のプロポーズに困惑するスジョン。なんとなくはぐらかしてるうちに、OKと思われ、ウタクは結婚の準備を進めていく。そんな中で、マンスとスジョンの8年前の関係が、記事になってしまう。噂は広がり、マンスは厳しい立場に。そんなマンスを見かねたスジョンは、何とか救おうと、インターネットに書き込みをするなどで応戦するが、逆に逮捕されてしまう。そのころマンスは、スジョンの母に呼び出され、スジョンと会うなと言われる。その時、8年前の真実を知ってしまうことになる。条件を求めて逃げたと思っていたスジョンが、実は自分を愛していて、家族のためにやむなく条件を選んだのだと。

現在の気持ちを確かめようと、スジョンのところにやってきたマンス。マンスに対して、あなたが好きと言うスジョン。好きでも一緒になれないと言うスジョンに対して、おめでとう、と言って去っていくマンス。マンスは、ウタクに対して、詐欺はやめだと言うが、ウタクは聞かない。ウタクも本気になりかけていたのだ。そして、ウタクとの結婚式の日がやってくる。いざ入場と言うところで、スジョンの父はスジョンに対して、家族のためならやめておけ、と言う。それを聞いたスジョンは、その場からまたしても逃げ出す。そして、式場を出たところで、マンスと出会う。二人は一緒に逃げるのだった。

楽しい一時を送るスジョンとマンス。二人は、運命を共にする覚悟をするのだった。しかし、そこには一つの誤解が残っていた。スジョンはマンスが借金を抱えている一文なしだと思ったままだったのだ。今までの詐欺の経緯を知られると、スジョンは去ってしまうかもしれないと思ったマンスは、スジョンに本当のことを言えず、ウタクにも口止めをする。マンスは、何度か自分の口から言おうとするが、なかなか言うことができない。そんなことをしているうちに、スジョンはデスンにすべてを聞かされてしまうのだった。

ショックを受けるスジョン。マンスの家に戻ると、そこには、プロポーズをしようと準備していたマンスがいた。そのマンスに対して、あなたが私を許せなかった気持ちがようやくわかった。私もあなたを許せそうもないと泣き崩れる。

 

なかなか面白いです。お互いの気持ちが鮮明になっていく過程を、うまく描いていると思います。中盤で泣かされるレベルの展開があるとは思わなかった。ラストに期待します。下は楽しい一時を過ごすマンスとスジョンの図。

  

Lovehunter12_2                     

視聴中『憎くても可愛くても』第23話~第30話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

なんかやっぱだらだらしたドラマ。長編帯ものとしても、ここまでダラダラしたのはそうそうないかな。設定が普通すぎるのかも。高視聴率だったらしいんだけどなあ。

  

スアの祖母とソンジェの母は、双方が知り合いとは知らず、二人をお見合いさせることに。会ってみて驚く二人。スアはこれをきっかけに、ソンジェ母に絵を送ったりして、取り入り始める。一方ソンジェは、スアから父の会社が投資の顧客になるかもしれないと言われ、その規模に迷い始める。そして、一時スアになびこうかと迷いが生じるが、さすがにジヨンを裏切れないと考えて、自分の気持ちが揺れる前にジヨンと結婚をしようと思う。

そのころ、ベコの伯父は、会社の後輩ソーニャが男に絡まれたところを助けるはずみで、その男に怪我をさせてしまう。これにより訴えられた叔父は、逮捕されてしまうことに。こうなると、困るのが叔父の息子。仕方なく、ベコが預かることに。しかし、仕事も始めているベコは、会社に連れて行ったりスア一家に連れていったりで、大ひんしゅくを買うことに。

ジヨンと結婚することを決めたソンジェは、母が反対する中も、家に連れて行って顔合わせをすることに。ソンジェ父は、歓迎して受け入れるが、母は全く気に入らない。家族構成に文句をつけて、ソンジェには釣り合わないの一点張り。しかしここれ折れられないソンジェも、ジヨンと結婚するときっぱり。そのころ、ベコは会社で試作品を食べてしまう大失態。ダンプンがその責任を負わされることになる。ベコはさすがに罪悪感を感じで何とかしようとするが・・・。

 

なんか平凡すぎて、まったく盛り上がりません。子供がいるとか、離婚しているとか、夫が死んでいるとか、その類の設定がないと、感情移入しづらいかも。長丁場、耐えられるか。親にジヨンを紹介するソンジェの図。

  

Nikukutemo30                     

視聴中『憎くても可愛くても』第11話~第22話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

こんだけの話数のあるドラマは、10話や20話観たところで、なかなか話も進まないし、相関関係もあまり見えてこないものです。それはわかっているんですが、どうなんでしょう、このドラマは。

  

あるとき、ベコをサウナで見かけたダンプンは、ベコの伯父の子供を見て、ベコが子持ちだと勘違いする。そして、少し同情し、子供のためと思い、試食品をわけてあげたりするようになる。そんなベコとダンプンを見て、ダンプンに想いを寄せるヒョヌは誤解をするが、それが誤解だとわかると、ダンプンにどんどんアプローチをかけていく。また、ベコの母は、スアの父と結婚をとうとうすることになる。当初、ベコはこの家族と同居はしないでいたが、結局スアの父がベコを同居させることにする。

一方、スアは、気に入ったソンジェにどんどん近づいていく。投資会社に勤めるソンジェは、顧客としてやってきたスアが、自分に興味を持っていることが感じつつも、客である以上ないがしろにはできず、相手をすることに。そんなソンジェを見て、少し不安になるジヨンであった。またスアもそんなジヨンを見て敢えて挑発的な態度をとる。

スア一家と一緒に住み始めたベコは、またスア父の勧めにより、父の会社で働くことに。しかし、父はこの時点では勉強させようと思っているため、臨時契約社員での採用。そんなことを知らなかったベコは喜んで初出勤。すると、配属された部署は、ダンプンがチーム長を務める部署だった。ダンプンに驚き、さらに自分の契約区分に驚くベコ。しかし、仕事は全くできず、相変わらずスア父からもらったカードで買い物するなど、ダメ人間のベコは続く。

 

長いこと見てもあんまりストーリーは進まないし、なんか、長丁場持つのかすごく不安。まだまだ序盤の序盤なんだよなあ・・・。下は初出勤のベコの図。

  

Nikukutemo23                        

2010年1月18日 (月)

視聴中『ソニジニ』第1話~第4話

ソニジニ DVD-BOX1

全16話 パク・ヨンウ ソン・イェジン 2001年

 

前評判とか見ても、まったくもって興味がわかないドラマなわけですが、まあイェジンssiのドラマなので、観てみます。期待は限りなくゼロです。若いイェジンssiだけを楽しみに・・・。

  

ソニ(ソン・イェジン)とジニは、同じ時間に同じ病院で生まれた高校生の幼馴染。ソニは地元工場の工場長の娘で、ジニはその向上に努める課長の娘。そんな関係ながら、二人は大の仲良しだった。しかし、ソニは学校でも優等生として扱われるものの、ジニはいつも問題児扱い。そんなジニは、大学に行くためのお金を貯めると言って、あやしいクラブで歌を歌うバイトを始める。しかし、そこにうるさい学校の先生が現れる。遊びに来ていたソニと一緒に逃げるジニ。その時、ジュンソプ(パク・ヨンウ)とサンウォン(ユン・テヨン)にぶつかる。

再会したソニジニとジュンソプは、最初は最悪の印象ながら、お互いを知ると、好感を持ちあうように。3人で一緒に食事に行ったりする仲になる。そんなあるとき、ジニはバイトのお金をもらうために、副店長のサンウォンを訪ねる。サンウォンはお金を出してもいいが、ソニを呼んで、ジュンソプと4人で遊んでくれればお金を渡すと言う。仕方なくそれに乗るジニ。しかし、ソニを気に入っていたサンウォンは、ソニを押し倒してしまう。ソニはジニに売られたと思い憤り、帰ってしまう。

その後、それでも仲直りをしたソニとジニ。そして、また3人で食事をすることになるが、ソニはいけなくなってしまう。ジニだけジュンソプと会うが、旧ん位ソウルに戻らなくてはいけなくなったと言い、二人にそれぞれプレゼントを持ってきていた。しかし、ジュンソプを気に入っているジニは、ソニの分のプレゼントをソニには渡さなかった。プレゼントのメッセージには、ソニを気に入っている素振りがあったからだ。

そんなころ、ジニの父は、会社の会長とともに策略を立て、邪魔であるソニの父をのけものにしようと考える。そして、とうとうジニの父は工場長となり、ソニの父は工場長の座から降りることになってしまう。しかし、ジニの父は、汚染物質の廃棄など、悪い行動に出始める。

 

いまのところは思ったよりは面白い感じ。意外と出てる役者がいい感じです。特にジニ役の人、あんまり見たことないけど、けっこう可愛い。あと、ユン・テヨン。太王四神記でおなじみですね。個性的でいい味出してます。下は学校に通うソニとジニの図。

  

Sonijini4                        

2010年1月17日 (日)

視聴中『憎くても可愛くても』第1話~第10話

憎くても可愛くても DVD-BOX1

全172話 キム・ジソク ハン・ジヘ 2007年

 

またまた手を出してしまいました。一本30分の長編ホームコメディ。視聴率が結構良かったっていうのと、ハン・ジヘが好きっていうので、いずれは観るつもりでいましたが、長編もの連発です。気合いです。

  

ナ・ダンプン(ハン・ジヘ)は、食品会社に勤めるキャリアウーマン。このたびとうとうチーム長に昇格。順風満帆、元気に仕事をこなす。あるとき、ひょんなことからグータラフリーターのカン・ベコ(キム・ジソク)と出会う。出会いは最悪。ベコがダンプンの車をけったはずみでドアミラーを壊してしまったり、試食品をベコが全部食いつくしてしまったり、ダンプンもダンプンで、悪くないのにベコに逆切れしてしまったり、とにかく合わないが、何故か偶然遭遇することが多い。

そんなベコの母親は、とある男性から再婚のプロポーズをされる。この男性、その昔相思相愛の関係に会った人だった。最初は猛反対するベコであったが、その相手マンスが、大会社の社長であることを知って、賛成に回ることに。しかし、マンスの母の反対もあり、ベコの母はなかなかOKできないでいた。そんな中であったが、子供通しの顔合わせをすることになる。やってきたベコ。そして、そこに現れたマンスの娘は、以前クラブで大ゲンカをした相手、スアだった。

スアは、ベコをチンピラだと思っており、猛反対を始める。そんなスアは、欲しいものは何でも手に入れるわがまま娘。そして、そんなスアにふと目につく男がいた。それはダンプンの兄であるソンジェだった。ソンジェには、ジヨンという恋人がいた。それを知ったスアは、なんでも欲しがる癖から、奪ってしまおうと考え始める。

 

ホームドラマ特有の、登場人物があっち行ってこっち行ってまた戻っての複雑な状態。整理できるのに何話かかるんでしょうか。そういう意味では、あんまり登場人物のいないクムスンなんかは、よくできていたんだな、と今更思います。下は、仕事中のダンプンの図。

  

Nikukutemo10                        

2010年1月16日 (土)

視聴終了『9回裏2アウト』第13話~最終回16話

9回裏2アウト [DVD]

全16話 イ・ジョンジン スエ 2007年

 

出足はいいかな、とか思っていたけど、結局なんか微妙な感じになりつつあります。最後詰まらなきゃ終わりだな。いつものスエってことで。

  

小説の公募が終わったら家を出ると言うナニ。ヒョンテはナニと一緒にいたい気持ちを持ちつつも、ソンアもいることから、それを受け入れることにする。ソンアと付き合い続けるヒョンテは、ナニへの想いを断ち切ることができず、中途半端な気持ちのまま。一方のナニも、他の友人からプロポーズされたりするものの、結局ヒョンテのことを考えてしまう。そして、ナニは小説、ヒョンテはギタリストであるソンアの公演準備のため忙しく、すれ違う日々。

公募も終わり、引っ越しを済ませるナニ。ナニが出ていき、ヒョンテも寂しさを隠せない。そして、ソンアを益々受け入れることができなくなってきてしまう。お互い気持ちを確認できないまま、すれ違いだけが続いていく。そして、公募に落ちて傷心のナニ。傷心のまま、ヒョンテのいるマンションへ行く。するとそこにヒョンテが。二人は気持ちを抑えきれず、長いキスをする。

お互いの気持ちが分かり、もうナニへの気持ちを抑えられないヒョンテは、ソンアに別れを告げる。うすうす感づいていたソンアは、受け入れることにする。そして、二人はとうとう正式に付き合い始めることに。公募はダメだったが、ナニはまだ小説の道を諦めない。そのころ、アメリカにわたっていたジョンジュは、メジャー昇格を果たしていた。

ナニにプロポーズをするヒョンテ。しかし、ナニはヒョンテに、もう少し恋愛がしたいとプロポーズを保留する。ヒョンテも同意。焦らず、人生を楽しむことにしたナニであった。(完)

 

最後勝手に脚色したけど、多分言いたいことはこんなところでしょう。まあ、つまらない部類のドラマでしたね。役者もいまいち、ストーリーもいまいち。第148位です。下は未来を考えるヒョンテとナニの図。

  

9kaiura16                        

視聴終了『姉さん』第52話~最終回55話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

さあ、ラストです。まあまあここまで楽しませてくれました。特にホ・ヨンランには。途中完全にソン・ユナ食ってたよなあ。さて、どんなラストになるか。

  

叔母の通報により、間一髪パトカーがやってきて難を逃れたスンジュ父。しかし、民事告訴はスンジュ父によって取り下げられたものの、刑事事件として、叔母は結局逮捕されてしまう。激しく抵抗するスア母とスア父。そしてスアもその現場に居合わせ、益々正気を保てなくなっていく。そんな折、とうとうゴヌの母がスンジュを認めることになり、二人は結婚をすることに。結婚を知ったスアは、勝手に一人でドレスの試着に行き、婚約者とロシアに行くと妄想をする。

貸金業者も逮捕され、とうとうスア一家は何も無くなる。スアの状況はひどくなっていく。しかし、時折正気に戻り、ゴヌとスンジュの結婚式場に現れると、おめでとうだけ言って去っていく。しかし薬を飲まないスア。どんどん状態は悪くなり、ロシアにゴヌと一緒に行く妄想が膨らむ。ゴヌは否定しつつも、哀れに思うのであった。そして、スアは状態も悪く入院することに。入院費はせめてもとスンジュが出す。

父とともに会社を再建し、成し遂げられなかった事業に再び着手するスンジュ。ゴヌも教授となり、順風満帆な再スタートを切る。一年後、スンジュは応募したデザインが認められ、イタリアでの研修を受けることができるようになっていた。ゴヌに行くように勧められ、イタリア行きを決心するスンジュ。家族そしてスアとも別れをする。スアは相変わらず入院しているが、少しづつ精神状態も落ち着き始めていた。

旅立ちの日、イタリアに向かうスンジュと見送るゴヌと家族。悲壮感はなく、未来に向かう笑顔での旅立ちとなった。(完)

 

まあ、きれいにまとめました。にしてもスアは最後くらいもう少し幸せにしてあげたかった・・・。あんまり脇役に感情移入することはないのですが、このドラマに関してはスア一辺倒でした。というわけで第90位にランクイン。下は結婚式のゴヌとスンジュの図。

  

Neesan55                         

視聴中『9回裏2アウト』第9話~第12話

9回裏2アウト [DVD]

全16話 イ・ジョンジン スエ 2007年

 

そういえば、イ・ジョンジンって、ペ・ヨンジュンに似てるとかたまに言われますよね。「眼鏡を外したペ・ヨンジュン」とか「品のないペ・ヨンジュン」ってとこでしょうか。私が勝手に思っただけなので、クレームはご勘弁を。

  

ジョンジュの両親に出くわしてしまったナニ。そこで、マイナーリーグに合格していたことを知らされる。自分のためにアメリカを諦めようとしていたことを知り、ショックを受けるナニ。そして、とうとうジョンジュに別れを告げることに。そしてジョンジュはアメリカに行く。傷心のナニ。そんなナニを慰めるヒョンテ。そんなある日、ナニは旅行券が当選する。ジョンジュと一緒に行くために応募していたものであったが、ヒョンテと一緒に行くことに。

一緒に行った旅行先で、ヒョンテは想いを抑えきれず、とうとうナニに告白してしまう。ナニは傷心の中であり、受け入れる気にはなれず、とりあえず旅行の期間中だけ恋人でいることに。短い恋人としての旅行を楽しむ二人。そして最後は思い出にとキスで締める。しかし翌日、意識しあってしまう二人は、家でも顔を合わせられず避けあってしまう。しかしそれでもなんとなく、友達以上恋人未満の関係を続ける二人。

そんなあるとき、ヒョンテがかつて愛して、長いこと忘れることのできない傷となっていた、ソンアが姿を現す。困惑するヒョンテに対して、やり直したいと言うソンア。しかし、ナニへの想いを断ち切る気持ちも含め、ヒョンテはソンアとやり直すことに。そんな二人を複雑な想いで見るナニ。実はこのソンア、以前ヒョンテと付き合っているときに二股しており、その事実をしっているのはナニだけだったのだ。こうして二人はまたすれち会うのだった。

 

ちょっと主役二人がくっつきそうな感じにはなってきました。まあなんだかダラダラとやっており、ちょっといらっとさせられます。下はソンアと再会するヒョンテの図。偽ヨン様。

  

9kaiura12                      

視聴中『姉さん』第46話~第51話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

いやー、ホ・ヨンラン、まじいいっす。パワープッシュ。なんでこんないい女優がいつまでも脇役なんでしょう。もったいない。そんなに若い女優じゃないから、このまま脇役路線なんでしょうね。

  

父の記憶が戻ったことをきっかけに、少しづつスア一家の悪事が暴かれていく。そして、そんな事態に気づき、叔母は逃げるようになり、叔父は戸惑うばかり。そして、スアは少しづつおかしくなっていく。今まで仲良くしていたゴヌの家に乗り込んで大暴れしたり。そして、とうとう倒れてしまうスア。入院するが、精神状態はおかしいまま。一方、ゴヌとスンジュが別れたことを知ったスンジュ父は、なんとか二人を元に戻そうとする。

証拠を積んで、叔父叔母はいつでも訴えられる状態。しかし、スンジュ父は、叔父叔母の良心を思い、すぐには動かない。そんな中で、その叔父叔母に協力していた貸金業者が、スンジュにより逮捕される。これにより叔父叔母にも捜査の手が及び、逃げまどうスア一家。そしてスアはさらに狂っていく。最初は暴れまくるだけだったが、今度はまったく記憶が無くなったかのように詩を読み続けて笑ったりする。スンジュ父はそんな姿を目の当たりにし、迷う。

そのころ、貸金業者はスンジュに逮捕の恨みを晴らそうと、スンジュ父を引き殺す計画を立てる。叔母を計画に巻き込みひき殺して叔母に罪をなすりつける算段。そんな中で、スンジュ父は、スアのことを思い、叔父叔母の訴えを退ける決意をする。それをしったスア母は、最後の良心を見せ、警察に行き、貸金業者の引き殺す計画を話しに行く。しかし、その車はスンジュ父の目の前まで迫っていた。

 

やべえな、ホ・ヨンラン。天国の階段のキム・テヒに匹敵する。美しい狂女。終盤これだけが見どころになってきました。下は狂うスアとそれを見るスンジュ父の図。

  

Neesan51                        

好きな韓国ドラマランキング 1月版②

画像版です。

 

Rank1_4

   

好きな韓国ドラマランキング 1月版

遅くなりましたが、1月分です。画像だと一部PCで小さくなってしまうようなので、またべた打ちに戻しましたが、内訳が入りません。なので、画像版もはっつけます。
 

順位 タイトル 俳優 女優 合計
1 雪の女王 ヒョンビン ソン・ユリ 97
2 春のワルツ ソ・ドヨン ハン・ヒョジュ 96
3 朱蒙 ソン・イルグク ハン・ヘジン 96
4 オールイン イ・ビョンホン ソン・ヘギョ 95
5 薯童謡 チョ・ヒョンジェ イ・ボヨン 92
6 冬のソナタ ペ・ヨンジュン チェ・ジウ 92
7 ランラン18歳 イ・ドンゴン ハン・ジヘ 88
8 フルハウス ソン・ヘギョ 88
9 ありがとうございます チャン・ヒョク コン・ヒョジン 88
10 チュ・ジフン ユン・ウネ 88
11 恋するハイエナ キム・ミンジョン ソ・イヒョン 87
12 夏の香り ソン・スンホン ソン・イェジン 87
13 バリでの出来事 チョ・インソン ハ・ジウォン 86
14 快刀ホン・ギルドン カン・ジファン ソン・ユリ 85
15 恋愛時代 カム・ウソン ソン・イェジン 84
16 魔王 オム・テウン シン・ミナ 84
17 1%の奇跡 カン・ドンウォン キム・ジョンファ 83
18 ごめん、愛してる ソ・ジソプ イム・スジョン 83
19 イルジメ イ・ジュンギ ハン・ヒョジュ 81
20 ファンタスティック・カップル オ・ジホ ハン・イェスル 79
21 復活 オム・テウン ハン・ジミン 78
22 コーヒープリンス1号店 コン・ユ ユン・ウネ 78
23 犬とオオカミの時間 イ・ジュンギ ナム・サンミ 78
24 グリーンローズ コ・ス イ・ダヘ 77
25 秋の童話 ソン・スンホン ソン・ヘギョ 75
26 ベートーベン・ウィルス キム・ミョンミン イ・ジア 74
27 オー!必勝 アン・ジェウク チェリム 73
28 ラブストーリー・イン・ハーバード キム・レウォン キム・テヒ 73
29 ファッション70’s チュ・ジンモ イ・ヨウォン 72
30 ラストダンスは私と一緒に チソン ユジン 72
31 京城スキャンダル カン・ジファン ハン・ジミン 71
32 ガラスの靴 ソ・ジソプ キム・ヒョンジュ 70
33 ロビイスト ソン・イルグク チャン・ジニョン 69
34 雲の階段 シン・ドンウク ハン・ジヘ 69
35 インスンはきれいだ キム・ミンジュン キム・ヒョンジュ 69
36 宮廷女官チャングムの誓い チ・ジニ イ・ヨンエ 68
37 勝手にしやがれ ヤン・ドングン イ・ナヨン 68
38 乾パン先生とこんぺいとう コン・ユ コン・ヒョジン 67
39 ニューハート チソン キム・ミンジョン 67
40 ホジュン チョン・グァンリョル ホン・チュンミン 66
41 ホテリアー ペ・ヨンジュン ソン・ユナ 66
42 銭の戦争 パク・シニャン パク・ジニ 65
43 大祚栄 チェ・スジョン パク・イェジン 65
44 秘密 キム・ミンジョン キム・ハヌル 65
45 噂のチル姫 パク・ヘジン イ・テラン 65
46 プラハの恋人 キム・ジュヒョク チョン・ドヨン 65
47 不良家族 キム・ミョンミン ナム・サンミ 64
48 プランダン チャン・ヒョク イ・ダヘ 64
49 ナイスガイ シン・ハギュン ハン・ジミン 63
50 星を射る チョ・インソン チョン・ドヨン 63
51 フレンズ ウォンビン 深田恭子 62
52 ファン・ジニ キム・ジェウォン ハ・ジウォン 61
53 パパ3人、ママ1人 チョ・ヒョンジェ ユジン 61
54 天女と詐欺師 アン・ジェウク キム・ミンソン 61
55 北京My love キム・ジェウォン ソン・フェイフェイ 61
56 白雪姫 イ・ワン キム・ジョンファ 61
57 新入社員 ムン・ジョンヒョク ハン・ガイン 61
58 商道 イ・ジェリョン キム・ヒョンジュ 60
59 外科医ポン・ダルヒ イ・ボムス イ・ヨウォン 60
60 オンエアー パク・ヨンハ ソン・ユナ 60
61 タルジャの春 イ・ミンギ チェリム 60
62 波乱万丈 チ・ジニ キム・ヒョンジュ 60
63 強敵たち イ・ジヌク チェリム 60
64 不良カップル リュ・スヨン シン・ウンギョン 59
65 透明人間チェ・ジャンス ユ・オソン チェ・シラ 59
66 プレゼント パク・ジョンチョル ソン・ユナ 59
67 マジック カン・ドンウォン キム・ヒョジン 59
68 春の日 チョ・インソン コ・ヒョンジョン 58
69 スマイルアゲイン イ・ドンゴン キム・ヒソン 58
70 快傑春香 ジェヒ ハン・チェヨン 58
71 サンドゥ、学校へ行こう コン・ヒョジン 58
72 太王四神記 ペ・ヨンジュン イ・ジア 58
73 大望 チャン・ヒョク イ・ヨウォン 58
74 カムバック!スネさん ユン・ダフン パク・ジニ 58
75 わが家 キム・ジェウォン ユ・ミン 58
76 私の名前はキムサムスン ヒョンビン キム・ソナ 58
77 海神 チェ・スジョン スエ 57
78 ラブレター チョ・ヒョンジェ スエ 57
79 ぶどう畑のあの男 オ・マンソク ユン・ウネ 57
80 太陽に向かって クォン・サンウ ミョン・セビン 57
81 いいかげんな興信所 イ・ミンギ イ・ウンソン 57
82 特殊捜査日誌 ユン・テヨン ソ・イヒョン 57
83 スポットライト チ・ジニ ソン・イェジン 57
84 空くらい地くらい パク・ヘジン ハン・ヒョジュ 56
85 人生は美しい キム・レウォン ハ・ジウォン 56
86 19歳の純情 イ・ミヌ ク・ヘソン 55
87 花よりも美しく キム・ミョンミン ハン・ゴウン 55
88 ウェディング リュ・シウォン チャン・ナラ 55
89 彼女が帰ってきた キム・ナムジン キム・ヒョジン 55
90 マイラブ・パッチ キム・ジェウォン チャン・ナラ 55
91 バラ色の人生 ソン・ヒョンジュ チェ・ジンシル 54
92 ワンダフルライフ キム・ジェウォン ユジン 54
93 花より男子 イ・ミンホ ク・ヘソン 54
94 魔女ユヒ ジェヒ ハン・ガイン 54
95 白い巨塔 キム・ミョンミン ソン・ソンミ 54
96 ビフォア&アフター整形外科 イ・ジヌク ソ・イヒョン 54
97 マイガール イ・ドンウク イ・ダヘ 53
98 愛するなら彼らのように イ・ドンゴン イ・ヒョリ 52
99 黄金のりんご キム・ジフン パク・ソルミ 52
100 ワインを開ける悪魔さん カン・ソンジン キム・ジョンファ 52
101 守護天使 キム・ミンジョン ソン・ヘギョ 51
102 母よ姉よ コ・ス キム・ソヨン 51
103 愛に狂う ユン・ゲサン イ・ミヨン 51
104 火の鳥 イ・ソジン イ・ウンジュ 50
105 サムデイ イ・ジヌク ペ・ドゥナ 50
106 彼女は最高 リュ・シウォン カン・ソンヨン 50
107 明朗少女成功記 チャン・ヒョク チャン・ナラ 50
108 九尾狐外伝 チョ・ヒョンジェ キム・テヒ 50
109 張禧嬪 チョン・グァンリョル キム・ヘス 50
110 ストック リュ・ジン パク・ジニ 50
111 君はどの星から来たの キム・レウォン チョン・リョウォン 50
112 がんばれ!クムスン カン・ジファン ハン・ヘジン 49
113 ミスターグッドバイ アン・ジェウク イ・ボヨン 49
114 食客 キム・レウォン ナム・サンミ 49
115 ロマンス キム・ジェウォン キム・ハヌル 49
116 ある素敵な日 コン・ユ ソン・ユリ 48
117 ラブ・トレジャー イ・ドンゴン キム・ソナ 48
118 無敵の新入社員 ムン・ジョンヒョク ハン・ジミン 48
119 雪だるま チョ・ジェヒョン コン・ヒョジン 47
120 キツネちゃん、何しているの? チョン・ジョンミョン コ・ヒョンジョン 47
121 イヴの反乱 イ・ギウ ユ・ホジョン 47
122 ローズマリー キム・スンウ ユ・ホジョン 47
123 三つ葉のクローバー リュ・ジン イ・ヒョリ 47
124 グッバイ・ソロ チョン・ジョンミョン ユン・ソイ 46
125 風の絵師 パク・シニャン ムン・グニョン 46
126 四姉妹物語 ハン・ジェソク チェリム 46
127 王の女 チソン パク・ソニョン 45
128 H.I.T. ハ・ジョンウ コ・ヒョンジョン 44
129 このろくでなしの愛 シン・ミナ 44
130 兄嫁は19歳 キム・ジェウォン チョン・ダビン 44
131 スクリーン コン・ユ キム・テヒ 43
132 宮S SE7EN ホ・イジェ 43
133 王と私 オ・マンソク ク・ヘソン 43
134 おいしいプロポーズ チョン・ジュン ソン・イェジン 43
135 パンチ チュ・ジンモ シン・ミナ 43
136 パリの恋人 パク・シニャン キム・ジョンウン 42
137 イヴのすべて チャン・ドンゴン チェリム 41
138 テルン選手村 イ・ミンギ チェ・ユンジョン 41
139 悲しき恋歌 クォン・サンウ キム・ヒソン 40
140 ライバル キム・ジェウォン ソ・ユジン 40
141 偉大な遺産 キム・ジェウォン ハン・ジミン 40
142 BAD LOVE クォン・サンウ イ・ヨウォン 40
143 屋根部屋のネコ キム・レウォン チョン・ダビン 39
144 サンシャインオブラブ チョ・ヒョンジェ ソン・ヘギョ 38
145 不良主夫 ソン・チャンミン シン・エラ 38
146 天国の階段 クォン・サンウ チェ・ジウ 37
147 島の村の先生 キム・ミンジョン ハン・ジヘ 34
148 恋人 イ・ソジン キム・ジョンウン 33
149 ただいま恋愛中 ソ・ジソプ チェリム 33
150 天国の樹 イ・ワン パク・シネ 32
151 オンリーユー チョ・ヒョンジェ ハン・チェヨン 32
152 恋の花火 カン・ジファン ハン・チェヨン 32
153 ルル姫 チョン・ジュノ キム・ジョンウン 32
154 12月の熱帯夜 キム・ナムジン オム・ジョンファ 31
155 その陽射が私に・・・ リュ・シウォン キム・ソヨン 31
156 順風産婦人科 キム・レウォン ソン・ヘギョ 30
157 ローファーム ソン・スンホン キム・ジホ 29
158 ゲームの女王 チュ・ジンモ イ・ボヨン 28
159 いつか楽園で チャ・テヒョン ソン・ユリ 27
160 Loving You パク・ヨンハ ユジン 27
161 サマービーチ イ・ワン イ・チョンア 26
162 4月のキス チョ・ハンソン スエ 26
163 90日、愛する時間 カン・ジファン キム・ハヌル 24
164 酒の国 キム・ジェウォン キム・ミンジョン 24
165 威風堂々な彼女 カン・ドンウォン ペ・ドゥナ 23
166 Happy Together イ・ビョンホン キム・ハヌル 23
167 バッドガールズ イ・ジョンジン パク・ソルミ 22
168 千年の愛 ソ・ジソプ ソン・ユリ 21
169 太陽の誘惑 チソン ハ・ジウォン 21
170 エア・シティ イ・ジョンジェ チェ・ジウ 21
171 アイルランド ヒョンビン イ・ナヨン 20
172 初恋 チョ・ヒョンジェ チョ・アン 19
173 愛してると云って キム・レウォン ユン・ソイ 18
174 美しき日々 イ・ビョンホン チェ・ジウ 16
175 純粋の時代 コ・ス キム・ミニ 16
176 ベストカップル アン・ジェウク ファン・シネ 15
177 ガラスの華 イ・ドンゴン キム・ハヌル 15
178 チェオクの剣 キム・ミンジュン ハ・ジウォン 15
179 ピアノ コ・ス キム・ハヌル 14

視聴中『9回裏2アウト』第5話~第8話

9回裏2アウト [DVD]

全16話 イ・ジョンジン スエ 2007年

 

普通に行けばイ・ジョンジンとスエがくっつくと思うんですが、今んとこそっちに行く気配なし。結構韓国ドラマとしては珍しいパターンかも。

  

楽しく過ごすジョンジュとナニ。しかし、そんなジョンジュを陰から見ている女がいた。この女、ジョンジュの野球の古くからの追っかけで、実はナニが出版社で担当している高校生作家。何とかジョンジュをものにしようと近づいてくる。一方ナニとジョンジュは、一緒にいるところをとうとうナニの母親に見つかってしまう。年齢差、学生であることを理由に猛反対するナニの母。なんとか説得を試みるが、別れるか、勘当されるか、と言われてしまう。

母親の反対にあり悩むナニであったが、諦めるわけにはいかない。そんな中、ジョンジュはアメリカンにプロテストを受けに行くことになる。そして、取材と称してジョンジュについていく高校生作家のジュヨン。不安がよぎるナニ。そして、プロテストから帰ると、ジョンジュはいきなりナニにプロポーズする。唐突にプロポーズする姿に、何かの責任を取るかのようで、違和感を感じ、また母親の反対、年齢差などを考えて、素直に喜べないナニ。そのころヒョンテは、新人のチソンとの交際をスタート。

悩んだ挙句、プロポーズは受けることにしたナニ。そして、ジョンジュも大きな決心をしていた。輝かしいプロ野球生活とは程遠い、2軍からのスタートを切ることによって、当面の生活を安定させようと考えたのだ。これは、ナニに金銭面で頼りたくないと言う思いからだった。それを知っているジュヨンは、この内容を小説にし、妨害していこうと考える。そして、プロポーズの返事をしたナニとジョンジュは仲良くジョンジュの家に行くと、そこにはジョンジュの両親が・・・。

 

半分終わったのに、まだ主役同士は近づきません。色々伏線はひかれているんですけどね。あー、でもやっぱりスエだ。だんだん顔見るのが嫌になってきた。人間生理的に受け付けないものはダメなようです。下は、結婚を決めて仲良くするジョンジュとナニの図。

  

9kaiura8                     

2010年1月15日 (金)

視聴終了『テルン選手村』第1話~最終回8話

テルン選手村 DVD-BOX

全8話 イ・ミンギ チェ・ユンジョン 2005年

 

観ようと思っていたラブハンターの続きが貸し出し中なので、つなぎで借りました。短編ドラマです。

  

ホン・ミンギはテルン選手村でオリンピックを目指す補欠の柔道選手。実力はあるのに、選考会の日となると、決まって体調を崩したり、交通事故に会ったりと不運続きで代表になれなかった。そんなあるとき、アーチェリーの金メダリスト、パン・スアに出会う。運がないと思っていたミンギは、スアの金メダルの恩恵をあずかろうと、勝手に持ち出してしまう。スアは、金メダルに触ることをジンクスとしていたが、それができなかったせいか、代表選考で漏れてしまう。

落ち込むスアが気になるミンギ。しかしスアには恋人ドンギュンがおり、ドンギュンがしっかりなぐさめていた。結局スアは、代表選手のリタイアにより、代表に入ることに。しかし、精神状態はあまり良くなく、スランプ状態。一方水泳選手であるドンギュンも、年齢のためか、日増しにタイムが落ちていった。そして、とうとう引退を決意するドンギュン。その一方で、スアの気持ちが少しづつミンギに向いてしまっているように感じ始めていた。

最後の賭けに出るドンギュンは、スアにプロポーズをする。ミンギへの想いもあり苦しむスア。そして、二人が話し合っているところにミンギが乗り込んでくる。子供な対応をするミンギ。しかし、スアはその成長の可能性に大きな魅力を感じているのだった。そんなスアを察したドンギュン。そして結局はスアの元を去ることに。

ミンギはその後オリンピックで銅メダル。ドンギュンも指導者になり、スアもアーチェリーを続けていた。それぞれの道を歩むのであった。(完)

 

無理のあるドラマ。中身もないし。せっかくイ・ミンギとかイ・ソンギュンとかいい役者使ってるのにもったいない。この設定ならもっと面白くしようもあったと思います。第138位です。下は試合に臨むミンギの図。

  

Terun8                        

視聴中『姉さん』第38話~第45話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

ホ・ヨンラン演じるスアがなかなかの怪演です。ただの意地悪な感じでここまできていたのですが、少しづつ悪事がばれそうになると、隠そうとさらなる悪事を働こうとする、この壊れ方がすごいです。顔もかなり好きです。

  

偶然再会したスンジュとゴヌ。歩み寄ろうとするスンジュに対して、終わったものとゴヌは背を向ける。お互い思い合い、苦しみ合うままの二人、しかしそれでもお互いを想い離れていくのだった。そんなころ、ジナの祖母は、スンジュらの父の行方を探し始める。遺体でもいいからと、金をかけて探す祖母。すると、父の身に着けていた腕時計が闇市場で見つかる。そして、調べを進めると、どうやら外国で拾われたものの、そのまま捨てられた可能性が高いということ。

お互い避け続けるスンジュとゴヌ。そして、ゴヌは想いを振り切るためにロシアに行くと言い出す。すると、スアもロシアに留学すると言う。ゴヌはスアに受け入れられないと言うが、私は私で勝手に行く、と聞き入れない。そんな中、死んだと思われていたスンジュの父が見つかったという一報が届く。重症であるということで、まずは帰国させ、韓国の病院に移すことに。無事帰国したスンジュ父。しかし記憶を失っていた。

病院に様子を見に来たスア。スンジュ父の生還に焦りを隠せないが、記憶がないことを知って一安心する。そして、病院でスンジュに喧嘩を売るスア。そして、その姿を見たゴヌは、スアに対して疑いを持つようになる。そして、少しづつ記憶が戻るスンジュ父。スア一家はいてもたってもいられない。そして、そんなことを知ったスアは、どんどん正気を失っていく。とうとう、スンジュにも疑われ、見捨てられるような結果となる。そして、まだまだ混乱はあるものの、スンジュ父の記憶はほとんど戻るのだった。

 

終盤が近いからか、話が大きく動きました。この辺、かなりドロドロです。そのドロドロ感を生みだすのはホ・ヨンラン。いいですね、この女優。なんであんま人気でないんだろ。ソドンヨとかもすごくいい役だったのに。下は記憶を戻したスンジュ父と一家の図。

  

Neesan45                        

視聴中『姉さん』第32話~第37話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

ちょっと中盤入ってたるんできたかなー。同じような行ったり来たりを繰り返している感じ。面白いんだけど、全般的に何かおしい。なんだろう。

  

謝罪を受けたものの、許す気にはなれず、会社に辞表を提出するスンジュ。しかし、時あの祖母のたっての希望もあり、社長は強く慰留する。しかし、スンジュはやめる覚悟を決める。そんな中で、スンジュの弟ヒョクジュは、暴力沙汰を起こしてしまう。多額の慰謝料を求められるが、姉には心配かけられないと思ったヒョクジュは、ゴヌに相談。ゴヌは、予備校の仕事で稼いできたお金を示談金として支払うことに。ところがこのことが、スアによってゴヌの両親に知られてしまう。

ゴヌの母から、どこまでゴヌを追いこむのかと聞かれるスンジュ。そこで初めてヒョクジュの一件を知ることになる。スンジュは、ゴヌに対して、自分のために犠牲になってほしくないと思い、私たちは合わないと言って、別れを切り出すことにする。ゴヌも結局受け入れ、二人は別れることに。そしてスンジュは、ジナの家に引っ越すことにする。

一方、ヒョクジュは、スアの家で暮らしていた。事件での後ろめたさから、スンジュに合わせる顔がなく、戻る気になれないのだった。そして、再び、ジナの父の会社で、祖母の秘書として働くことにするスンジュ。あろうことか、社長との関係をうわさされてしまったりする。これはすぐに誤解と分かるが、ゴヌは完全にスンジュを割り切る気持ちになる。その後離れる二人であったが、数日後、なんとなく思い出の場所にやってきたスンジュ、そこでゴヌと再会する。

 

うーん、ちょっと理解できない心理描写部分が出始めました。やっぱり、何かおしい。入り込みきれないのは、少しづつ理解できない心理描写があるからでしょうか。もうちょっと盛り上がるといいのですが。偶然再会したゴヌとスンジュの図。

  

Neesan37                      

2010年1月14日 (木)

視聴中『9回裏2アウト』第1話~第4話

9回裏2アウト [DVD]

全16話 イ・ジョンジン スエ 2007年

 

またしても私の嫌いなスエ登場です。ここまでくると、もはや怖いもの見たさです。俳優の方も何回かみたけど今一好きにはなれません。ラブストーリーインハーバードのイメージが強いかな。

  

30間近のホン・ナニ(スエ)は、この年になっても小説家を目指してまともな職にはついていない。私生活も、8歳年下の彼氏はいるものの、野球選手を目指していて先が見えない。そんなため息の出るような生活の中で、30の誕生日は、結局幼馴染のビョン・ヒョンテ(イ・ジョンジン)と一緒に過ごすことに。そんなヒョンテもまた、辛い失恋により、傷心の日々だった。そんなヒョンテは、気持ちを入れ替えるために、半年旅行に出ると言い出す。それを聞いたナニは、ちょうど家を出るつもりだったこともあり、ヒョンテの家を借りることに。

そんなヒョンテの家で、年下の彼氏ジョンジェとラブラブでいるところに、ひょっこりヒョンテが帰ってくる。予定を早めたというヒョンテ。結局帰る家もないナニは、ヒョンテと一緒に暮らすことに。そんな状況でも、ナニはジョンジェと仲良くしているが、少し人気の出てきたジョンジェのファンに噂をされるようになり、次第に自分が不釣り合いだと考えるナニ。そして、ジョンジェに別れを切り出してしまう。

一旦は別れた二人、しかし二人とも何も手に付かない状態。野球もできなくなってしまったジョンジェは、何のところにやってきて泣きつく。ナニもこれ以上離れられないと思い、二人はよりを戻すことに。一方のヒョンテも、最近会社に入ってきたチソンといい感じ。そして、4人は一緒に会ったりするように。しかし、なんとなく気にしあうヒョンテとナニ。ヒョンテは夢でナニとキスをしてしまったり、潜在意識は深い。

 

思ったよりちょっと一風変わった感じのスタートで、悪くないです。懸念されたスエですが、今まで観た役の中では、一番許せるキャラだと思います。ぼちぼちのスタートで、中盤に期待。下は一緒に住み相談し合うヒョンテとナニの図。

  

9kaiura4                     

2010年1月13日 (水)

視聴中『彼女がラブハンター』第5話~第8話

彼女がラブハンター DVD-BOX I

全16話 オ・ジホ オム・ジョンファ 2007年

 

主演女優がおばちゃんなんで、あんまり期待してなかったんですが、なかなか面白い。オム・ジョンファって確かもともと歌手で女優本業じゃないんですよね。でもうまい。さすがオム・テウンの姉。

  

スジョンの態度にさすがにショックを隠せないマンス。そして、最初はスジョンの気持ちを確かめるためだけにウタクに騙すことを依頼していたが、復讐のために、スジョンを本気にさせて結婚式まで行き着き、そこで捨てるようウタクに依頼するマンス。そして、ウタクはさっそく作戦開始。少しづつスジョンの気持ちを近づかせる。そんな中で、マンスはウタクに心惹かれていくスジョンに対して落ち着かない様子。

一方でマンスは、スジョンの店の部下のデスンに対して、スジョンに見えるようにプレゼントをするなど、スジョンに対する未練たらたらの行動を開始。さすがにちょっと嫉妬するスジョン。そんなスジョンも実は、かつてマンスがプレゼントしてくれた指輪を、捨てたように見せながらも大事に持っていた。そして、その指輪をスジョンがまだ持っていることを知ったマンスは、またしても複雑な気持ちに。

マンスは、スジョンにウタクとの仲を取り持つ代わりに、家の掃除などをさせることに。これにより、マンスはスジョンと近い距離を保ち続ける。そんな中、マンスはデスンとの仲が噂されるようになってしまう。実はこれはおとなしいデスンの策略。マンスは少しづつデスンから離れづらくなっていく。そして、ウタクはとうとう作戦の最終段階。アメリカに行く、アメリカの宝石店を買収したから、そこを運営してほしい、結婚してほしいと、スジョンにプロポーズをする。

 

いい感じ。コメディーに大事な個々のキャラ設定と個性がしっかり生きている。オ・ジホがコメディーに引っ張りだこなのもよくわかります。個性的なキャラがしっくりくる。下はウタクにプロポーズを受け、マンスの顔色をうかがうスジョンの図。

  

Lovehunter8                     

視聴中『姉さん』第27話~第31話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

キム・ソンスについて、ここまで何も触れていないんですが、色んなドラマ観ていく中で、ちょっとづついい印象になってきました。フルハウスのときはなんだこいつって感じだったんですけどね。眉毛太いけど愛着わきます。

  

順調に仕事をしていくスンジュ。ゴヌも、論文が最優秀論文賞をとるなど順調。しかし、仕事が忙しくなってくると、ゴヌと擦れ違いが増えてくる。そんな中で、いつも社長の車に乗っていたりするスンジュを見て、自分は会えないのに、複雑な心境になって、ついつい嫉妬してしまう。ゴヌは教授との飲み会でスンジュとの約束を果たせなかったり、スンジュは酔っ払ってそこに乗り込んでしまったり。擦れ違いが続いていく。

擦れ違いが続いてしまった二人は、距離をおくことにする。これは、いつまでもゴヌに頼ってばかりはいられない、自立したいというスンジュの願いからでもあった。ゴヌは理解し、二人は距離を取りながら愛を深めていくことにする。スンジュは初給料でプレゼントを贈るなど、二人はしっかり絆で結ばれていた。

そんなあるとき、スンジュは、父の事業に対する投資を突然直前で凍結してしまい、父を極限まで追い込んだのが、ジナの祖母であったことを偶然にも知ってしまう。ジナの祖母を問い詰めるスンジュ。祖母は夢を追ってばかりいる父への投資はできなかったという。スンジュは怒りその場を去る。社長もあとからやってくるが、父を侮辱するような発言をされたため、会社を辞めると言い出す。そんなことを知ったジナの祖母は、罪悪感とスンジュを手放したくない想いから、スンジュに謝罪をする。

 

なるほど、こういう感じですか。意外と見ごたえありますよ。軽くこじれてまた戻り、の繰り返しだから、そんなにストレスはたまらない。ただ、ちょっと悪人が多すぎるかなっていうのは気になります。下はジナの祖母の謝罪を受けるスンジュの図。

  

Neesan31                     

2010年1月12日 (火)

視聴中『姉さん』第21話~第26話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

中盤に差し掛かってきて、結構面白くなってきました。雰囲気が序盤よりずいぶん明るくなった。こんな感じで終盤まで言ってくれれば、いい感じです。余計な波乱とかいらねーよー。

  

結局スンジュは、ゴヌに対して今の状態では結婚できないと断ってしまう。ショックを受けるゴヌだが、スンジュの気持ちを尊重することに。そんな折、酔っ払ったゴヌは、あろうことかスアの家に一泊してしまう。もちろん何もなかったが、スアはゴヌの記憶がないのをいいことに、何かあったような素振りを見せることで、またしてもゴヌを揺さぶるのだった。そんなころ、スンジュはジナの家庭教師を続けるが、ジナに服を作ってあげたりすることでジナとは打ち解け、ジナはすっかりスンジュを信頼するようになる。

一方、スアがゴヌを揺さぶったことにより、周囲が誤解をし始め、ゴヌはスアと結婚するかのようになってしまう。しかし、ゴヌはきっぱりと否定。スアを拒絶する。スンジュは、ジナの祖母に古いジーンズを完売するという課題を課せられる。スンジュが見事それを成し遂げると、祖母はスンジュの手腕を見込み、自分の会社に就職させることにする。コネ入社させようとする社長に対し、スンジュは面接で合格したいと言う。そして見事合格し、服飾会社に就職することに。

スアの父は、とうとうお金が宝くじで当たったものではないことに気づく。妻と娘がお金を盗んでいたことに、ショックを受ける父。そして、金をスンジュに返しに行くと言うが、スンジュは今はお金に困っていないから、後にしよう、責任は私がとる、というスアに対して何も言えなくなってしまう。一方のスンジュは研修も終わり、見習いながらも仕事を始める。社長にもよくしてもらい、ゴヌも様子を見に来るなど、順調なスタートとなった。

 

明るい感じで進んでいます。まだまだ暗くなりそうな要素はたくさんあるので、これから気を抜けません。下はスンジュの様子を見に来たゴヌの図。

  

Neesan26                     

視聴中『彼女がラブハンター』第1話~第4話

彼女がラブハンター DVD-BOX I

全16話 オ・ジホ オム・ジョンファ 2007年

 

すっかりコメディ専門みたいになっているオ・ジホ。まあ濃いー顔ですから、なかなか普通の役はできませんわな。ファンタスティックカップルなんか、あの女優に対して、オ・ジホじゃなければあんま面白くなかったと思う。期待してます。

  

オ・スジョン(オム・ジョンファ)は結婚式を控える花嫁。結婚式当日、新郎コ・マンス(オ・ジホ)に呼び出されたスジョンは、司法試験に落ちたと言われる。司法試験に受かるからこそ、超デブのマンスと結婚を決めたのに、落ちたと聞いてショックを受けるスジョン。そして、結婚式から逃げ出してしまう。そして、マンスからかかってきた電話には、罵声を浴びせて姿を消してしまう。

8年後、34歳になったスジョンは未婚の負け犬。それでも理想の相手を探し求めてお見合いに励む日々。そんな中、カール・コというプロゴルファーが韓国に凱旋帰国する。超イケメン、スーパースターの彼は、実はやせたマンスだった。それを知ったスジョンは、よりを戻してやろうと猛アプローチを開始。マンスは、復讐をするつもりで韓国に戻ってきたものの、未練たっぷり。アプローチをかけるスジョンに迷ってしまう。

そこで、マンスは作戦を立てる。自分のことを好きだと言ってくるスジョンに対して、その気持ちが本当かどうか試そうと思ったのだ。そこで、友人の親戚で、詐欺師のウタク(カン・ソンジン)に頼み、スジョンをだますことに。大金持ちを装って近づくウタクに興味を持ち始めるスジョン。そして、歌国デートに誘われる。奇しくもその日はマンスの試合の日。試合を見に行く約束もしていたのだ。結局試合には現れず、ウタクとの待ち合わせに登場。ショックで入院したマンスの元にやってきたスジョンは、ウタクと付き合いたいから仲を取り持ってくれと言う始末。

 

なかなか出足面白いです。うん、やっぱりコメディーの方が好きかも知れない。そんなわたし。下は試合に臨むマンスの図。

  

Lovehunter4                   

視聴中『姉さん』第15話~第20話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

ソン・ユナの役がぴったり当てはまるようになってから、面白くなってきました。ただ、これだけ長いドラマなんですが、これからどう話を持っていくのでしょうか。そこだけ気がかり。

  

少しづつ貧乏な生活に慣れ始めるスンジュ。しかし、なかなか弟たちはなじめずにいた。そんなスンジュ一家を、優しく見守るゴヌ。そんなゴヌに想いを寄せるスアは、なんとかゴヌとスンジュを引き離そうと考え、ゴヌがスンジュのためにお金を稼ごうと思いやっていた参考書執筆を、学校にばらしてしまう。これにより、ゴヌは教授出世の道を閉ざされてしまう。そして、家族からは、スンジュとの交際を猛反対されることに。しかし、ゴヌは一番大切なのはスンジュだと言って聞かない。

そんな時、スンジュはある金持ちから呼び出しを受ける。自分の孫娘であるジナの家庭教師をやってほしいというのだ。多額の報酬に、引き受けることにしたスンジュ。しかしこのジナ、何人もの家庭教師を辞めさせてきた、傍若無人な娘。ただ、以前のスンジュとなんとなく似ていた。そんなジナに対して、きつくあたるスンジュ。ぶつかる二人であったが、ジナは他の家庭教師とは何かが違うと感じていた。

一方で、元スンジュ一家の叔母は、発見したお金を使って豪遊を始める。そんな母を不審に思ったスアは、問い詰めると、スンジュ一家の父のお金を盗んだことを話す。しかし、スアは聞かなかったことにする、と言って恩恵だけをあずかることに。これに父も母を問い詰めることになるが、父には、宝くじが当たったと言ってゴマかす。そんなころ、ゴヌは周りからの後押しもあり、かつ大学での評価も元に戻ったことから、スンジュにプロポーズをする。しかしスンジュは戸惑ってしまう。

 

なんだかこのままだとまとまってしまいそう。でもなんか韓国ドラマらしい部分を残したままに、ホームドラマが作られているので、他の長編ものとは違って忙しい感じ。まあまあここまで面白いです。プロポーズするゴヌの図。

  

Neesan20                   

視聴中『姉さん』第7話~第14話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

オンエアーんときもそうだったんですが、ソン・ユナの金持ちはちょっと違和感あり。このドラマも貧乏になってからようやく違和感が無くなって見れるようになりました。さて、今のところ暗い印象だけのこのドラマ、どう面白くなるのでしょうか。

  

スンジュら兄弟は、父の生存を信じて、元の暮らしを目指し生きていくことを誓う。しかし、スンジュ父の家は、一緒に住んでいた伯父の名義になっていたため、伯父の妻でスアの母にこき使われることになってしまう。そんな中、とうとう父の会社は倒産してしまう。そして、財産も、借金などによりすべてなくなってしまう。唯一残されたのは伯父名義の家のみ。スンジュ一家は苦しい生活を強いられることになる。

そんなころ、ゴヌはとうとう、スンジュが留学していないことを知る。そして、スンジュと再会するゴヌ。スンジュにお金を貸して助けようとするが、スンジュは突っぱねてしまう。そして、父は生きているから問題ないと嘘をつく。しかし、結局スンジュ一家は家を出て、モーテルで生活することに。お金も尽きてきたため、仕事を探し、ウェイトレスの仕事を始めるスンジュ。そして、弟も露店でお金を稼ぎ始める。そして、ゴヌはそんな生活であることを知ってしまう。

ゴヌは、スンジュを助けたいと申し出る。そして、そんなやり取りを繰り返すうちに、二人は想いを抑えることができなくなり、抱きしめ合う。そして、二人はまた付き合いだすのだった。そして、スンジュ一家も、ゴヌの説得により、ゴヌの親戚の家に引っ越しをすることに。そんなころ、スアの母は、売ろうとしていたスンジュ父の家で、多額の現金と金の延べ棒を発見してしまう。

 

ちょっとづつ面白くなってきました。スンジュのキャラを許せるようになってきたからかな。よったスンジュと背負うゴヌの図。

  

Neesan14                  

2010年1月11日 (月)

視聴終了『強敵たち』第13話~最終回16話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

なんだかどこに向かっているドラマなのだかよくわからない状態のままここまできています。ただ、全般的な作り自体はうまく作っているので、十分見てしまいます。まあ四の五の言わずにそれなりに面白いってことでしょう。

  

新聞記事のネタは誰がリークしたのか、それが問題となると、ナム先輩はヨンジンが言ってしまったという。しかし実際に言ったのはナム先輩。陥れられたヨンジンは謹慎となる。しかし、それを知ったグァンピルとスホは、ヨンジンを助けるべく、証拠を集める。そして、決定的な証拠を見つけると、反対にナム先輩が解雇されることになる。しかし、この事件を契機に、とうとう隠しきれないと思ったグァンピルは、コンニムに、自分は本当の父ではなく、スホが実の父であると明かす。困惑し、スホの家には行きたくないというコンニム。

大統領一家は、コンニムを引き取ると言うが、グァンピルは戸惑う。しかし、それがコンニムのためと思い、ひとまず週末だけ預けることに。コンニムはなかなかスホに心を開く気にもなれない。また、グァンピルも手放したくない想いから苦しむのだった。そんな折、スホは、自分自身を変えようと思い、ダンス大会への出場を決意する。大会までは1カ月。必死で練習するスホ。練習をしながら、コンニムとも少しづつ心を近づけていく。そして、ダンス大会が近付くが、スホの周辺で、ヨンジンは不審人物に襲われる。

大会で狙われる可能性が高いと考え、不審人物の割り出しを急ぐ警護室。そして、一人の人物が浮上する。ナム先輩だった。警護室に恨みもあり、同機は十分。そして、ダンス大会の当日、案の定ナム先輩が現れる。そして、ナム先輩を嵌めて、取り囲む警護室の面々。銃で向き合うが、ヨンジンともみ合い発砲、ヨンジンは怪我を追ってしまう。そして、ナム先輩はグァンピルに追われ、車にはねられる。

1年後、ヨンジンはけがから復帰し、功績から大統領警護を任されるようになっていた。グァンピルは警護室で後輩の指導。そしてスホは、コンニムとデート。それぞれが、新たな気持ちで新たな未来に向かうのであった。(完)

 

なんかちょっと最後微妙かな。わりとスホ視点で観ていたわけですが、なんかちょっと煮え切らない感じ。このドラマは結局全編そんな感じでした。でもなんとなく面白かった。雰囲気かな。それも脚本家の大事な仕事です。第62位にランクイン。下は、コンニムとデートするスホの図。

 

Kyoutekitati16               

2010年1月10日 (日)

視聴中『姉さん』第1話~第6話

姉さん DVD-BOX1

全55話 キム・ソンス ソン・ユナ 2006年

 

2006年は長編ものが結構当たってますね。これもその一つ。キム・ソンスもソン・ユナもそんなに好きじゃないんですが、多分悪女役のホ・ヨンランという女優が結構好きです。ソドンヨのウヨン姫です。さてどんなドラマでしょう。

  

ユン・スンジュ(ソン・ユナ)は、大きな建設会社の社長令嬢。父の方針により、奔放に且つ男のように育てられたスンジュは、負けん気が強く、母親すらたじたじするほど。そのユンジュの恋人が、キム・ゴヌ(キム・ソンス)。スンジュとは対照的に、貧しい家に育ち、物静かな男性。ゴヌは、教授を目指して大学で講師をしていた。あるとき、スンジュに恋人がいることを知った父は、ゴヌを呼び出す。そして、家柄の違いから、すぐに結婚をするようなことはしないでほしいという。すると、スンジュと結婚することはないというゴヌ。

ゴヌは、家柄の違いから、自分はスンジュにふさわしくないと感じるようになっていたのだった。そして、その気持ちのままにスンジュに別れを告げる。納得できないスンジュであったが、しぶしぶゴヌの元を離れることに。すると、ゴヌを忘れるために、留学に行くことにする。スンジュが留学する当日、父の会社の人が空港にやってきて、父が行方不明と告げる。釣りに出たまま消息不明とのこと。

留学を止めたスンジュは、父の生還を待つが、吉報はない。そして、そんなころ、父が新しい事業で資金繰りに困っていたことを知る。資金繰りのために、多額の借金を抱えていたのだった。父は、お金を持って逃げたというような噂までされるようになる。そして、会社は倒産し、借金取りに追われることになってしまうスンジュ一家。そんなころ、スンジュは街でゴヌに遭遇してしまう。今の姿を見せたくないスンジュは思わず隠れる。ゴヌは自分に想いを寄せているスア(ホ・ヨンラン)に対して、スンジュは留学に行っていないのか、と聞くが、スアは留学中であるとごまかす。そんな中スンジュは、父の汚名を晴らそうと誓うのであった。

 

序盤から割と動きましたね。暗い雰囲気だけど、55話も耐えられるのでしょうか。ソン・ユナはやっぱ金持ちの役とかないですね。幸薄い顔だし。だからすぐに貧乏になるだろうと思いましたが、早すぎる・・・。下は街中でゴヌに遭遇したスンジュの図。

  

Neesan6                  

視聴終了『19歳の純情』第157話~最終回167話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

長かったこのドラマもいよいよラスト。一通りの波乱も終わったと見えますので、長いドラマ特有のだらだらっとラストになると思いますが、まあ最後なんで観ましょう。

  

ようやく結婚が決まったユヌとグッカ。二人は幸せの絶頂。グッカは、ユヌの両親と同居したいと言う。しかし、ユヌの母は、グッカを素直に受けれる気持ちになれず、別居と言い張る。家族みんなは同居に賛成しており、反対は一人だけ。そこで家族はユヌの母を説得。そんなに嫌なら同居して監視すればいい、という話を聞き、確かに、と思ったユヌ母。同居を認めることに。そして、新婚旅行から帰宅後、さっそく同居。ユヌ母は、ここぞとばかりにこき使おうと色々指示するが、グッカは喜んでやるばかり。拍子抜けするユヌ母。

そんなあるとき、ウギョンの祖父が病気で倒れてしまう。高齢のため、スーツの店を続けていくことは困難と思い、店を閉める覚悟をする。するとウギョンは、今の会社を辞めて店を継ぐと言い出す。もうすぐ双子の子供が生まれるのに、ということで、家族は猛反対。ウギョンが折れるまでユンジョンを実家に帰してしまう。ユンジョンも最初は反対していたが、家に戻りたいことと、ウギョンのやりたいようにやってほしいという気持ちから、ウギョンの転職を了承することに。そして、家族もやむなく了承。

1年後、ウギョンは無事に店を継ぎ、ユンジョンはしっかりと双子を産んでいた。一方のグッカは、ユヌ母とも打ち解け、大学に合格。晴れて、先生を目指して大学で勉強を始めることに。そしてそのお腹には子供が。グッカが振りまいた笑顔がみんなに幸せをもたらしたのだった。(完)

 

ホームドラマらしく、きれいにあとくされなくまとまりました。最後までグッカ以外には愛着持てませんでしたが、まあ観ていて気持ちのいいドラマでした。第85位にランクイン。下はユヌとグッカ結婚式の図。

  

19junjo167                  

2010年1月 9日 (土)

視聴中『強敵たち』第9話~第12話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

ストーリーの中に過去と現代が入り乱れててなんだかよくわからない部分が多々あるんですが、過去が判明していけば少し整理できるんでしょうか。それにしても、なかなか興味をそそられます。

  

ヨンジンと二人っきりになったスホは、ヨンジンにキスをしてしまう。そして、そこをたまたま見かけたグァンピルと、追いかけていた謎の記者。そしてこの記者はスホらの写真を撮るが、グァンピルが察知してカメラを奪う。しかしこの記者、グァンピルらの過去を知っている素振り。そして対峙するスホとグァンピル。過去、スホはグァンピルに愛する女性を奪われたことがあると言う。しかし、スホの記憶は、8年前の事故以前1ヶ月ほど欠落していた。

あるとき、ダンス教室に行ったスホは、一人の少女を見かける。グァンピルの娘コンニムだった。そんなことを知らないスホは、気軽に話しながら、ふと背中のバイオリンが目につく。8年前愛した女性、ウニョンが持っていたバイオリンを思い出すのだった。そして、少しづつスホの記憶は戻り始める。そんなころ、以前の記者の仕業により、コンニムがスホの隠し子だという記事が出回り始める。グァンピルの子供と知り、警護室は事態の収束に努めるが、グァンピルは気が気ではない。そして、スホは記憶を完全に戻す。

コンニムは実はスホとウニョンの子供であり、ウニョン亡きあとにグァンピルが引き取っていたのだった。そして、この事実は、スホの姉によって闇に葬られていたことが分かる。自責の念に囚われるスホ。そして、グァンピルは、すべての事態を収束させるために、警護室に辞表を提出する。事実を思い出したスホは、グァンピルに謝罪する。しかし、グァンピルは、コンニムは自分の娘、ただそれだけ、と言う。スホはコンニムに会う。そして一緒にダンスを踊り、抑えきれない想いがあふれ出るのだった。

そのころ、スホの隠し子騒動がとうとう新聞記事になってしまい、大騒ぎとなっていた。実はあの記者は、ウニョンのかつての親友であり、ウニョンの恨みを晴らすべく、真実を暴こうとしていたのだった。

 

やっと話が見えてきました。なるほど、こういうドラマだったのか、という感じ。ちょっと回りくどい感はありますが、まあこれはこれでなかなか楽しめています。下はコンニムと会うスホの図。

 

Kyoutekitati12               

2010年1月 8日 (金)

視聴中『19歳の純情』第145話~第156話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

最後のおおきな波ですね。ク・ヘソンの涙のシーンが増えてきました。まあ障害がないとまとまらないのは韓国ドラマとしては仕方ないでしょう。しっかりまとめてもらいましょうか。

  

スジョンから受け取ったお金をユヌに返したグッカ。何やら不安がよぎる。そして、5年前にスジョンに辛く当り、ユヌとの仲を引き裂いたユヌの母は、スジョンを見るなり、激しくののしる。すると、スジョンは、この息子がユヌの子供だとしてもそんなことを言うのか、と言う。驚くユヌの母。そして、この話は瞬く間に波紋を広げ、ついにはグッカの耳にも入ってしまう。大きなショックを受けたグッカは、ユヌの話を聞こうともせずに、辞表を出して去ってしまう。

ショックを受けるグッカをかわいそうに思ったユヌの母は、何かと気にかけるようになる。スジョンをきっかけに、少しグッカに心を許したのだった。ユヌはスジョンに、ユヌの母にののしられたため嘘をついたと白状する。そんなスジョンをユヌは哀れに思う。そして、ユヌはそれ以上スジョンを責めることはしなかった。一方のグッカは、ユヌの元を離れる前に、スジョンの元を訪れる。スジョンは、グッカの純粋にユヌを想う気持ちを知り、自分のついたウソをグッカに白状する。

子供の件が嘘と知り、喜ぶグッカ。そんなグッカを心では可愛く思うユヌの母であったが、結婚を認めるにはもうひと押しが足りない。一方のユヌの父は、完全にグッカをユヌの嫁として申し分ないと認める。そして、ユヌの母の説得に回り始める。そして、とうとう折れたユヌの母は結婚を認めることに。大喜びで周りに報告するグッカとユヌ。こうして二人の長い道のりは、ゴールでもあり、スタートラインにたったのだ。

 

まとめに入ってきたら、なんだかみんないい人になり、とたんに面白くなりました。今まではちょっとのんびり過ぎたんですかね。いいラストを迎えられそうな予感がします。下は、亡き元婚約者の墓前で結婚を報告するグッカの図。

  

19junjo156                

2010年1月 7日 (木)

視聴中『19歳の純情』第127話~第144話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

ふむ。やっぱり簡単には収まりませんね。相変わらず登場人物はク・ヘソンしか好きになれないし、ストーリーも突っ込みどころ満載。だけど、まあまあここまでストレスなく観れてます。

  

元の会社に復帰したユヌとグッカ。社内に噂にはなるものの、めげずに公私をわけて働き始める。あるとき、先生になりたかったというグッカの昔の夢を聞いたユヌは、大学に行くことを勧める。そして、ユヌの勧めにより、予備校に通って大学を目指すことにしたグッカ。ユヌに見合った人間になりたいという思いも強かった。仕事をしながら勉強をするグッカと、教えるユヌ。二人はどんどん想いを強めあっていくのだった。

そんなあるとき、ユヌの父の浮気疑惑が持ち上がる。ユヌの母は気が気じゃない。レストランで一緒に食事しているところを見て問い詰めるが、相談に乗っていただけと認めない父。そして引けない母。そんなユヌの母の気持ちを察したグッカは、食べ物を差し入れたり、一緒に酒を飲んだり、憂さ晴らしに付き合っていく。ユヌの母は相変わらずグッカを認めはしないものの、少しづつ心を許し始める。

そんな時、ユヌの元恋人スジョンが帰国する。さっそくユヌに会いに来るスジョン。グッカはスジョンを見て、直感的に元恋人と察知。スジョンは離婚して息子とともに帰国しており、ユヌに復縁を迫るが、ユヌは恋人がいると言って全く取り合わない。しかし、境遇を心配はするユヌ。シニョンを通して部屋を借りるお金を渡す。一方ユヌがスジョンと会っていたことを知ってショックを受けるグッカ。さらにグッカとの関係を邪魔しようと考えたスジョンはグッカを呼び出し、お金を返す。

 

最後のひと波乱と言ったところでしょうか。きれいにまとめるために必要悪のひと波乱ですね。まあこのくらいはありでしょう。後はどうぞきれいにまとめてください。下は初めて腕を組むグッカとユヌの後ろ姿の図。

  

19junjo144               

2010年1月 6日 (水)

視聴中『強敵たち』第5話~第8話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

それにしても、このイ・ジョンヒョクという俳優、確かグリーンローズなんかにも出てたと思うんですが、かなり変な顔。目つきも口元も気持ち悪い。観てれば愛着わくのかな。ジソプも最初はそうだった。

  

上司がやってきて、なんとか事なきを得たヨンジンとグァンピルであったが、よく見るとスホが消えている。必死で探すヨンジン。しかしスホは意外にもヨンジンの家から動いていなかった。自分を追いかけてくれないときに逃げるのは面白くないというスホ。しかし、本音ではヨンジンに少し興味を持ち始めていた。そして、グァンピルに対し、かつてお前がしたように、自分もヨンジンをお前から奪う、と宣戦布告する。

そんなころ、グァンピルに娘コンニムがいたことが分かる。これが警護室で噂となってしまい、グァンピルは人事審議にかけられることに。しかし、この審議の場で、ヨンジンがグァンピルをフォロー。グァンピルはおとがめなしとなる。感謝し、ヨンジンを見なおしたグァンピル。一方のスホも、なかなか心を許してこないヨンジンに近づこうと、ヨンジンの実家のダンス教室に通うと言い出す。

ダンス教室に通い始めたスホ。ヨンジンは尊敬できない自分の父親を恥ずかしく思い、なんとかスホに止めてもらおうとする。そして、父に受け入れるなと激しく責め立てるヨンジン。しかし、このことをグァンピルに話すと、自分がひどいことをしたことに気づき、結局父に謝ることに。そしてスホにも、ダンスを習うなら学校にもしっかり行けと言う。

そんなあるとき、大統領主催のパーティーにスホの警護をするために、ドレスで潜入するヨンジン。そんなヨンジンを見て、スホとグァンピルは見とれる。すると、見覚えのある女がスホに近づいているのに気づくヨンジン。女を追っていくうちに、気づくとヨンジンとスホは二人っきりになり・・・。

 

まあ、変わった設定の三角関係話ですね。それにしても、イ・ジヌクって昔はそんなでもなかったけど、最近人気出てきてからかなりカッコ良くなりましたね。ヨンジンに見とれるスホの図。

 

Kyoutekitati8             

視聴中『19歳の純情』第115話~第126話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

そろそろちょっとづつまとめに入ってきたようです。段々落ち着く道筋が見えてきたし、みんないい人になってきています。こういう長丁場のドラマなので、ラストもゆっくりしたペースで進むんでしょうね。

  

ユヌに身元保証人になってもらい、警察署から釈放されたグッカ。そして、ユヌはなんとかグッカに戻ってきてもらおうと、何度も何度もグッカに働きかけるが、グッカはなかなかユヌの元に行くことができない。自分がユヌと結ばれることは、ユヌを不幸にしてしまうと思っているからだ。けなげに接するユヌだったが、少しづつ疲れはじめる。仕事もうまくいく兆しを見せ始めているため、こちらも休めない。そして、とうとうユヌは倒れてしまう。

入院したユヌ。病状はストレス性の胃炎で、数日の安静。そして、話を聞いたグッカは飛んでくる。責任を感じたグッカは、献身的に看病をすることに。退院後も一緒にいようとするユヌに戸惑うグッカであったが、とりあえずは一緒に。そのころ、結婚式を控えたユンジョンとウギョンは、嫁入り家具で大もめ。見合わない大きな家具を持ち込もうとして騒動に。ユンジョンは結婚を取りやめると言い出す。しかし、なんとかお互いに折れることで、より深まった二人。無事結婚式を迎えることに。

ウギョンとユンジョンの結婚旅行に、仕事で付いて行ったユヌとグッカ。グッカはユヌの通訳をすることに。この旅行でグッカとユンジョンは一緒に酒を飲んで少し打ち解ける。そして、ユヌの仕事は成功。ユヌは、仕事が成功したら父の会社に戻ると約束していた。そして、父に会ったユヌは、会社に戻るが、グッカを秘書にしたいと言う。父も、通訳をしていたグッカを見ており、認めることに。

 

まとめに入ってるけど、残り話数を考えると、まだひと波乱ふた波乱あるのかな。まあ大きな波乱が起こることはないと思いますが、まだ通常のドラマ1本分くらいは残ってますからねえ。下は、一緒にいることを誓い合うユヌとグッカの図。

  

19junjo126               

視聴中『19歳の純情』第103話~第114話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

さすがにここまで来ると、けっこう盛り上がる部分が増えてきました。この辺はなかなか面白いです。最後までこのくらいのテンションで続いていけば、いい印象で終わりそう。

  

グッカはユヌの父に呼び出され、一人向かう。そして、グッカはユヌの父が仕事の妨害をしていることを確かめると、妨害を止めることを条件に、ユヌから離れることを約束する。そして、そんなことを知ったユヌの母は、追い打ちをかけるようにグッカにお金を渡す。グッカは、ユヌの気持ちを自分から離れさせようと考え、お金を受け取ってしまう。わざと金回りが良くなったことを見せびらかすグッカ。そんなグッカに戸惑うユヌ。

そして、ユヌはグッカがお金を受け取ったことを知ると、その程度だったのかと一度はグッカを責めるが、すぐに気持ちを理解しようとし始める。予想外に自分を突き放すことをしないユヌに困るグッカ。一方のユンジョンとウギョンは、ユンジョンの幼稚なウソにより、両親が認めることになり、二人は結婚をすることになる。幸せの一方で相変わらずグッカを心配するウギョンにユンジョンはイライラ。

ユヌは、グッカを連れて実家に行き、受け取った金を自分が立て替えて、決別を宣言する。グッカは何とかユヌに実家に戻ってほしいと考え、とうとうユヌに黙って家を出て行ってしまう。必死でグッカを探すユヌだったが、なかなか見つからない。グッカはサウナで働き始めていた。そんな時、サウナで先輩が美容施術をしているのを見ていると、警察が乗り込んできて、違法だと言いグッカを逮捕してしまう。そして、一部始終はテレビのニュースに。それを見たユヌは、警察署に行きグッカをとうとう発見する。

 

わかりきったパターンですが、けっこう入ってしまいました。ここまで来ると、自分がグッカにかなり愛着を持ち始めていることに気づきますね。下は警察署でグッカを発見するユヌの図。

  

19junjo114             

視聴中『強敵たち』第1話~第4話

強敵たち-幸せなスキャンダル!- DVD-BOX I

全16話 イ・ジヌク チェリム 2008年

 

たぶんあんまり話題にはなってないドラマだと思うのですが、ちょいちょい人気の出始めているイ・ジヌクと、すでに大御所のチェリムの共演作です。さすがチェリムも歳食ってきました。さて、どんなドラマでしょう。

  

チャ・ヨンジン(チェリム)は、男勝りの負けず嫌い。SPを目指して訓練を受けていた。そして同じくSPになる訓練を受けるのがユ・グァンピョル(イ・ジョンヒョク)。こちらは真逆で、冷静で協調性がないものの、超優秀超エリート。そんな二人に目を付けた上官は、この正反対な二人を敢えて組ませることに。そして、二人がSPとなり、与えられた任務は、大統領の息子の警護。しかし、この息子カン・スホ(イ・ジヌク)が曲者。常に自分勝手な行動で、自己中心的。SP泣かせで有名だった。

自分勝手なスホに翻弄されながらも敬語を続けるヨンジンとグァンピョル。しかし実はグァンピョルとスホは、8年前まで一緒に生活をしていた仲だった。そして、8年前にある事故をきっかけとして、スホは自己中になり、グァンピョルは家を出てSPを目指すことになったという過去があった。そのため何かとぶつかる二人。その一方で必死で守るヨンジンにはわずかに心を開き始めた。そんなあるとき、スホが遊んでいたクラブで騒ぎが起こる。スホは発作を起こし入院、そしてヨンジンとグァンピョルは責任を取って謹慎処分に。

退院後、スホは騒ぎの責任で社会奉仕活動を行うことに。二人をSPとして復活させたスホは、この二人に社会奉仕活動をしてもらうことに。命令であり、しぶしぶ従う二人。その横でスホは怠けるばかり。そんなあるとき、ヨンジンは実家で、祖父たちに暴行を働いている借金取りと遭遇する。家族をかばい怪我をするヨンジン。そんな騒動をたまたま耳にしたグァンピョルとスホは、その場に駆けつける。すると、騒ぎを起こしてはいけない社会奉仕活動中にもかかわらず、グァンピョルは借金取りたちを殴りつけてしまう。

 

序盤なので、色々伏線を張っている段階ですかね。まあなんとなくそれぞれの個性が見えてきた段階です。このままだと話が広がりそうもないので、これからどう広げていくのか、注目しましょう。下は警護中んおSP二人とスホの図。

 

Kyoutekitati4            

2010年1月 5日 (火)

視聴中『19歳の純情』第91話~第102話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

うーん、まあ面白いんですが、チル姫ほどグッとはきませんね。何の違いでしょう。やっぱキャラかな。キャラ的にいいと思えるのは、このドラマではグッカしかいない。チル姫は長女チル以外は好きだったもんな。

  

ウギョンの家に乗り込んだユヌの母。しかし、祖父たちはグッカの肩を持ち取り合わない。そのうち、ウギョンとユンジョンがやってきて、母はユンジョンに引っ張られて帰ることに。そんな一件を知って落ち込むグッカに対して、祖父は死んだ人間のことは考えなくていい、むしろ喜んでいるはずだ、と励ます。そんなころ、グッカとユヌが一緒に住んでいるという噂が会社に流れるようになる。これにたいして、グッカはとうとう会社を辞める決意をする。そして、牛乳配達を始めるグッカ。

そんな中、ユヌは新たな仕事を始めようと、企画を色々な会社に持ち込む。しかし、父の圧力により、うまくいかない。それでもグッカにはそんな姿は見せずに、服を買ってあげたり、順調ぶりをアピール。グッカも最初は会社を辞めていたことを隠すが、こちらはすぐにばれてしまう。

一方のウギョンは、とうとうユンジョンの気持ちを受け入れる気になり、ユンジョンと付き合うことに。しかしこちらも前途多難。ウギョンの両親はユンジョンを嫌っており、ユンジョンの母もウギョンではなくもっと家柄のいい人間をと言い、ユンジョンに無理やり見合いをさせたり。そんな中でも、二人のお互いを想う気持ちは強くなっていく。

お互いの気持ちを深めていくグッカとユヌであったが、グッカはユヌの仕事がうまくいかないのは父の圧力のせいであることを知る。それは間接的に自分のせいでもあると思ったグッカは深いショックを受ける。そんなグッカを、ユヌはグッカのせいじゃないと慰めるのだった。

 

まあまあ、こんなもんかなという展開。まだまだうまくはいかないタイミングでしょうな。まあ極端にいらっとする展開はないので、安心して観続けられますね。下はグッカとユヌの初めてのポッポの図。

 

19junjo102            

2010年1月 4日 (月)

視聴中『19歳の純情』第79話~第90話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

まだまだ序盤と思っていたら、気づくともう中盤。あっという間に感じるのはやっぱり面白いからなのか?それともク・ヘソンがかわいいからか。

  

シンガポール支社への転勤を命じられたユヌ。ユヌは、グッカに対して、止めてくれれば行くのをやめると言う。グッカは止めたい気持ちを持ちながらも、そんなことを言う資格はないと思い、何も言えずにいる。そんなグッカにいらだち、後ろ髪を引かれる思いながらも、ユヌはシンガポール行きの日を迎える。ユヌの元に行こうと思ったグッカであったが、結局行くことはできなかった。しかし、ユヌは結局直前になって飛行機に乗るのをやめてしまう。

一方、ユンジョンは、親の勧めにより見合いをすることに。それを聞いたウギョンは、興味がないといいながらっも、気になる様子。そんなウギョンに気づいたユンジョンは、わざとウギョンの目につくように行動し始め、ウギョンの気持ちをさらに引き出そうとする。

飛行機に乗らなかったユヌは、グッカの元に直行していた。そして、想いを伝える。その後ユヌは家に戻るが、父親の怒りを買い、とうとう家を追い出されることになる。家を出たユヌは、もともと希望していたという一人暮らしを始める。そして、ユヌは事あるごとにグッカの家に行ったり、グッカを家に呼び出したり。そんな中、たまたまグッカがユヌの家に来ていたところを、ユヌの母親に見られてしまう。怒った母は、ウギョンの家に乗り込んでいく。

 

中盤はけっこう話が動きましたね。これだけ動くと見ごたえありです。先の展開もなんとなく見えてきたんですが、まあク・ヘソンのキャラだけでそれなりに見ていけそうです。下はグッカの家にやってきたユヌの図。

 

19junjo90            

2010年1月 3日 (日)

視聴中『19歳の純情』第67話~第78話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

ちょっとうざい人物が出始めて、うだうだ感が出てきました。まあまだ許せる範囲。クムスンもこんな感じでした。ただしこのドラマ、主人公のひたすら明るい部分が売り。この救いがある限り、観続けられそうです。

  

結局会社を辞めることは踏みとどまったグッカ。しかし、ユヌはシニョンとの結婚をやめると言う。これは自分たちの問題と言いつつも、ユヌの心にはグッカが大きくなり続けているのだった。そんなユヌの気持ちを察するシニョン。なんとか気持ちを向けさせようと、グッカにはっきり態度で示すよう迫る。グッカもユヌと距離を置こうと思い、ユヌに対して突き放すことを言う。しかしユヌは、結局結婚写真の撮影もすっぽかし、シニョンとは結婚しない遺志を示す。

そんななか、ウギョンはユヌに対して、グッカをもてあそぶのはやめろという。しかし、ユヌは本気だとウギョンに言う。はじめて観るユヌの姿に驚くウギョン。そんな中、グッカが合成で作った結婚写真を、シニョンが見つけ、ユヌの母に見せてしまう。怒ったユヌの母は、それをユヌに見せ、距離を置くように言う。理由も聞かずグッカに冷たくするユヌ。しかし誤解と分かると謝りに行くが、グッカは取り合わない。

一方、ユヌの母は、誤解と分かりながらも、グッカをユヌから話そうと思い、お金を渡して故郷に帰るように言う。当然グッカはつき返す。するとユヌの母は、夫にユヌを離すように言う。そして、父からユヌは、シンガポール支社への転勤を命じられるのだった。

 

心理描写がかなり細かいので、多少感情移入できるのですが、ちょっと理解できない描写も多いですね。なんで?ってとこも多数。下はお金を突き返すグッカの図。

 

19junjo78            

視聴終了『酒の国』第13話~最終回16話

酒の国 [DVD]

全16話 キム・ジェウォン キム・ミンジョン 2002年

 

ひどい展開のオンパレード。登場人物にも愛着を感じられず。酒もあんまりうまそうじゃなく見えてしまいます。古いとはいえ、困ったドラマです。

  

結婚式場からソニを奪って逃げたジュン。そして、セワン酒造を離れ、二人は故郷で酒造りを始める。ドイルは戸惑いながらも、ソニへの想いを断ち切る決意をする。そして、二人の作った酒を、エリョンの勧めによりセワン酒造で販売することになる。しかしこれを面白く思わないジュンの両親は、酒造りの妨害と、ソニへの嫌がらせをする。そんな両親をなんとか説得しようとするジュン。そんな中、ジュンの体に異変が生じる。

病院に行ったジュンは、末期のすい臓がんと診断される。余命3カ月。大きなショックを受けるジュンであったが、この事実を誰にも告げぬまま、酒づくりを急ぐ。しかし、エリョンの目の前で倒れてしまったジュン。エリョンに病気が知られてしまう。エリョンはなかなか協力をしようとしないドイルに対して、ジュンの病気のことを告げ、酒造りの妨害をしないように言う。

酒造りは無事完了。しかし、ジュンは病気のことをソニに言えぬまま、ソニの元を去る。そして、実家での療養を父に勧められたジュンは、故郷に戻ることにするが、その道すがら、倒れる。遠のく意識の仲ソニを思い出しほほ笑むジュンであった。(完)

 

なんじゃこりゃ。まぢ笑う。ラストもひどいし、不治の病って・・・、このドラマに必要?感動も何もできない。ひどいドラマでした。というわけで、ランクは161位。コメントもありませんよ。下は笑えるラストシーンの図。

 

Sakenokuni16          

視聴中『19歳の純情』第55話~第66話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

相変わらずゆっくりな展開。どの辺でスパートかかってくるんですかね。終盤に入ってから一気にごちゃごちゃやるのだけは勘弁です。

  

少しづつ心の近づくユヌとグッカ。そんなユヌに対して、グッカは自分のことが好きなのかと聞く。そんなことは聞くなとはぐらかすユヌ。しかしその言葉に、ユヌ自身も自分の心に気付き始める。一方、シニョンはそんなユヌの気持ちの変化を敏感に捉え、結婚を早く進めようと家族を巻き込み始める。そんなシニョンに反発し、協力しようとはしないユヌ。

一方のウギョンは、ユンジョンのアプローチに対して、疎ましく思いながらも、少しづつ心は開き始めていた。その一方で、グッカに対する思いは消えることなく、グッカに想いをぶつけ続けるが、グッカは家族のことを考えて、会えて突き放そうとする。そんなグッカにイライラするウギョンであったが、グッカの人間らしくありたい、という言葉に対して、何も言えなくなってしまう。

ユヌは、とうとうグッカに対して、どこまで鈍感なんだ、と告白をしてしまう。しかしシニョンのこともあり、気持ちを受け入れることのできないグッカは、会社を辞める決意をしてしまう。

 

今回も、あまり話は動かず。まあ、もちろんかなりの要約あらすじなので、細かい紆余曲折は時間分だけあるんですけど、大きな意味での動きはなし。まあつまらないわけではないですよ。下は告白するユヌと困惑するグッカの図。

 

19junjo66          

視聴中『19歳の純情』第43話~第54話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

なんぼ1話30分程度とはいっても、やっぱり長いですね。その分1話1話の重みが少し少ないです。まあでも全般的には面白いです。期待しましょう。

  

引き続き清掃の仕事をしているグッカ。それに対して、ウギョンの母親は、ウギョンがグッカを想っていることを知り、ますますグッカに対して辛く当ってしまう。そんな中、グッカは家を出る決心をする。強く止めるウギョンであったが、いつまでも世話になれないと出ていくグッカ。一方グッカを家を出ることを知ったユヌは、引っ越しを手伝ったり、冷蔵庫を送ったりと、なんやかんや理由をつけてグッカを助ける。そんなユヌに対し、シニョンは次第に、ユヌの気持ちの変化に気付き始める。

ユヌの妹ユンジョンは、夫の浮気が両親にも知れ、離婚をすることになる。すると、父の会社で働きたいと言い始め、ユヌの秘書として働くことに。するとユンジョンは、気のあるウギョンを呼びつけたり、やりたい放題。困り果てるウギョンであったが、ユンジョンの元夫と遭遇すると殴りつけるなど、ユンジョンに対しても心を開き始める。

ユヌは、グッカと接することで、少しづつ変わっていく。冷酷なだけの人物であったはずなのに、人に気を使ったりするようなそぶり。そんなユヌを見て、変わらないでとしがみつくシニョン。そんなシニョンの思いとは裏腹に、ユヌはどんどんグッカに心を開いていく。グッカの新居に引っ越し祝いと言って酒を持って現れるユヌ。一緒に酒を飲み、うとうとするユヌは、グッカによっかかってしまう。

 

まあ、ゆっくりした展開です。グッカのキャラがいいので、ゆっくり展開でもあんまりイライラしません。短時間もののドラマはこの辺うまく作りますね。下は心を開いていくユヌとグッカの図。

 

19junjo54         

2010年1月 2日 (土)

視聴中『酒の国』第9話~第12話

酒の国 [DVD]

全16話 キム・ジェウォン キム・ミンジョン 2002年

 

やばいっすね。出足から微妙なドラマではありましたが、さらに微妙感が高まってきました。感情移入もできんし、ドキドキもワクワクもしません。おまけに女優嫌い。さてこまった。

  

祖父が死んでしまい、それがジュンの父親のせいだと分かり、とうとう許すことのできなくなったソニ。ジュンとも決別を決意し、ジュンの父親に対して復讐を開始することを誓う。そんなことは知らないジュンは、突然のソニの変化にただ戸惑うばかり。そしてソニは、ジュンへの想いを断ち切るかのように、ドイルの近づいていく。そこには、ジュンの父への復讐のためにドイルを利用する思いもあった。ソニに本気でひかれるようになっていたドイルは、ソニを受け入れていく。

そして、ソニとドイルの策略により、ジュンが実施していたプロジェクトが失敗に終わり、セワン酒造は大打撃を受けることになる。これがソニの仕業と分かったジュンは、ソニをかばうために自らが責任を追う形で、セワン酒造を辞めることにする。一方、ドイルは突然ソニとの結婚を公表する。最初は拒むソニであったが、ジュンへの想いを断ち切ろうと、結婚を決意する。

エリョンは、ジュンに想いを寄せながらも、ソニと結ばれることがジュンにとって幸せと考え、ソニにジュンの元に戻るように言う。しかし、ソニはもう戻れないという。そんなころ、エリョンは偶然ソニとジュンの父の会話を聞いてしまう。それは、ジュンの父親がソニの父の死に関わっているというような内容だった。ソニがジュンから身を引いた理由を知ったエリョンは、その内容をジュンに伝える。戸惑うジュン。そして、ソニとドイルの結婚式の日。とうとう思い立ったジュンは、ソニを奪いに結婚式会場に現れる。

 

観てて恥ずかしくなる典型的な韓国ドラマパターン。作りが甘すぎて、全然面白くないです。設定に限らず、脚本次第でドラマってまったく違ってしまうものです。役者はいいのが揃っているんですけどね。イ・ドンウクもいるし。下は教会で花嫁を奪うジュンの図。

 

Sakenokuni12         

2010年1月 1日 (金)

視聴中『19歳の純情』第31話~第42話

19歳の純情 DVD-BOX1

全167話 イ・ミヌ ク・ヘソン 2006年

 

あけおめことよろです。今年も1日1韓流、がんばります。というわけで、長ーいドラマはまだまだ序盤。ようやく人物像が見えてきたかな。

  

ユヌ、ウギョンの働くビルの清掃を始めたグッカ。ユヌに水をかけてしまったり、ウギョンにはプライドを持てと怒られたりと散々ながらも、仕事はやめずに継続。そんなグッカに優しくするウギョンを見て、周りはウギョンがグッカのことを好きではないかと思い始める。そんな話がウギョンの母の耳に入ると、母はグッカに見合いをさせることに。その見合い現場にたまたま居合わせたユヌ。そしてグッカとユヌは二人で酒を飲みに行くことに。そこで酔っ払うユヌ。それを見た婚約者のシニョンは、人前で酔うことのなかったユヌに違和感を感じる。

一方、ユヌの妹ユンジュンは、ウギョンへの想いを断ち切って親の決めた相手と結婚をすることに。ところが結婚式当日に婚約者と付き合っているという女がやってくる。もう終わった相手と弁解するが、想いは切れていない様子。そして二人が一緒にいるところを見てしまったユンジュンは、大きなショックを受けることになる。

そのころ、見合いをしたことを聞いたウギョンは、見合いを勧めた母を責める。そして、グッカにも話をするが、グッカはあまり深く考えず、ウギョンの言うことを聞かない。するとウギョンは、グッカに対して「こんなに思っているのに」と告白してしまう。グッカは気まずくなり避けるようになってしまう。

順調に仕事をし、初任給を得たグッカ。初任給の記念にと、ユヌにもプレゼントを買う。間違って女ものの下着をプレゼントしたグッカ。ユヌは他ではすることのない大笑いをする。

 

ちょとづつ、ここの気持ちが固まり始めてきましたね。もう一歩先に行くには、もう少し時間がかかりそうだし、気持ちが整理してから多々ある問題も解決しなきゃいけませんね。まだまだ先は長いっす。下は大笑いするユヌの図。こんな笑い方そうそうしねえだろ。

 

19junjo42         

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »